【上級】ちょっとだけ参考になる阿蘇ツアー【死ぬ前に1回行け】

※人を殺しかねない飯テロが登場するので、満腹の人以外見ないでください。

熊本といえば、『阿蘇』。

というわけで、友達の運転で阿蘇に連れて行ってもらった。

イェイイェイ!

まず私達御一行は、ご飯を食べるためにアクセルをブチかました。

今回私達が行ったのは『いまきん食堂』。

以前から母に、「いまきん食堂ばりくそうまいから行け」と言われていたが、全く聞く耳を持たなかった私。

今回初登板とな

もっとみる
はにゅはにゅ

阿蘇旅行二日目

いつの間にか前回の更新よりだいぶ時が過ぎてしまいました・・・

前回のエントリーに引き続き阿蘇旅行の二日目をだらだらと書き綴っていこうと思います。

二日目は朝から高千穂に向かいました。

駐車場出てすぐから圧倒的な岩とその隙間を流れる渓流に目を奪われ歩けば10分の道を気が付けば1時間かけて歩いていたみたいです・・・

高千穂峡ではボートに乗って滝のすぐそばまで寄れるのですが、
このボート2020

もっとみる

2018.9 阿蘇旅行

福岡に住んでいるので、1泊2日の旅行といえば阿蘇が出てくる。車で2時間ほどで大自然に囲まれている地に着くので週末、心を落ち着けるには絶好の場所であろう。

今回は相方との旅行である。

食べ物で有名なものは地鶏。炭の匂いで充満した山小屋で自分で焼く地鶏は最高だ。

今回の旅行の目玉は貸切露天風呂。予算の都合上、部屋にあるものではなく予約制のものにした。

なぜ露天風呂は気持ちいいのだろうか。お湯に

もっとみる

思い出した風景

今回は,ちょっとした昔の思い出について。

学生時代,サークル仲間と一緒に,自転車で九州を旅行したことがあります。神戸でフェリーに乗り,下船した大分で自転車を組み立て,そこからスタートしました。テントを公園に立ててキャンプをしたり安い宿に泊まりながら。たしか,湯布院を通って阿蘇まで行き,高千穂を通って宮崎県へ。海沿いを走って韓国岳から鹿児島市へ行くという,若さだけが頼りのツーリングでした。

その

もっとみる
ありがとうございます!
5

なぜそれをするの?

僕は生まれも育ちも京都ですが、

現在は熊本県の南阿蘇村というところに住んでいます。

熊本に親戚がいるわけでもありませんし、

いわゆる”縁もゆかりもない”場所でした。

大学を卒業するまでずっと京都だったので、

僕を知る周りからすると「なんであいつは今熊本にいるんや?」

って感じじゃないかなと思います。

最初のきっかけ

2016年、僕は就職が決まらないまま大学を卒業しました。

大きな

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
9

九重から阿蘇へ(回想)

九州の山へ、そして出来る事ならミヤマキリシマの時期に・・・そして坊ガツルでテン泊してみたい。
それは密かな、でも実現不可能な事がらとして長年心の中で思い描いていた夢だった。恐る恐る相方に尋ねると難なくOKが出た。
そして初めての単独テン泊山行を実現したその記録です。

羽田から大空に放たれれば
もうそこは一人の気楽さとその先に待っているだろう初めての九州への期待で一気にしがらみから解き放たれる。

もっとみる
うれしいです!励みになります!
5
スキをありがとうございます!とても嬉しいです(・∀・)
9

酒は飲んでも呑まれるな。2020/01/26根子岳。

お酒がたいして強くもないのに、調子に乗りやすい性格だから二日酔いになる。
根子岳大戸尾根登山口に到着したものの、凄まじくダルい。
ただ、言い訳させてもらうとしたら、昨夜ご馳走していただいた熊本の親戚とは初対面だっただけに、テンションが上がってしまったのだ。

うちの一族は変わり者が多くて、組織が向かず、親類の多くは、様々な商売をしているが、今ひとつパッしない。ある時、昨日の親戚の枕元にご先祖様が立

もっとみる

モクモクは存在感あるなぁ。2020/01/25鳥帽子岳

今日は雨模様。間隙を突いてサクッと阿蘇に。

展望台の駐車スペースなら無料とのことで、そちらに車を停めました。

手前が草千里ヶ浜で、奥にあるのが鳥帽子岳です。標準コースタイムで登り50分とのことですが、30分くらいで行けそうな。

外輪山の外側は雲海。こちらもモクモクです。

じゃんじゃか進みましょ。

天気イマイチだけど眺めよし。

ちょいガスる。

危険と書いてありますが、それほどでも。

もっとみる