認知の歪み

認知の歪みを伝える「ケーキのきれない非行少年たち」

本当はその先が知りたい。だからどうすればいいのか。でも、非行に走ることも、ものすごい犯罪を犯すのも、認知の歪みから来ているっていう、それをわかりやすくまとめた本です。

ケーキの切れない非行少年たち

宮口幸治 著

 (新潮新書) 

私は不思議でした。

そして、物の例えかと思っていました。

 ところが、どうやらそうでなく、本当に真実、認知の歪みから来ているようなのです。

 この本は、事例

もっとみる
Merci beaucoup♡
1

感情的決めつけ

例えば、いつもならすぐ来るはずのメールの返事が、深夜まで待っても来ないとき。

普通なら
「忙しかったのかな」
「寝落ちしちゃったのかな」
など、相手に何かしら事情があるのだろうと考え、ゆっくりと待っていることが出来ます。

そのように客観的に考えることができず
「もしかして嫌われたのかな」
「メールのやり取りが迷惑だったのでは?」
そんな考えが浮かび、必要以上に不安になってしまうクセはないでしょ

もっとみる
また見に来てね!!
32

潜在能力を閉じ込めてしまう「常識」の罠

無意識に他人に迎合して生きる「生ける屍状態」

人の目を気にして自分の思いを押し込めているうちに、だんだんと自分の本心さえもわからなくなって、ただなんとなーく生きている人生になっていませんか。

必要以上に、相手に合わせたり機嫌を取ったり、それも無意識にやってしまい、だんだんと人と会うことが疲れて、嫌になってきていませんか。

アメリカの心理学者・マズローの説では、人は、食べるもの、寝る場所、着る

もっとみる
ありがとう☆いいことありますように☆
7

意識のしくみと現実

意識の構造

スイスの精神科医であり、心理学者のC.G.ユングの提唱した「集合的無意識」という概念があります。

個人的無意識のさらに奥深くに、民族や国家、人種を超えた全人類に共通して存在する「集合的無意識」がある、という説です。すべての人類、生物の意識は、無意識の奥深くで全人類に共通する無意識と繋がっている。しかもそれは古代の過去から未来まで、すべての人類に共通する普遍的な意識であると考えました

もっとみる
☆thank you☆です!^^
7

随筆(2020/2/6):欲求が満たされなくて、努力の報酬を欲しがって、不平不満ばかり言う人を、安易に非難するの、やめた方がいいですよ

頑張ってキツい時には、それまで投入したコストや今の苦痛を上回るほどの報酬や快楽が欲しくなる。

で、そういう時に、よりにもよって、新たにキツイことが起きた場合、

「は? これが報酬ですか? 何も快くないんだが? どいつもこいつもお天道様も、恩を仇で返しやがって。頑張ったら罰がある? ふーざけんじゃねーぞボゲェー」

となるんですよ。

***

もちろん、その新たなキツイことは、それまでの努力に

もっとみる
有難うございます! 皆様のご評価が、何よりの励みになります。
2

認知の歪みって言葉がつらい

認知の歪みって、ゆがみって…!
指摘される当事者としては、なんか言葉が、ちょっと正しいんだけど殺傷能力高すぎて「あいたたた…」ってなるのはわたしだけでしょうか。



まず最初に申しておきたいのは、"認知の歪み"という概念のおかげでわたしは以前より格段に生きやすくなりました。めちゃくちゃ感謝しております。
このnoteも"認知の歪み"自体に喧嘩を売るつもりはありません。
"認知の歪み"という言葉

もっとみる

「楽しいことに結果なんてないよ」と言われた。そうだ、評価なんていらない。全然わかってなかった。自分にばかりベクトルを向けて、何か得ようと必死になってた。そこにある、素敵なものに全然目を向けてなかった。小さな楽しみを大切に出来ないなら、それこそ私の世界は、暗闇なのにね。

本当にありがとうございます!
2

「認知の歪み」と検索するとあなたの中で何かが起きる

心理学の本を読んで「認知の歪み」という言葉を知りました。

いやあ……へこむを超えて、すべてが嫌になってきました(笑)

本の内容をそのまま張り付けるわけにはいかないので、おおざっぱに説明します(検索すれば、心理学者や精神学者の説明がでてきます)

人気のおソバやさんに行ったとします。

初めにオーダーをとりにきた店員の態度が悪かった。けど、おソバもおいしく、お会計も丁寧だった。なのに……

「こ

もっとみる
フェアリーもあなたを応援しています
8

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%AE%E6%AD%AA%E3%81%BF

「認知の歪み」なついて。
さっきのつぶやきと関連付けるとわかってくる。

やほー!\(^-^)/
4

〜すべき思考から離れられない

昨日、受診に行ったら、先生から「ココロポロポロさんは、〜すべきとか〜しなければならないっていう思考が強いよね」と言われて、はい!その通りですね!という感じだった。

幼少期からの家庭環境とかも関係してるそうだが、大人になっても、それをずっと持ち続けてる。本当はやりたいことがあるはずなんだけど、これをやるべきなんじゃないかと思うと、やりたいよりやるべき!が勝ってしまう…。

典型的な例で言うと、私は

もっとみる
いいことありますように^ ^
5