障がい者アート

「点字アートと仲間たち展」終~了♪

「点字アートと仲間たち展」が無事に終わりました~!!

お越し下さった方々、ありがとうございました♪

少しでも「元気」になってくれたらいいなぁ。

癒されてくれていたら、嬉しいです。

初日から最終日までの来場者数は、トータルで98人でした。
コロナ渦でも、来てくれて嬉しかった。

出展者のみなさま、ご協力していただいた方々、お疲れさまでした。また、来年も開催しますので、よろしくお願いいたします

もっとみる
スキ、ありがとうございます。嬉しいです!
3

4月26日 ~ 4月30日 までで、67名の方が見に来てくれました! 残り3日間ですが、100名超えるかなぁ? 超えるといいな! 見に来てくれた方々が少しでも癒されて、元気が出ますように。みんな、みんな「笑顔になーれ!」。

スキ、ありがとうございます。嬉しいです!
2

==最終日(5月2日)のご案内==

==最終日(5月2日)のご案内==

14時~16時は搬出時間になっています。
要するに、片付け時間です。

16時以降に、会場へ来られても、作品はありませんので、ご注意ください。

スキ、ありがとうございます。嬉しいです!
2

作品展の様子 -2-

連日。作品展の受付をしていて、ヘトヘトな主催者(ぽえまる)です。(苦笑) ああ、もっと体力が欲しい(切実な願い)。

大分合同新聞(4月29日付)に掲載されました。

たくさんの方に見に来て欲しいです!

よろしくお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ

作品展の受付からの帰り。「100年の樹(き)」(ホルトホール大分の前、いこいの道の入り口にあります)が見えて、「おつかれさま~」と言わ

もっとみる
スキ、ありがとうございます。嬉しいです!
5

全解説『SDGs×アート×ビジネスの結節点』 山口周、上田壮一、福島治、アフラック、大和ハウス工業他|フクフクプラスオンラインイベント



2021年4月29日開催のオンラインイベント「SDGs×アート×ビジネスの結節点」の全解説版noteです。10名の登壇者、3名のフクフクプラス共同代表のプロフィール、講演内容、アーカイブ、関連情報をまとめて紹介、順次内容も加筆・修正していきます。

本イベントを起点に障がいのある人のアートの活用・展開がますます広がりますよう、ぜひ関心のある方にシェアをお願いします。そして、お互いの違いを認め合

もっとみる
ありがとうございます! 感謝です^ - ^
15

作品展の様子

初日(4月26日)の来場者数=10名。

2日目の来場者数=18名。

言葉が通じた喜び! (2人の許可を得て撮影、公開しています)

言葉(点字)とアート(絵)がつながった作品を通じて、メッセージを伝えました。ちゃんと伝わるかが不安で心配でした。

でも、昨日。

キセキが起きました。

ヘルパーの方と一緒に来られた友人(視覚障がい者(全盲))が、点字のメッセージ入りのアート作品を楽しまれていて

もっとみる
スキ、ありがとうございます。嬉しいです!
4

第1回 障害福祉業界を明るくしたい交流勉強会 「障害者アートを広めて『かわいい、かっこいい、関わりたい』の福祉3Kを目指す!」

障害福祉業界を明るくしたい行政書士の篠原です。

障害福祉業界を明るくしたい交流勉強会の記念すべき第1回目を4月21日(水)に開催しました❗️
放課後等デイサービス、グループホーム、就労継続支援B型の経営者・管理者、損害保険の営業、親なきあと相談室、不動産業者、行政書士・社労士等の士業、市議会議員等々総勢19名の方々にご参加頂きました。

第一部 自己紹介初めの20分は自己紹介タイム
今回は1時間

もっとみる
あなたの「スキ」が励みになります❗️
15

めちゃくちゃ嬉しい知らせ(*´∀`*)

今回、障がい者アート協会様の、【可能性アートプロジェクト2020】に応募しました。

その結果、なんと!!自分の作品『心の裏側』が「可能性アート仮囲い」に選ばれました!!✩.*˚

安藤ハザマ様にて、東洋大学の敷地内で仮囲い採用され、大きく掲示されているそうです!嬉しい~!!!(*゚∀゚*)♪

※仮囲いとは・・・
建築現場や工事現場、資材置場などの防犯や安全を確保するため、工事期間中、敷地境界線

もっとみる

みんなでアート2021 始動開始!

みんなでアートの母体 逗子アートネットワーク(ZAN)2021 キックオフ会議を終えて、さらにみんなでアートキックオフ会議もすみ、いよいよ 2021に向けて 発進です。
同日に、みんなでアーティストワークショップも行われ、新しい作品作りもスタートしました。ずっとオンラインで話していた方にリアルで初めてお会いしたり、モノ コト が動き始める時って 心の下の方がウズウズするというか、これがワクワクなの

もっとみる
嬉しいです!

第1回 障害福祉業界を明るくしたい交流勉強会のお知らせ

障害福祉業界を明るくしたい行政書士の篠原です。

僕が障害福祉現場の経験から感じていたこと。
それは横の繋がりが強い現場と薄い現場では事業としての成長スピードが段違いだということです。

障害福祉サービス事業は報酬改定により売上が上がる事業所もあれば、逆に下がってしまう事業所もあり、後者の場合、自社の経営だけでアップアップにならざるを得ません。
横の繋がりを強くしたくてもその余力を作ることが難しい

もっとみる
他の記事もオススメです❗️是非読んでみて下さい‼️
9