KaizenAd採用

入社後1か月で感じたこと

入社後1か月で感じたこと

自己紹介 はじめまして、入社1ヶ月のTakeです。今回は入社直後の立場から見たKaizen Platformを紹介します。そもそも入社1ヶ月の人に会社の何がわかるのかって思いますよね? 正直、あんまわからないですw ただ、入社直後に感じること、リアルな入社1ヶ月の状況を伝えることはできるんじゃないかなと思っていて、Kaizenに興味を持ってくださっている方や選考中の方で「採用サイトに書いてあることなんて表面的なことばかり」と思っている方、「実際に入って雰囲気どうでした?

スキ
12
社員旅行が日本で一番楽しい会社

社員旅行が日本で一番楽しい会社

ちょっと前の話になりますが、今年6月、KaizenPlatform設立後初めての社員旅行が開催されました! 社員旅行というと、 ・業務の一環 ・上司や先輩に気を遣うだけの旅行 などというイメージを持っている方も少なくないのでは……と思いますが、 KaizenPlatformの社員旅行に参加したみんなの感想は、 「楽しかった!」 「社員旅行ってこんなに素晴らしいイベントだったんですね」 「また行きたい!」 など、本当にみんなで思う存分楽しめた旅行となりました! Kaize

スキ
10
人材に投資する

人材に投資する

自己紹介 こんにちは! Kaizen Ad事業部 AE(アカウントエグゼクティブ ※噛みそう。つまり営業です)のChiです! 入社3ヶ月が経ちましたがKaizenの魅力のひとつである「人に投資する」というテーマについて書きたいと思います。 入社11日目でマレーシア出張に行きました。 そもそものお話なのですがKaizen Adは動画クリエイティブにおいてAPACで唯一Google・Facebook・Instagram3社のクリエイティブパートナーに公認いただいているので

スキ
8
女性社員が口を揃えて語る「女性に優しい」会社

女性社員が口を揃えて語る「女性に優しい」会社

みなさんこんにちは!2019年1月に入社しました、Kaizen Adカスタマーサクセスのumeと申します。 入社して半年、それはそれは濃ゆい毎日を過ごしているのですが、今でもたまに驚くKaizenの風土があります。 それは、圧倒的な女性への優しさ。 私の前職や他社がどうとかではなく、一般的にみんなが平等に行なっていることも「男性が率先して動く」風土なのです。 ※決して男女差別的な意味合いはございません。 たとえば、飲み会のときの食事は、率先して男性が取り分けてくれます

スキ
23
毎日失敗大歓迎

毎日失敗大歓迎

自己紹介 おっす、おら次郎。Kaizen Adの責任者をしておりますです。普通に1回書いたんですよ。真面目に。で、その中身を見せたら「You are superつまらない」とディスられてしまったので、自由に書きたいと思います。まず、簡単に自己紹介と業務内容、将来の展望なんかも書こうかな。敬語調で書くのがあまり好きではないので、フランクに書こうかなと思っております。 入社はちょうど1年ぐらい前の5月にTony(日本人)から「手伝ってくれない?」いいよ。みたいなのがキッカケで

スキ
11
スーパーフラットな組織

スーパーフラットな組織

自己紹介 皆さん、初めまして! Kaizen Adでアカウントエグゼクティブと事業開発を兼務しているyugoです! 元々新卒でサイバーエージェントグループの会社に入社して、新規事業の立ち上げや営業本部、事業開発の経験を経て、2年半経った2018年10月からKaizenにジョインしています! 市場にまだ浸透していない新規事業で市場の当たり前を創っていきたい、創りながら試行錯誤して売っていきたい!!と思って入社してから早9ヶ月。 入社してから毎日感じるKaizen Adチー

スキ
3
リモートワークが実現できる

リモートワークが実現できる

自己紹介 はじめまして、Kaizen Adのカスタマーサクセス(以下CS)を担当しておりますmaiです! まずは簡単に自己紹介をさせてください。 私の出身地は京都でして、元々関西圏にオフィスを構える企業に勤めていました。転職を機に上京して来てちょうど2年が経ちましたが、相変わらず関西弁が抜けず、よくいじられております(笑)。 Kaizen Platformでは約1年ほど既存サービスであるKaizen PlatformのCSを担当し、昨年5月より新規事業であるKaizen

スキ
6
家族愛、日本NO.1企業!家族の幸せなしに仕事に成功なし!

家族愛、日本NO.1企業!家族の幸せなしに仕事に成功なし!

こんにちは! Kaizen Ad セールス兼APAC担当の gen です。 Kaizen Platformに入社してから3年になりますが、ずっと変わらずKaizenの文化として大切にされていることがあります。 自分が大好きな文化です。 それは、「家族を大切にする」ということです。 シンプルですが、Kaizen Platformの家族に懸ける想いは、日本企業随一だと自負できます。 間違いなくNO.1です。 “家族想い、日本NO.1の会社” さて、何がNO.1たる所

スキ
11