近江八幡市

飲食店と美容院

.
.
『仕事は遊び』仕事をたのしんでますか?
.
僕の個人的な考えですが 趣味=仕事 遊び=仕事 です。
.
ここ数年 趣味はなんですか?の質問には 趣味は仕事です。と答えています。
.
一応、会社員もしたことあります。ここにいては駄目だと判断してすぐ逃げましたが。
.
僕は料理人であり経営者ですが、ほとんどストレスフリーです。
.
好きな事ばっかりしています。
.
ちゃんと言うと 好きな事をで

もっとみる

今こそ読もう 近江商人の哲学/山本昌仁

先日滋賀県の近江八幡市にあるラ コリーナ近江八幡に行ってきた。何年か前に一度訪れたことがあったが、そのときはバームクーヘンを買うための列に並んだだけで滞在時間が終了し、その魅力を味わうことができなかったので、どうしても行きたくなって今回は十分に時間を取って訪れることにした。
相変わらず私のようなおじさんが行っても「わぁー」という歓声を上げてしまうような景観の中に、全部食べたい!と思わせるようなお菓

もっとみる

東近江米の米俵を担いだ飛び出し坊やたち×10+1

No.1 東近江市役所(八日市)

東近江米の米俵を担いだ0系の飛び出し坊やの存在は2018年の2月末、大阪の百貨店における催事での目撃情報を教えて貰って知りました。程なく、東近江地域でも目撃するようになったのですが、日本農業新聞の2018年7月4日付け「特産PRへ“奔走” 交通安全看板 飛び出し坊や 米、牛、馬、酒…七変化!」なる記事にて、どうやら全10体いるらしいことを確認。でも結局、10体を

もっとみる
有難うございます!
2

独特な店名が好き

私の実家から少し離れたところに「きてか〜な」というお店がある。

地元の農家さんが栽培している野菜や米、花き類が売られている、地産地消を謳うお店だ。私はそこのおやつが好きで、高校の頃たまに寄っていてちょっと好きなお店だった。

ところで、この「きてか〜な」というのは滋賀県湖東地方の方言らしい。小さい頃からひいおばあちゃんたちにかこまれて育ったのであまり気にしたことはなかった。

「きてかーな」は、

もっとみる
ありがとうございます( ´ー`)!!
16
¡De ahora en adelante, por favor!
2

【47TVL_23 滋賀県】

外出しにくいこんな時だからこそ、昔行った全国の写真を振り返ってみようと思います。自分の思い出旅行。47都市への TRAVEL、略して47TVLです。お暇な人は一緒に旅行した気分になってください。北から攻めていきます。
数えてみたら39都府県に行ったことがある模様。いろんな時代の写真なので、画質も色々。それも味わいましょう。

第23回目は滋賀県です。新幹線で米原は通るものの、滋賀県自体に用事がある

もっとみる

「たねや」の壮大なユートピア計画進む The magnificent Utopia plan of "TANEYA" advances

20年前くらいから、日本の企業が企業理念等によく使っていた「自然と共生」というキーワードをよく耳にしていた。時代や社会の流れの中でこうった言葉が重宝されてきた。
しかしながら、各企業が本質的に自然と共生をめざして企業形成をしてきたかといえば首を傾げたくなる。いわば言葉だけが一人歩きしてきたような気がする。

そんな中で着実に「自然と共生」をめざし達成しようとする企業がある。
それは「株式会社たねや

もっとみる
おおきに! あなたも佳い一日を!
27

琵琶湖畔に生息する、自然の恵み「葦(ヨシ)」【雑感】 Nature's blessing “ reeds ” inhabit on the shores of Lake Biwa

滋賀県湖北地方は、私の中では歴史街道の一つに数えられる地域である。ご存じのとおり、京の都に向け、北の国や東の国からの中継地ということから数々の戦の地として、また人やモノの交易が盛んに行われた地域である。そしてそこには、少し誇張していうなら歴史を動かした自然の財産「淡海(琵琶湖)」があり、それにより独特の風土や習慣を生み、人やモノを育んできた。
その一つである琵琶湖の恵みとしての葦(ヨシ)は、万葉集

もっとみる
おおきに! あなたも佳い一日を!
25

近江八幡のベニヤな飛び出し坊やたち

-2017年-

No.1

近江八幡に僕が勝手に「ベニヤ・シリーズ」と呼ばせて貰ってる、愛すべき飛び出し坊や達がいます。

No.2

2017年頃から密かに追いかけてるんですけど、どうやらSNSなどでも、あえて注目してる人はあまりいないようなので、ざっとまとめて紹介させて下さい。

No.3 x

何せこのシリーズは、素材が薄いベニヤ板なだけに、寿命がそう長くはなく、残念ながらこのミッキーも今

もっとみる
有難うございます!
5

緑の飛び出しおばあちゃんたち

-2017年-

No.01(Aタイプ-No.1)

この飛び出しおばあちゃんを見つけたのは2017年の春。周辺では見かけないタイプだったので、最初は1体だけかと思ってました。

No.02(Bタイプ-No.1)

ところが秋になって、自転車道を走ってたら、とある集落で新たに手押し車を押した同じ配色の飛び出しおばあちゃんを発見(※残念ながら、このおばあちゃんはもういません)。

No.03(Cタイ

もっとみる
有難うございます!
3