陪審制

裁判員制度10年 量刑傾向に変化 国民の感覚反映か 2019年5月21日 4時19分

裁判員制度10年 量刑傾向に変化 国民の感覚反映か
2019年5月21日 4時19分

裁判員制度が始まって21日で10年になります。裁判員裁判によってこれまでにおよそ1万2000人の被告に判決が言い渡され、殺人事件で刑が重くなるなど刑の重さの傾向に変化がみられることが、最高裁判所のまとめでわかりました。

裁判員制度は、平成21年5月21日に始まり、21日でちょうど10年を迎え、去年末までに全国

もっとみる

皇室典範と女系天皇論

現皇室典範に拠れば、皇位継承権は、徳仁新天皇陛下、秋篠宮皇太子殿下、悠仁親王までになっているが、皇室典範に拠れば、皇室は男系を優先するとあり、Literally(文字通り、一義的に)、皇位継承順位を男性優先で振って、男系皇族に皇位継承順位を振り終わったら、女系に振る。これは、数学的に言うと、順列の問題で、男系皇族の順列plus女系皇族の順列で、一応、男系と女系に厳密に分かれている。女系皇族皇位継承

もっとみる

裁判員制度「守秘義務重すぎる」改善求める声相次ぐ

裁判員制度「守秘義務重すぎる」改善求める声相次ぐ 

裁判員の候補者が、参加を辞退する割合が上昇する中、制度の在り方を考えるシンポジウムが開かれ、裁判員の守秘義務が重すぎるため経験が共有されず、関心が低くなっているとして、改善を求める意見が相次ぎました。裁判員を務めた人や弁護士などでつくる「裁判員経験者ネットワーク」は、17日都内でシンポジウムを開き、大学の研究者や裁判員の経験者などが意見を交わし

もっとみる