身体に身に着けている色でパフォーマンスが変わる

こんばんは。 上記リンク先で書きました日立陸上クラブコラムの追記です。 実は身体に身に着けている色でパフォーマンスが変わります。 結果から先に説明をすると中・長距離など持久系の選手は青系統の色(青や緑)を身に着けると動きのパフォーマンスが向上し、短距離など瞬発系の選手は赤系統の色(赤やオレンジ)を身に着けるとパフォーマンスが向上します。 逆に持久系の選手が赤系統の色を身に着けるとパフォーマンスが低下し、瞬発系の選手が青系統の色を身に着けるとパフォーマンスが低下します。 ※

スキ
1,330

たまにはやめてみるということ

あと数ヶ月で29歳になるのですが、 最近、「これ子供の頃に知りたかったなぁ」と 思うことが、 世界の広さ。 あのー、、 世界の面積という意味ではなく。 世の中の広さといいますか。 少なくとも、今の自分の姿は子供の時には 想像もできていなかったわけです。 たくさんの人に出会って、 たくさんの選択肢に出会って。 もちろん、人それぞれ環境や境遇は違いますし、 すべての人に当てはまるわけではないと重々承知した上で、、、 でも、少なくとも、 幼稚園、保育園、小学校、中学

スキ
2,416

ほろ酔い帰路でしか言えないから。

酔った勢いで吐き出してしまいたい本当の言葉は一斉送信できない。 二時間980円、一品300円。大学時代は質よりもコスパで選んでいた居酒屋。ラクロスの練習終わりの疲労とともに、泥まみれになったジャンバーを申し訳程度にほろって、5、6人の同期でふらっと立ち寄るお決まりのお店。 アルコールは薄くたってよかった。バカ騒ぎはしらふだってできたから。ご飯は安い割においしくて、量もそれなりだった。いつもたわいのない話で盛り上がる時間は、大学生活を語る上で欠かせないくらい楽しかった。

スキ
276

諦めがもたらしたのは納得だった

10秒台で走る選手が隣のレーンにいて、私は絶望した。 伸びないタイム私は中高6年間を陸上競技部で過ごした。今振り返ると、そこには悔しかったり辛かった場面が多いように思う。もちろん地区大会さえも突破するのが難しい、並以下の選手ではあったが、自分なりに辛さは味わったと思っている。もちろん、一番つらかったのはタイムが伸びなかったことだ。 私は4年かけて100mのタイムが0.8秒しか縮まらなかった。中2の終わりに12秒97を出して、高1で12秒54、ただ最終的に高3では12秒13

スキ
250

へっぽこ部長だった私のささやかな目標

3月29日、noteの新しいコンテストが発表された。 「#スポーツがくれたもの」 うわぁ、スポーツか。 私は最初そう思った。 というのも、私はこれまで運動とはあまり縁のない人生を送ってきた。 何かを語れるほど、熱中したスポーツがそんなにない。 もう、一つしか、ない。 私が唯一3年間取り組んだスポーツ。 私はこの「スポーツがくれたもの」のコンテストに、今までの人生でたった一つだけ、自分が3年間頑張ったスポーツのことを書こうと決めた。 しかも、あまりメジャーな競技ではな

スキ
226

就職活動のポイント 〜ビビりな私が一流企業から内定頂いたわけ〜

私が働く会社では、2020新卒採用者(内々定者)が既に決定している。 ふと思い出した。就活は、やることが多く、イベント参加のスケジュールに追われ、いつの間にか何をしたら良いのか分からなくなり、時間だけが過ぎる。 そんな中、私は、エントリーした全ての企業から、総合職(正社員)の内々定を頂いた。 現在の会社の人事部時代などの経験も踏まえて、「就職活動」のポイントをお伝えすることで、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。 ◇ まず最初に、 私の学歴は、国立大学である。 東大・

スキ
219

コロナのせいで、部活を引退できなかった

新型コロナウイルスで外出自粛が叫ばれている今、Twitterではこんなツイートをよく見かけます。 「桜は来年も咲くけれど、人の命は帰って来ない」 後半部分には大いに賛同できます。人の命より重いものなんてない、当然です。もちろんお花見なんて問答無用ですし、私も不要不急の外出を控え、ずっと家で過ごしています。 だけど、桜は来年も咲く、これにはどうしても、いや違う、と思ってしまう。だって、今年の桜は今年散ってしまうじゃないですか。今年のこの春、咲き誇るためだけに一年間をかけて

スキ
304
+7

失敗と挫折から自分嫌いになっても変われた自分

#あの失敗があったから 自分の事について話すのは、実は今までほとんど人にはしてこなかった私です。けれど「あの失敗があったから」というこのコンテストを目にして、ささやかながら誰かの生きる力になれるのならと思い、思い切って書いてみることにしました。 1.人生の転機だった十代 今の私の性格・人格に大きく影響を与えたのは、十代の頃だと思います。ちょうど人格形成の年齢。その頃私はわりと部活や勉強で頑張っていて、比較的充実した中学生活でした。それが変わったのは2年生の途中、部活で次

スキ
199

いきすぎると。

YouTubeの広告なんとなく見ていました。その広告は冴えないサラリーマンが主人公。同じようにサラリーマンしている友達にあった時、その友達がめちゃくちゃいい時計してる。「それどうしたの?」って聞いてみたら「オンラインカジノやってるんだよ」と一言。小澤はああなんか嘘くさい。こういうのに気をつけろとかいう広告のやつかなあとなんとなく思ってました。次の場面。冴えない男がオンラインカジノで大勝ちして、次友達に会う時にはめちゃくちゃいい時計つけているのです。そしてそこで広告が終わります

スキ
241

日本の教育、部活動が変わらなければならないこれだけの理由

先日、某サッカーの強豪校の生徒からこんなメッセージをもらいました。 理不尽を乗り越えて成長するという固定概念私が高校生だった頃、もう20年前になりますが、当時私が所属していたサッカー部ではこのような練習は普通のことでした。先輩から受けるいじめに屈さないメンタルが求められ、ハードで理不尽な練習についていけない生徒は次々と辞めていく、根性があって、心と体が頑丈な生徒だけが生き残る。それは普通のことでした。 このTwitterに反応してくれた方の中にも何人かは、「え?普通でしょ

スキ
269