板橋チャーハン狂想曲とポスト資本主義

昨秋に『マツコの知らない世界』というテレビ番組で「知られざる板橋チャーハンの世界」という特集が放送された。一般的な中華料理屋のパラパラ炒めたチャーハンではなく、水分多めでふっくらとした“しっとり系チャーハン”が紹介され、それとともに数件の板橋区内のお店が登場した。

その後、紹介されたお店は平日でも大行列が続き、また路上駐車や大人数での場所占有といった問題が発生した。マスメディアに登場すると起こる

もっとみる
にゃいす!
12

ミニマリストを資本主義にしたのは誰か?

ミニマリストってわたしの感覚だと少し前までは(今もそういう人はいますが)

反資本主義、大量生産に反対して自分らしさを追求しているイメージだったのですが、

最近はYouTubeで活躍する人も増えて、経済的な利点、要するにお金の話をする人が多くなってきたように思えます。

ミニマリストが全体として、

心身的な豊かさから経済的な豊かさにシフトチェンジしてきていると思います。

それが悪いとは言わな

もっとみる
コメント歓迎してます!
11

はじまりはベーシックインカム

2018年11月4日に、モルフォジェネティック・フィールドで『のさり』を受信してから、次に受信したのが『ベーシックインカム』で、その後熱心に『ベーシックインカム』について勉強をはじめる。
カナダで実際に行なわれていた『ミンカム』や、日本での『ベーシックインカム』導入の可能性や実現する際の運用シミュレーションなどを知るうち、公的な『ベーシックインカム』がはじまるのをのんびり待っていられない気持ちにな

もっとみる

【2016年】自分の世界観と目的と役割について、またこれからやっていくことの整理

2016年

1年の計は元旦にあり。ということで

あらためて自分の人生をどう演出していきたいのか

何をするために生きようとしているのか、整理してみました。

WorldShiftのフレームがとてもわかりやすいので

まずはそれにまとめてみました。

以前よりよっぽどシンプルにまとめることができました。

でもこれで表現できています。

なぜ上の図のようになったのかというと・・

・資本主義競争

もっとみる
千利休の本名は「田中」。
9

ものとプロセスと人

モノやサービスのデザインによって簡単で便利に使えます、というようにプロセスを省いていくことではなくて、そのプロセスにいかにして向き合うことができるか、というのをテーマとして持っています。ここでのプロセスに向き合うという意味は、人としての能力や技、思考、工夫、知恵を能動的に働かせる余地のある物事に接するということです。
デザイナーが使い手のことを想像し、時間軸で単純化して描かれるカスタマージャーニー

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いいたします。
12

キブツ:イスラエル(組織)

先日イスラエルにある集合団体「キブツ」を知った。
衣食住と地域労働をする事でお金も支給される。
地域を守りながら共に生きていく道しるべになりそうだと感じた。
キブツ【kibbutz】
 ヘブライ語で〈集団〉を意味し,イスラエル建国運動において形成された独特の農村形態をいう。 それは,構成員間の完全な平等,相互責任,自己労働,個人所有の否定,生産・消費の共同性の原則に基づいて組織された共同体で,ふつ

もっとみる
書いてよかった、ありがとうございます!
8

疲れる原因

山下陽光さん『バイトやめる学校』関連

儲け一辺倒ではないのは確かに面白い。

が。

なんか読んでて疲れる。。。

忙しい感じ。

のんびり生きたいのよね。。。

「忙しい感じ」の要因として思い当たったのが、独創的な発想。

より正確には、なんとかして独創的な発想を絞り出そうという努力。

誰も考えたことのないこと?

「好きなこと、得意なこと+不便」で検索は面白い。

一応理屈がありそうだから

もっとみる
ありがとうございます。
7

「お金」とAI

資本主義経済は、確かに目先の私たちの生活の質を向上させてきた。
しかし、それにより消費社会が拡大し、地球環境破壊を加速させ、
寿命こそ延びたものの、人々の心と身体には新たな闇や病を抱え込むようになった。

資本主義で生きる人が皆、拝金主義だとは決して思わない。
しかし、それでもなお構造的にそもそも限界がある。
「資本主義」という、私たちが創りだした「お金」の仕組みが、
いま、私たちの生活をじわじわ

もっとみる

嫌な仕事なら無理をせずに辞めればいい|今年から新社会人になったチームメイトにした話

今月から新社会人として華々しくデビューすることになった、チームメイトのEさん。就職先の会社が全国規模で、未だにどこへ配属されるのかがまったくわからず戦々恐々としている。

「東京配属なら実家から通えるんですけど……、万が一地方配属となると引っ越しもしなければいけないし、チームのみんなと一緒に走れなくなるのが嫌で、怖くて……」

ということらしい。

でも、僕からすれば「なにをそんなに悩んでいるんだ

もっとみる
感謝、感激、雨あられ!
6