モテる人とは Part2

前回の話。

前回は質問で相手に話をさせてあげられる人がモテるということを書きました( ・ε・)。
自分の話を聞いてもらうことは脳にとって強烈な快感になってるんですね( ̄▽ ̄)

男性はつい、アピールしたくて「自分の話」ばかりしてしまいがちなので注意ですね( ・ε・)(笑)

フォローアップクエスチョンを駆使して、自分も共通点ありますよアピールしつつ、じょじょに深い話をしていくというわけです。(エ

もっとみる
マッチョはジム以外でも必ず成功できる
7

モテる人とは( ̄ー ̄)Part1

ついに書くときがきました( ̄▽ ̄)。

今回は男性向けです(笑)

まず体型。

①大胸筋が大きく、お腹が引きしまっている。
やっぱり逆三角形なんですね( ・ε・)
②男性の魅力は70%が筋肉、デブはNG
③身長の低さは、筋肉でカバーできる

ちなみに女性はバスト:ウエスト:ヒップの比率が
1:0.7:1=だいたい90:64:90みたいな感じだとモテるみたいです。( ̄▽ ̄)

モテる人は質問上

もっとみる
筋トレで限界を突破する経験を積む
10

誰もができる説得力の高め方

説得力のある話ができる人に憧れたりしたことはありませんか?

多くの人に「なるほど!」「確かに!」と思わせる説得力のある発言をすることができれば、様々なことを自分の思い通りに進ませることができます。

私の周りを見渡して感じるのは、説得力のある人の多くが共通して人生で成功しているということです。

プライベートにおいても仕事においても、あらゆるところで成功するために必要なことは説得力です。

もっとみる

施設record:薬ちゃんと飲むようにしたよ

この前薬を自己中断した人がいて、薬はきちんと飲むように言ったことがあった。自己管理だし、飲まないだろうな~。と期待せずにいた。

そしてその後の訪問で血圧が上がる時で180くらいあったのが130まで下がっていた。下の血圧も下がっている。どうやら内服し始めたみたいだった。飲まないだろうな~なんて思ってたのに、人は期待を裏切ってくれるもんだ。

本人に薬ちゃんと飲んでるんだね、値見て分かったよ。なんて

もっとみる

雑談力を上げて、ビジネスに活かそう!!

世の中には、雑談をするのが上手な人がいます。

そういう人を羨ましいと思ったことはありませんか?

雑談が上手い人には、いくつか特徴があります。

その特徴を身につければ、あなたも雑談がうまくなります。

まず、雑談が上手い人というのは、初めに相手の見える部分から話をします。

最初のコミュニケーションで大事なのは、的外れなことを言わないことです。

だから、相手の服や小物などの見える部分の話をし

もっとみる

言葉にする努力と積み重ねと

分かり合いたい、分かり合えない

ヒトは、本能的には「分かり合いたい」動物だと私は信じている。その一方で分かり合えないことも認めている。究極の矛盾に私たちは生きている。

価値観が全く一緒の人なんていないという境地に早くたどり着こう

あきらめではない。価値観が全く自分と一緒の人なんていないという悟りの境地にたどりつけば、違う世界が見える。100%重なり合わない価値観や思いだからこそ、「おもしろい

もっとみる

「仕事する」の定義は、それぞれ違う

一緒に働く男の子と口喧嘩した。原因は、彼の次のような行為に、私が注意喚起を送った為だ。

・仕事を急いでやらない(期限があるものでも)

・業務報告に、お昼に食べたラーメンがおいしかったと記入する

・報連相を一部しない

・指示しないと動けない

ちなみに、男の子と言っても30代後半。社会人経験ももちろんある。同じアルバイトとしてデザイン会社で働いて、時給も同じ。私は必死に回しているのに何さ!で

もっとみる

しかし、色々ひとから話しをきいていると、最近のコールセンターのトレンドとして、オペレーターのなかに、こっそりと会社側(人事側とでもいうのか)の人間を置く、というのがあるのかもな。こっそり、がポイント。それを明らかにしていない。他のセンターでも、類似したことがあるようだ。

だから、あれ(今後の展開含む)が経験できたことに感謝している。なぜなら、知ることができたし、それによって伝えることができるからだ。

ねずみは私小説的要素もある。私自身の拙さも敢えて書いている。恐らく、拙さゆえに、あそこまでの対応を取られたのだろう。本文でも書いているが、私は会社や個人を訴えたいのではない。こうしたやり方について、危険性を伝えたい。