農林中金CLOで4000億円の評価損。第二次補正予算。香港デモ逮捕者。朝のニュース5月28日::::緊急経済対策、原油、先物、日銀、FRB、金融緩和、破綻、地銀、将来性の無い、大企業

【 YouTube jp オリーブの木 代表黒川あつひこ チャンネル 】
2020/05/28 に公開済み
農林中金の経営内容、損失内容が、理解し易い動画です。
オススメ動画の一つです。
-------------------------------------------------------------------------------
--------------------------
もっとみる

サンキュー。

Jリートは炸裂する(3)日銀緩和継続

プレミアムメンバーのみなさまこんばんは。Jリート投資家に朗報です。日銀が緩和を継続することが決定しました。

【関連記事】
【重要記事】Jリートは炸裂する
Jリートは炸裂する(2)

日銀緩和継続

もっとみる
愛されるnoteをめざしますね!
26

日本は「経済的鎖国」をしないといけない時期に来ている!?金融

酔っぱらった勢いで書いちゃった。。。。

 コロナで世界中が疲弊している。「日本」の経済を考えると今、経済的鎖国が必要かもしれない。

 観光客の往来は別に構わない。日本を筆頭に世界中の中央銀行の規制緩和。これが非常にまずい状況だ。

 世界中、今まで捻挫して治療していたところに、衝撃を食らって複雑骨折になってしまった。治療法はないので現状維持させるために表面的にお金をかけて延命治療して治るように

もっとみる
嬉しいです
22

日銀政策は危険❗

【 YouTube jp 高橋ダン チャンネル 】
2020/04/28 に公開済み
日本銀行と金融緩和、税金、国債、借金、の内容が、理解し易いです。
オススメ動画の一つです。
==========================================
1。今週のニュースと金融緩和の歴史を簡単に説明する!
2。なぜ日銀の政策は問題なのか?
3。日銀を他の国の中央銀行と比べると?
====
もっとみる

「公的債務は財政問題の解決策でもフリーランチでもない」

***

ライプツィヒ大学経済政策研究所 グンター・シュナーブル、村井大樹
原文:"Japan Embraced Debt as a Way out of Its Budget Crisis. It's Not Working.", Mises Wire, 2020年10月10日

***

安倍晋三首相の突然の辞任を受け、世界中のメディアがアベノミクスに対する総括的評価を出した。その中でも「大胆

もっとみる
邦訳してほしい経済関連の記事がございましたらコメントにどうぞ。
9

米株 緩和マネーで加熱 SPAC

2020/10/11 朝刊

概要

米国の新規株式公開(IPO)市場が様変わりしてきた。2020年7~9月に市場から調達した630億ドルのうち半分は、SPAC(特別買収目的会社)と呼ばれる上場時には事業の実体を持たない「空箱」が占めた。市場から資金調達をせずに既存株主が売り出すだけの上場も出てきた。背景には金融緩和策であふれたマネーがある。

株式投資は本来、成長性や財務など企業の中身を見て投資

もっとみる
ありがとうございます‼︎励みになります‼︎

10/7経済刺激策延期・GAFA規制始まるか?

トランプ大統領の動きが目まぐるしいです。

スピードの速さについていけません!

景気刺激策延期

トランプ大統領は5日夕に退院し、ホワイトハウスに戻りました。随分早い戻りで、心配になるレベルです。

また、6日のツイッターで「11月の大統領選後まで、代表団に協議の打ち切りを指示した」と大統領は表明しました。

これを受けて、昨晩NYダウ株価は下落。

GAFA規制強まる?

記事を読むと即効性は

もっとみる
励みになります😁
5

西出勝正著『新型コロナウイルスに対する金融市場の反応』感想文

日本証券アナリスト協会に登録すると、毎月ジャーナルが送られてきます。

今日はそのジャーナルより、西出勝正先生の展望論文のまとめと所感を述べたいと思います。

「はじめに」から「今後注意する点は?」までは論文に沿って内容をまとめました。

所感が私の個人的な感想になります。

はじめに

<状況>

・2020暦年の経済成長率予想は、日本 -5.8%、米国 -8.0%、ユーロ圏 -10.2%、中国

もっとみる
励みになります😁
10

主要新興国の中央銀行は、金融緩和姿勢を維持

■ 主要新興国中銀は、9月に入り政策金利の引き下げを取り止める傾向が確認された

■ 新興国を取り巻く環境を踏まえると、一部の国を除き、新興国の低金利環境は当面継続を見込む

 本稿では、主要新興国中央銀行の動向を整理する。年初以降、主要新興国中銀は概ね政策金利の引き下げを進め、過去最低水準を更新した国が増加。そうしたなか、9月は徐々に利下げから現状維持へシフトしている様子が確認できた。9月は本稿

もっとみる
スキありがとうございます!

敢えて今、量的・質的金融緩和政策の問題を考える

結論:金融緩和政策は、債務ヒエラルキーの上位から順番に買われていくから格差が開いていき、良くない。

異次元の量的・質的緩和政策、皆さん覚えていますか?

え?覚えていない?

2014年11月1日 日本経済新聞より

 日本銀行が国債を購入することによって市場に貨幣を流し、それにより人々の購買力を増やして不況を脱却するというものです。これはリフレ派と呼ばれる経済学者の方々が主張していましたが、実

もっとみる