「国際協力のテーマパーク」をやめます。

こんにちは!
DREAM-Hack代表の菅です。

今日は皆様に重大な発表があり、noteをしたためております。

今回の発表に関してはDREAM-Hackに携わる皆様に改めて僕たちが目指していく姿(VISION)とその存在価値(MISSION)を再度認識してもらいたい、そしてまたこれは自分自身や組織がどうあるべきかというメッセージも込めています。

拙い文章ではありますが、想いを込めて書かせてい

もっとみる

都立に転学・私立に転学の違いは?私立受けるならここに注意!

こんにちは!はい、転学シーズンですね!

ここ最近は都立高校転学試験についての記事を特集していますが、今日は都立に転学するのと私立に転学するのとで制度などについて違いがあることについてお話しようと思います!

注意ポイント①引っ越し以外の理由での転学を受け入れてくれる私立は少ない

応募にあたっての条件は、東京私立中学高等学校協会が発表している転・編入試験実施校一覧表の応募資格欄をご覧ください。①

もっとみる
ありがとうございます!
6

高校「転学」と「編入学」って同じじゃないの?違いは?どっちのほうがいい?

こんにちは!

最近当会には転学・編入学についてのご相談が多く寄せられるので、今回も転学・編入学についての記事をお届けします!

今通っている高校が自分に合わなかったなどの理由で高校を変えることを志す方は転校について調べるとき、「転学」「編入学」という2つの言葉を目にするかと思います。しかしこの2つの違いは今まで普通の学校生活を送っていれば思いつかないのではないでしょうか。

高校の転校を考えると

もっとみる
ありがとうございます!
4

まずは深呼吸しよう

昨日ある会議に出席した(NPO法人の活動)

いつも思うことがある。ボランティアや支援活動をしている人が”苦しい”となっていることへの違和感。

このまま続けるのか?
このままでは余力がない。

最近もこの手の話の相談を受けた。私がいつもそこでいう言葉は

「支援する側が倒れては長続きしない。だからできることを丁寧にしよう」

こういいながら、自分にも言い聞かせるのだ。ボランティアや支援活動する方

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!(^^)!
2

NPO法人設立から5年の軌跡

7/29でNPO法人日本アーティスト協会は5周年を迎えました。

関わってくださる皆様、アーティストの皆様の支えがあってこそです。
心からありがとうございます。
ますます精進します。

さて、法人代表としての思いを表向きに語ることは滅多になかったのですが、5周年といういい区切りなので、設立からの思い、課題、葛藤について書いてみようと思います。

ちなみに、5周年を記念してアパレルをスタートしました

もっとみる
うれしい!よかったらシェアもお願いします( °∇°)ノ
11

他団体の応援を受けて・手を取り合って・ともに支援の輪を広げていくこと

NPO法人マドレボニータ のオンライン産後ケア教室(4回コース)。

7月コースから【産後1年未満の方】420組に受講料補助(全額)で参加いただけるようになりました。

マドレボニータのインストラクターたちが自宅の一室から、全国の産後女性たちにオンラインで届けている産後ケア。

おかげさまで、現在オンライン産後ケア教室(4回)9月コースまでは全コース満席・10月コースは8月5日受付開始です。

もっとみる

1本5万円の線香花火

カンボジアでの花火大会を開催してから、
花火に関する仕事が多くなってきています。
花火会社ではないのですが笑

今年の2月にはカンボジアでの結婚式での花火の打ち上げをプロデュースしましたし、今もバリ島での花火大会の企画などなぜか進めています。

またタイの北部の町チェンマイの奥には少数民族が暮らしていて、
この少数民族の村で花火大会の開催なども企画しています♪

さて、先日一緒に事業を進めている花

もっとみる

ボランティアはまじめにやれ問題

たまにカンボジアのボランティアツアーのアンケートや、

SNSのコメントで驚かされます。

『休んでばっかりで、全然建設作業をしない人がいた。もっとちゃんと指導してほしい。』

『ボランティアなのに、観光や遊びの時間がなぜあるんですか?』

『中途半端な気持ちでボランティア始めていいのでしょうか。』

、、、、ボランティアって何だっけ?

*****

我々団体が提供している、

【カンボジアで学

もっとみる

第3話 私が感じる新潟市秋葉区の2つの課題について

こんにちは。 noteネーム「niitsu  akiha]です。

第2話では、秋葉区の紹介をしようと思って書き始めましたが、結局自分の話になってしまいすいませんでした。

今回は、2つの課題についてお話させていただこうと思います。

地元の発展、活性化に関心をもった瞬間

まず、結論から。

「えっ。やばい、やばいとは思ってたけど、こんなやばかったの!こどもたちが戻ってくる街にしないと、やばくね

もっとみる
ありがとうございます。フォローもよろしくお願いいたします!

カンボジアに学校つくってもムダ問題

まだ、私がHEROに入って日が浅い頃

NPOでカンボジアに学校をつくっています。

というと、たまーにいるんです。

『カンボジアに学校の建物つくって意味あるの?』

『教育から変えないと意味ないでしょ。』

『よくやってる団体あるけど、どうせ建てて終わりでしょ。お金の無駄じゃん。』

多分私が20代前半の若造女子だったので、言いやすかったんだと思います。

そして、まだ若かったその頃は

そう

もっとみる