金融リテラシー

上場株券等の貸借取引〜いわゆる貸株

株券は、種類物ですので、消費貸借の目的物になります。上場株券等の貸借取引の性質は、消費貸借です。


上場株券等の貸借取引は、例えば、上場株券等の空売りを行う際に用いられます。


貸主は借主に対して、消費貸借契約(株券等貸借契約)に基づいて上場株券等を譲渡します。消費貸借により上場株券等の所有権は借主に移転しますので、振替口座簿上の株主名義も借主に移転します。


借主は、自己名義となった上場株

もっとみる

続伸する相場と米中対立激化の懸念[マーケット考察]2020.8.8

米国株式相場は、6営業日続伸。
ダウ工業株30種平均は前日終値比46.50ドル高の2万7433.48ドルで終了。ナスダック総合指数は8営業日ぶりに反落し、97.09ポイント安の1万1010.98で引けました。これまで売られていた金融や資本財のほか、公益や不動産といったディフェンシブ銘柄が買われる一方、連日高値を更新してきたハイテク株には利益確定の売りが膨らんだのが特徴的でした。

買い材料となった

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。記事をシェアして頂けると嬉しく思います。
5

45歳にして人生で初めてお金のことを考える

45歳独身子供なし。お金のことを真面目に考える機会がなく、ずるずるとここまで生きてきた様に思います。正直ちょっと恥ずかしいのですが、在宅勤務が続き時間ができて、ゆっくりと考える時間が増えて考えることができました。

家計簿をシステム化する

家計簿をつけるのは面倒臭いです。レシートをもらって、それを取っておいて、後から記録する。でも、システム化すれば、半自動になるので、毎日眺めているだけでいいので

もっとみる
またスキされる様に頑張ります!
1

老後2000万円問題の真実

2019年に金融庁がとある報告書を提出しました。

その報告書により、社会的な騒動まで発展した問題が

この老後2000万円問題です。

今回はこの問題について切り込んでいきたいと思います。

このアカウントでは、主に金融的な知識をnoteにまとめていますが、

なぜ金融を学ぶ必要があるのか。

その答えといっても過言ではないのがこの問題です。

ではこの2,000万円とは、

いったいどういう意

もっとみる

8月7日はパートナーの日。金の切れ目が縁の切れ目ではないが、長く良好な関係性を維持するにはお互いのファイナンシャルリテラシーを高めておく事もポイントだと思う。そしてもちろん、お金以上に心が繋がっている事が重要であろう。
https://investor-brain.com/archives/7822

現在の時刻、午前1:56分。

はよ寝たら良い時刻なのだが、なんかnote投稿せずに寝たら負けな気がして、シャーなし書く。内容は考えるのめんどいし、FPで良いやろ。

これネタない時にFPについて書いたらしのげるから楽だな。
ついでにファイナンシャルリテラシー身につくし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日からの内容は「タックスプランニング」まぁ税金のことだな。
この範囲はチュートリアル

もっとみる
これが励みになる説はそこそこある。
3

早期の金融教育も考えてます。

振り返ってみて、自分がもっと早いうちに勉強しておきたかったと後悔するカテゴリーについて考えてみました。

⭐︎これ、子供の時から勉強しておきたかった!と後悔していることランキング⭐︎

★第3位

アート、芸術

★第2位

ロジカルシンキング

★第1位

お金の増やし方、投資など金融リテラシー

子供に夢を見させようとする大人はたくさんいると思うのですが、それを現実的に叶える手段を教える大人は

もっとみる
もっとがんばります!
5

私(5才児)の経済の学び❤️🤪

2020/08/06🖋

今日は、早稲田生のzoom講義に参加させて頂き、
Schoo!でも人気講師のセカニチさんの経済講義を受けました😊✨(もちろん怪しい潜入ではありません🤣)

5才児くらいの私の経済知識なのですが、
講義後ネットでも調べて自分なりにまとめてみました。

またSchoo!でも同じタイトルで授業があるので、
復習して自分のものにしていくぞぉー。

一番大事なのは、投資をすぐ

もっとみる
えっ❣️私もスキです😍💕

クロスボーダー取引 2

金融商品取引法は、金融商品取引業の登録を受けていない外国証券業者に対して、日本国内にある者との間で「勧誘を伴う」有価証券取引をすることを認めていません。

反対にいえば、金融商品取引法は、外国証券業者が日本国内にある者との間で「勧誘を伴わない」有価証券取引を行うことを許容していることになります。

日本国内にある者がインターネット経由で海外のオンライン金融機関に口座を開き、有価証券取引を行うことが

もっとみる

クロスボーダー取引 1

インターネットを通じて、日本国内にある者が国外にある者と取引することは、ごく当たり前になってきました。

契約は、申込者と承諾者が地球上のどこにいようと、申込みと承諾が合致すれば、基本的には成立してしまいます。

では、日本国内にある者と国外にある金融機関とが有価証券取引契約を締結した場合、金融商品取引法の適用はあるでしょうか。

この点については、松尾直彦先生の「金融商品取引法〔第5版〕」の中で

もっとみる