黒柳徹子さん

書いてみる

新着の記事一覧

不動宮は息が長い

黒柳徹子さんが笑わないとき

3か月前

パンダの写真

「徹子の部屋」6月6日~6月10日

「 うぬぼれなのかもしれないけれど、それでも。 」

今は会えない、遠い人のために、文を書くという行為はあるだろう。目の前の、すぐそばにいる誰かに届ける声とは、根本的に役割が異なる。いつか読まれることを願い、その叶うとも知れぬ確率に賭けること。文を書く、という行為には、そんな祈りにも似た切実さと、読まれなくてもいいという気楽さがある

【エッセイ(ミニ)】視線の先

徹子の部屋

徹子さんの部屋

徹子の部屋