ヌメ革ナチュラルシリーズを

ヌメ革ナチュラルシリーズを

某FM局のプレゼントキャンペーンでうっかりグーグルのスマートスピーカーが当選してウハウハしているこの頃。 何ちゅう便利な!しかも以外や音質もいいんやね〜。 仕事場で愛用しております。 さて、今までm,rippleでの商品展開でナチュラル色の展開はしてなくて、 たまに需要のある時にスポットで作ったくらいだったんですが、気が変わったと言うか何となくそんな気分で、そんな風が吹いてたと言うことでしょうか。 作りました、ヌメ革ナチュラルシリーズ。 間違いなく経年変化の美しい

スキ
5
フォロワー数と売上は比例しない?これからのブランドの『伝え方』#EC夜会

フォロワー数と売上は比例しない?これからのブランドの『伝え方』#EC夜会

業務にてマーケティングだけではなく、ブランディングに関する仕事にも携わるようになりました。そもそもブランドって何だろう?と思ったため下記イベントに参加を決めました。 講師:Aura / 関口 あさみさん     TENT / 青木 亮作さん    ハイモジモジ / 松岡 厚志さん   モデレーター最所あさみさん ①ブランドとして情報発信する意味とは?最初のテーマはブランドが情報発信する意味について。きっかけや活用しているSNSも3者3様でした。  関口さんはSNSで作品

スキ
24
伝えないけど置いとくね  #EC夜会 【3】

伝えないけど置いとくね #EC夜会 【3】

さてさて #EC夜会 について<中編>からの続き。 ・作り手ならフォロワー数は気にするな(気になるけど) ・自分の視野なんて、たかがしれてる ・SNSは自力じゃなく他力のほうが良さそう というようなことを前回は書きましたが、今回は最終話です。 3. 思想は置いとくだけ「最近は思想やストーリーを語ることが重視されている」と言う話を、色々な場所で聞きます。 なにより僕自身がそういうの読むの大好きなので idontknow.tokyoでは、ながーい開発プロセスのお話をして

スキ
19
自力より他力なのかも #EC夜会 【2】

自力より他力なのかも #EC夜会 【2】

さてさて #EC夜会 について<前編>からの続き。 登壇したら整理されたこと、その1 ・僕にとって、SNSは「発信」ではなく「交流」だった。 ・だから、SNSに書いたことは、ぜんぶツッコミ待ち。 ・なんなら「いいね」や「RT」の数がどうでもいいくらいツッコミ待ち。 というようなことを前回は書きましたが、今回はその続きですね。 2.自力と他力SNSについて、とにかく話題になりがちなのが、フォロワー数です。 昨夜も最所さんから「フォロワー数と売り上げには関連がありますか?

スキ
36
やっとこさで初ノート

やっとこさで初ノート

前から始めよう、始めよう思っててなかなかきっかけというか、腰が重かっただけという話やけど、ようやくの初ノートです。 そのきっかけが2つ。 1つは今夜はnoteを運営するピースオブケイクさんのオフィスにて、 #EC夜会 というトークイベント これからのブランドの『伝え方』に参加した事で色々と面白く刺激になったから。 &仕事中いつもBGMはJ-WAVE。 その番組のコーナーに一瞬だけ出演するという良いネタができたやん〜♫という事で。 大学を卒業して1999年から仕事場で

スキ
9
発信より交流かも  #EC夜会 【1】

発信より交流かも #EC夜会 【1】

こんにちは。TENT / idontknow.tokyo の青木です。 昨夜(5/16)、 #EC夜会 というものが、noteを運営するピースオブケイクさんのオフィスで行われまして、登壇(壇上に上がること)させていただきました。 ご一緒したのは、 HI MOJIMOJI 松岡 さん aura 関口あさみ さん そして、モデレーターとして 最所あさみ さん。 いつもお世話になっているSTORES.jpさんとnoteさんとのコラボイベントということで、イベントの様子はT

スキ
23
「人柄」の価値が高まる時代に #EC夜会

「人柄」の価値が高まる時代に #EC夜会

5/15(水)の夜、「これからのブランドの『伝え方』」と題したイベントでモデレーターをしてきました。 私自身まなびがいっぱいのイベントだったのですが、特に印象的だったのはゲストの3名全員がとても自然体でSNSをやっていらっしゃるのだなと感じたこと。 SNSにまつわるイベントはどうしても『いかにフォロワーを増やすか』『どうすればバズるのか』といった話になりがちなのですが、お三方とも作り手と受け手をわけず、フラットな意識でお客様ともやりとりされている印象でした。 特に、最後

スキ
116
Noteトークイベント「これからのブランドの『伝え方』」に参加してきた感想!機械設計者が発信・ブランディングしないのは「必死さ」が足りないから?

Noteトークイベント「これからのブランドの『伝え方』」に参加してきた感想!機械設計者が発信・ブランディングしないのは「必死さ」が足りないから?

今日は、noteを運営されている(株)ピースオブケイクさんにお邪魔して、イベントに参加してきました。 以下詳細。 「これからのブランドの『伝え方』」に、なんで参加したの?参加目的は、セルフブランディングの参考にするため。 私は、本業をサラリーマンとして働き、副業をブログ等運営をしています。 その一方で、最近は、自身の市場価値を見つめ直そうとしています。 そんな中で不足していると感じたのが、セルフブランディングの能力。 自身の能力が市場で通用するのか?市場で自身の価

スキ
21
新たなチャレンジ!noteを活用する宣言!

新たなチャレンジ!noteを活用する宣言!

私がネットショップで使わせて頂いてる、STORES.jp企画の note×TACOS これからのブランドの『伝え方』に参加してきました。 登壇者は、aura 関口あさみさん、TENT 青木亮作さん、HI MOJIMOJIの松岡厚志さん、モデレーター 最所あさみさん 参加した理由は、noteの活用方法が知りたかったのと、同じように個人ブランドを作り、自分の商品を作っている人、販売してる人の話を聞きたかったから。 関口さんは、タペストリー作家さんで 受注してから作品を作っ

スキ
60
5/15 EC夜会のこと

5/15 EC夜会のこと

こういうイベントに参加するのは元々好きだけど 今まではメモに書いたことを手帳にまとめるだけまとめて読み返すことをしなかったのでnoteを始めて良かったと今回思った。 これはレポートではなく、あくまで自分用のまとめ。 関口さんの最後のお話を聞くと、ちゃんとしたレポートを書くのならそれこそ有料記事にしても良いのではと思った。 参加者も登壇者の方々にもこれはお金が発生しているのだから。ね。 ざっくりと気づきを挙げると ・Instagramは写真がメインの発信ツール ∟言葉

スキ
8