2020.11.18

実現しない予定たち、一人の時間の心地よさ、逃げるような睡眠、架空の人物、実体のない人たち、宙に浮いていく自由の不自由さ、本当を伝えたくて取り繕って隠れる本当、あのね、あのさぁ、それでね、そうじゃなくて、目で見たものが全て、耳で聞いたもの口で言ったことが全て、親指一本で話したような気になる勘違い。
「誰も(そんなにしっかりと)見ていないよ」
「誰かが(こんなにしっかりと)見ていてくれてるよ」

実現

もっとみる
嫌なものを探す癖をやめたいです
3

2020.11.17

眠りが浅い。昨夜立てた予定や目標はあえなく叶わない。

最近気がついたことは、晴れている日の方が神経がしんどいということだ。
曇りや雨の低気圧にやられるのもしんどいが、こっちは体が落ちてくれるので休める。
晴れの日の膨張した空間では僅かな音や直射日光やなんやかや、例えば今、近所でやっている工事の音や、そこから聞こえる話し声がピリッと神経に響いてしまってシンドイ(お仕事ご苦労様です、助かっています、

もっとみる
嫌なものを探す癖をやめたいです
9
ありがとうございます!
5

赤レンガとアナゴ

*本記事はアナゴが苦手な方、ヘビ系が苦手な人苦手な方は閲覧注意です。念のため。

-------------

なんとなく出歩いた日の方がお気に入りが撮れることが多い。なんとなく歩くだけの余裕が周りを広く見渡すことを許すのか、目的に囚われているから周りが見えないのか。あるいは目的があればそこに偶然性による感情が失われるのかもしれない。ただ問題はなんとなく歩くというのは狙ってできることじゃ無いという

もっとみる
ありがとうございます!
3
ありがとうございます!
3

できないことリスト

“できない(苦手な)こと”と“できる(得意な)こと”を書き出してみた。
“できないこと”の多さに視界が暗くなる思いである。

最近の愛読書は横尾忠則さんの『病気のご利益』と、為末大さんの『諦める力』。

横尾さんは常々「病気はチャンス」と仰っていて、今回の新型コロナ禍にあっても自作にマスクをコラージュして毎日発信するなど精力的。
僕も今、人生で一番悪いんじゃないかという時期なのでどうやって楽しもう

もっとみる
読んでくださりありがとう、早く白髪になりたいです。
3