騎士物語

スレイトオブなんか(エスペラサ王国山間地方)

スレイトオブなんか(エスペラサ王国山間地方)

旅の途中、《毅然なる主人公の騎士》アヤト一行は何の変哲もない山村、蛇含村を訪れる。行方不明者が続出しているという噂があり近隣に不安が広がっていることを見過ごせないとアヤトが言い出したからだ。 「俺は領主の息子《生贄にされないように男装させられている領主の娘》エリックだぜ、この村には何もないぜ」 《主人公の親友ポジションだが実は生き別れた妹が敵国で暮らしているため仕方なく間諜を働きながらいつか妹を救い出して誰も知らない国で二人で暮らしたいが思い果たせず主人公の手にかかり秘め

18
「俺の親友と幼馴染の二つ名がネタバレすぎて困っています」

「俺の親友と幼馴染の二つ名がネタバレすぎて困っています」

「納得いきません!」《毅然なる主人公の騎士》アヤトは円卓の頂点に居座る《しばらく敵対するが真の敵への備えであることが判明して和解共闘後に礎になって死ぬ王》アーサーを睨め付けた。 「むやみに民草を戦火に晒すような愚行!なぜ私に敵国へ潜入せよと!?」 「まぁまぁ」 《実は何もわかっていないので意味ありげなことを言っておく魔術師》マーリンがとりなす。 「王にも考えがおありだ。水晶占いにも吉と出ておる、フォッフォッ」 議場を出ると《主人公の親友ポジションだが実は生

83
人間の奥深い可能性まで見せて、明日からもう一度誰かを信じてみようと思わせてくれる…★劇評★【舞台=ナイツ・テイル ―騎士物語―(2018)】

人間の奥深い可能性まで見せて、明日からもう一度誰かを信じてみようと思わせてくれる…★劇評★【舞台=ナイツ・テイル ―騎士物語―(2018)】

 「気高い」という言葉は侵しがたい気品を持っていることを表す言葉だが、現代社会ではなかなかそういう気高さを持った人に出会わないし、その精神は徐々に失われていっていることは間違いないだろう。しかしシェイクスピア最後の作品として知られる「二人の貴公子」を世界で初めて日本でミュージカル化したミュージカル「ナイツ・テイル ―騎士物語―」を観ていると、その言葉の真の意味がよく分かる。どれほど状況が悪くなろうと、自分ではなく相手のことを考えられる精神、そうした精神を持つ人間こそがまさに気

7
100
堂本光一と井上芳雄。2人のプリンス夢の初共演がついに実現…★最新レポート★【Report】 全力投入誓う堂本光一と井上芳雄、ケアード演出の世界初演ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」で夢の初共演が実現(2018)

堂本光一と井上芳雄。2人のプリンス夢の初共演がついに実現…★最新レポート★【Report】 全力投入誓う堂本光一と井上芳雄、ケアード演出の世界初演ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」で夢の初共演が実現(2018)

 「Endless SHOCK」で1630回というミュージカル単独主演記録1位を独走中の堂本光一、そして「エリザベート」のルドルフ皇太子役で衝撃的なデビューを飾り、いまやストレートプレイやドラマにも進出する井上芳雄。日本のミュージカル界を代表する2人のプリンスが7月下旬から10月中旬にかけて東京、大阪で上演されるミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」でついに初共演を果たす。しかもその演出にあたるのは伝説的ミュージカル「レ・ミゼラブル」をロンドン初演から手掛け、日本初演以降

1