高断熱

エアコンは6・10・14畳しか買ってはいけない!? 失敗しないエアコンの選び方

エアコンは6・10・14畳しか買ってはいけない!? 失敗しないエアコンの選び方

冷房だけでなく、暖房機器としての市民権をすっかり得たエアコンですが、正しく深い情報はほとんど知られていません。今後エアコンを買う際、ムダな出費と効かないというリスクを減らすために有用な情報を一級建築士でエコハウスのエキスパートの松尾和也さんに教えていただきました。※雑誌「だん09」から流用 私は、約10年前から様々なところで「エアコンを畳数通りに買ってはいけない」と言い続けてきましたが、その根拠も含め、エアコン選びに必要な知識を正しく理解している人はほとんどいません。最終的

6
セカンドライフも快適に!60代から考えるシニアリフォーム|リノベーション・ジャーナルvol.9

セカンドライフも快適に!60代から考えるシニアリフォーム|リノベーション・ジャーナルvol.9

60代に入ると仕事がひと段落し、生活スタイルが変わる人も増えてきます。また、子どもの独立による家族構成の変化などからも、これからの住まい方を考えて、シニア世代のリフォームニーズが高まる時期です。 シニア世代が、これからの生活環境を考えてリフォーム計画をするのはとても重要です。今は健康で身体も元気に動かせていても、いつか段差が気になったり、間取りが不自由に感じるなど、この先も今のまま体調良くいられるとは限らないからです。 『Renovation Journal vol.9』

6
エネルギーまちづくりのススメ

エネルギーまちづくりのススメ

温暖化対策法が6月に改正されました。これにより、いろんなことが大きく変わっているので、ポイントを押さえながら解説したいと思います。 まず、二酸化炭素排出ゼロが法律によって明記されたことです。っていうのはどういうことかというと、政権がたとえ途中で変わっても、この方針は明確なので安心して、脱炭素社会に向かって投資などをしても大丈夫ということです。全く逆の法律ができることもあり得ますが、今の 国際的な枠組みから外れない限り、この路線は守られるわけです。 今ままでは政令指定都市など

49
不便を解消!シニア世代も暮らしやすい家へ|リノベーション・ジャーナルvol.9

不便を解消!シニア世代も暮らしやすい家へ|リノベーション・ジャーナルvol.9

年齢を重ねるごとに、今まであまり気にならなかった敷居の段差が危なく思えたり、階段の上り下りも辛くなってきたり、家の中に不便な箇所が出てきがちです。その不便の解消や介護の必要性から、住まいのバリアフリー化を検討する方も多いと思います。 『Renovation Journal vol.9』は、プロ向けの雑誌ですが、プロから見たシニアリフォームの改修ポイントなど、実際に紹介されている施工事例が具体的でわかりやすいため、リフォームを検討する時の参考になる1冊です。 本のタイトルに

15
フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル①

フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル①

日本では2年ほど前くらいからサウナブームが続いていますが、サウナの本家といえばフィンランドですよね。高断熱住宅専門誌「だん」で過去に掲載した「海外事情とライフスタイル~フィンランドの暮らしと住まい」を転載します。 こんにちは。フィンランドのヘルシンキ在住の建築士・大村裕子です。 もともと、日本で輸入住宅メーカーに勤務し、設計の仕事をしていましたが、自身の目で北欧の住宅やライフスタイルを見たいと思い、まず2012年にスウェーデンに約3か月滞在しました。 フィンランドに移った

8
フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル②

フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル②

前回はフィンランド人のライフスタイルや日本とフィンランドの住宅事情の違いなどをご紹介いただきました。今回も引き続き雑誌「だん07」から「海外事情とライフスタイル~フィンランドの暮らしと住まい」を転載します。 こんにちは。フィンランドのヘルシンキ在住の建築士・大村裕子です。   今回はフィンランドの暮らしについて建築家のご夫婦にお話を伺いました。設計事務所で集合住宅を多く手掛けるフィンランド人のご主人Jさんと、日本人の奥様Sさん。日本とフィンランド両方の住宅をよく知るおふたり

5
【ヨガスタジオDIY日記】④構造工事#3

【ヨガスタジオDIY日記】④構造工事#3

防蟻処理が終わったら床です。 基礎は全面をコンクリートで固めたわけではないので床下は風がぴゅーぴゅー通る状態。動物も通り放題。(この状態を「ぱっぱらぱー(?)」と表現する人が何人かいてびっくり&笑ってしまった。方言?) というわけで冬は床下からかなり冷えると思われるので、断熱材をどうするかちょっと考えました。 床暖はコストも高いし、ピアノにもよくないらしいです。(ピッチがかなり狂うそう) じゃあ薪ストーブの熱を利用してエコな床暖ができないか!という話になり、一時期検討し

地方から始まる脱炭素の流れ

地方から始まる脱炭素の流れ

脱炭素化の流れは国よりも地方の方がはるかに速い。それぞれの試行錯誤の結果として、色々な取り組みがあって、どんどん進む。 その一端をお知らせしたい。(私の知っている範囲での話なので、他の動きがあったらぜひ知りたいのでお知らせください。) 【紫波町の事例】 2014年、エコハウスを中心とした分譲地であったため、エコハウスと明確に言える基準が必要だった。パッシブハウスの森さんにも相談し、年間暖房負荷50kWh/㎡から、海外でエコハウスと言えるとの話を聞き、それを導入しようとしたと

50
あり方委員会第4回を終えて。
中間の感想です。

あり方委員会第4回を終えて。 中間の感想です。

(はじめに)はちゃんとしてますが、中身はスカスカです。今までは2030年までの平均でZEH、ZEBの新築をめざすという、国交省、経産省、環境省で共通の目標が、国交省によって躯体性能だけのものの目標にゆがめられています。 素案を見て、言い方はひどいですが、文書の改竄レベルの話だと思いました。 また、タスクフォースから出された質問の回答をみて、呆れました。各所に、あり方検討委員会議論していると書かれていますが、一方的な案が出てくるだけで、いろいろなことを議論している実感はない

23
それ、もう半額やん!二重窓のリフォームを実質50%OFFにする方法

それ、もう半額やん!二重窓のリフォームを実質50%OFFにする方法

こんにちは!宝塚で56年 リフォーム会社のアドバンスです⭐ リフォームの中でも人気がある二重窓をお得につけるお話です。二重窓をつけると騒音の心配がなくなり、冷暖房の効きもよくなるのでお財布👛にやさしい👆と、メリットが沢山ある二重窓のお話しますのでお楽しみに✨ DIYでは二重窓の設置は難しい👆現場確認に行くと窓枠が歪んでいることがある。専門の工具・職人さんの技術が必要になる。 二重窓のリフォームを実質半額にする方法👆「グリーン住宅ポイント制度」を活用!  (リクシル商品

2