簡単にわかる!緊縛

日本発症の文化 緊縛

有名なのは亀甲縛りとかでしょうか。本当は亀甲縛り何ていう名前の縛り方は無いです。亀縛りは存在します。菱形になるので菱縛りと呼ばれていたりします。

まあでも一番伝わるので亀甲縛りでいんじゃね?って個人的には思います。

緊縛の元々の由来は罪人を捉える為だったり拷問用に縛ったりするのが始まりです。なので藩ごとに縛り方も違ったりします。縛る相手の身分によって縛り方を変えていたり

もっとみる

生きてるだけで幸せだと思わないか?

そんなベタな問いかけを自分に叩きつけ縄から手を離し椅子から降りた午前4時

やりきれなかった後悔とまだ生きていられる喜びとの間を右往左往した

縄に手をかけた瞬間なぜその質問が頭を過ったのかは分からない

ただこの何も無い誰もいない部屋で、散らかった服と飲みかけのオレンジジュースだけが私を見ていた。

その場にへたりこみ静かに息をした。どうやっても生きていた。

もっとみる
楽しい1日になるといいですね。ありがとう。
2

赤い縄で縛られた恋

私ほど運がよくて、運の悪い女はいないだろう。

かつて私と付き合った男は、みんな出世した。

最初は「うだつの上がらないサラリーマン」だったのが、急にモテるようになり、やがて他の女と結婚する。

そして、私の恋は終わりを迎えるのだ。

彼らが、今、どこで、どうしているのかは
知らない。興味もない。

ただ、私を振って結婚したのだから、幸せにやっていてほしいとは思う。

最後の恋が終わって、もう男は

もっとみる
これからもよろしくお願いいたします😆
8

縄がらみの美

祇園祭の主役ともいえる山鉾は、7月10日頃から組み立てが始まります。あまりお目にかかれない山鉾の土台作りを見に行くと、驚くほど美しい縄結びの技術を目の当たりにしました。

釘は一切使わずに、荒縄だけで木材を組み立てていくのは、「縄がらみ」という伝統の技法。柱を組み立てて、そこに縄を縦巻と横巻を交互に巻いて締めていきます。実際に出来上がったら、周りに段通などの敷物をかけてしまい見えなくるのですが、何

もっとみる
スキありがとうございます。
1

【FGO EpLW ユカタン】ユカタンのアサシン

<BACK TOP

【クラス】
アサシン

【外見】
ホットなベイブ。セミロングのウェービーな髪に、褐色の肌の艶めかしい美女。ヒスパニック系の顔立ち。タレ目に泣きぼくろ、少々濃い化粧。豊満な胸に露出度の高い服装。首には縄が巻きついており、頬には死体に浮き出る黒い斑紋が現れている。顔を近づけるとわりと怖い。娼婦っぽくダルそうに喋る。

霊基再臨LV1:全身に禍々しい縄目紋様が浮き上がり、兇悪な表情

もっとみる
ブッダがあなたに加護を与えるでしょう。
6

【FGO EpLW ユカタン】第四節 迷走仕掛け(ストレイ・ラン) 上

<BACK TOP

「私のクラスは『セイバー(剣士)』。名は『ロドリゴ・ディアス・デ・ビバール』。異名をば『カンペアドール(戦場の勇者)』。 人々からは『エル・シッド(旦那様)』と呼ばれておる」

ロドリゴ・ディアス・デ・ビバール。エル・シッド。……えぇと、なんか聞いたことはある。映画とかにもなった中世スペインの騎士。だっけ。俺が言葉に詰まっていると、あちらさんは肩をすくめた。悪ィな教養がなくて

もっとみる
あなたの幸運値がアップしました。
6

【FGO EpLW ユカタン】第三節 逢魔時(トワイライト)のプラヤ・デル・カルメン

<BACK TOP



「おいでなすったね」
日暮れ時。東の空は、もう星空だ。だが、夜目はきく。あちらから満月が昇ろうとしている。

10km向こう、コスメル島の浜辺に、小型のガレオン船が出現した。やがて船は岸を離れ、こちらへ向かってくる。風や潮流とは異なる動きだ。歯ぎしりして、舌打ちする。サーヴァントが何騎いるか知らないが、一騎ってこたァないだろう。たぶん対岸にも。嫌な気配もたくさん。こち

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
3

SMプレイ時のSTOPワード

哀くんに

まだ紅さんは攻めるのが下手

と言われた。

もっと頭がおかしくなるくらい攻めて欲しい。
今はまだ「こうしたら攻めやすいかな」と考えてしまう余裕がある。

らしい。

私としては攻めることに対しての罪悪感はないのだけど、どこまでやっていいのか加減がわからなくて探りながらプレイをしていた。

ということで、もっと本気で攻められるように、本当にダメなときのストップ合図を決めることにした。

もっとみる

好きなものを否定するつもりはないが。

現状のSM界、ことさら緊縛の主流は、いわばプロレス。
予定調和の積み重ねた練習のものである。
”プロレス”好きなら、いいのだが、見てて疑問を覚える。
受け手は声を出す。それも練習してるのかと思うと興ざめ。

私が好きなのは、真剣試合、例えるならUFC。
受け手もなにをされるかわからないライブのようなもの。
それをできる縄師は、少ない。

プロレス、ショーの縄において、上手なのは縄師ではない。
受け

もっとみる