生きているアート

こんにちは~

今日は21世紀美術館で見たアートについて軽く紹介します!

さっそくですが、こちらです

これ、小さな家のようですが、よく見ると中にリュックがかかっています。

実はこれ、村上慧さんという方が行っている、東日本大震災をきっかけに自作の家を担いで国内外を移住するというプロジェクトで、実際に担いでいた家の1つを展示しているのです。

「震災の直前に友人たちと家を借りる契約をしたけれど、

もっとみる
嬉しいです!
3

塩麹8日目と金沢へ思いを馳せる

本日の塩麹さん8日目はこちら。
もう、手で潰せるくらいの硬さになっている麹さんです。でも、2週間は待った方がいい・・・。んだよね(苦笑)

今日はなんと絵画のように飼猫Walter(ウォルター)君がお空とコラボしていました。

あらっ!自然の絵画だわ!

自分と自然と芸術にどっぷりと浸ってみたいと思う時があります。

学生時代に芸術にとても詳しいお友達がいて、週末はいつも芸術と美味しい食事をするこ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

金沢21世紀美術館の広場にカフェを

自分が、金沢21世紀美術館の「みらいカフェ」という名前のボランティアに所属していた時に(「みらいカフェ」は、任期制のボランティアの名前で、(カフェで美術館の未来について話をするような感覚で)市民ボランティアメンバーが、こんなことができたらもっと美術館が魅力的な場所になるのでは?ということを話し合い、案を出してそれを美術館に伝え、美術館の許可がおりたら実際にやってみる、というもので、わたしはその2期

もっとみる

エリプシス|フィオナ・タン『セブン Seven』(金沢21世紀美術館)

金沢21世紀美術館で開催された
フィオナ・タン Fiona Tan《エリプシス ELLIPSIS》展

《エリプシス ELLIPSIS》が開催されたのは2013年8月3日〜11月10日。
フィオナ・タンの映像作品に興味を覚えるわたしは、金沢まで見に行くことにした。

本題に入る前に展覧会カタログについて。
わたしは気に入った展覧会のカタログは購入することにしているのだが、その時はどういうわけか買い

もっとみる
スキありがとうございます。ポジティブな反応はうれしいです。
5

【architecture】金沢21世紀美術館|SANAA

金沢にある三代庭園の一つである兼六園の隣接して2004年に開館した『金沢21世紀美術館』

この建築が完成したとき大学生だったが非常に衝撃的だった!

SANAAにとっても代表的な建築であることは間違いない

色々な評価はあると思うが、何より実際に私が2回訪れた際にいつも美術館が人で賑わっている事が何よりの評価なのではないだろうか

とにかく街に溶け込んでおり、街のランドマークであり、人々の集まれ

もっとみる
良かったらまた読んでください!
5

京都&金沢行ってきました。

IL BISONTE京都三条店のオープン立会があったので金沢まで足を伸ばしてみました!

IL BISONTE京都三条店は、instagramご覧ください〜。

金沢は、2004年に21世紀美術館がオープンしてから、好きな展覧会があるとサクっと行っています。果たして何回行ったのか?ちょっと調べてみます。また今度。

富士山くっきり🗻!
こんなにくっきりいつ見たか。。。忘れるほど昔です。あー!

もっとみる
また、朝立ち寄ってみてくださいね😘
4

VOICE of ART

インタビュー02:大岩オスカール 

1965 年ブラジル、サンパウロ生まれ。現在、ニューヨーク在住。
1989年サンパウロ大学建築都市学部卒業。1991年、東京に活動の拠点を移す。 1995 年デルフィナ・スタジオ・トラストのアーティスト・イン・レジデンスに てロンドンに滞在。2001 年アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)および ジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団フェローシップの

もっとみる

もし、雲を測れたとしたら。

20代の頃、よく美術館めぐりをしていた。

当時、瀬戸内国際芸術祭 だったり観光資源の
少ない都市がこぞって現代美術の大イベントを
企画しては、美術館建築で人を呼べることを
実証しまくっていた頃だったように思う。

アートを楽しみながら、旅もできちゃう。
無類の旅好きのわたしにとっては、
一石二鳥でしかなかった。

そんな中、もう何度も何度も飽きることなく
訪れている美術館がある。

小学、中学時

もっとみる
だいすき!!
6

いつでも思い出せるように

小学生のときからなくすことなくずっと持っているものがある。綺麗に線を引くための、長さを測るための、そう、物差しだ。

私が成長していくにつれて、筆箱もその中身も進化していくようにだんだんと入れ替わっていった。あのときお気に入りだった鉛筆も、ペンも、筆箱自体でさえ入れ替わるのに、物差しだけは常に居座っていた。

それは当時の私の素直な心の表れだろうか。親に物を大事にしなさいと言われたことを守っていた

もっとみる
ありがとうございます!
5

雪の美術館写真散歩:どんな形、どんな色?

あなたは雪の日を楽しめる美術館といえばどこを思い浮かべますか?
私はこの金沢21世紀美術館も、なかなか雪の日に合うのではと思います。

写真は2018年2月8日の金沢21世紀美術館の雪景色です。

この記事はキムラタケシが送る金沢21世紀美術館の写真散歩、今回は広場の雪景色の巻です。

雪に生まれる、かたちの世界

2021年1月上旬には雪景色となったこの美術館、1月9日朝は芝生の広場で35cmほ

もっとみる