立冬・三候 11/17 〜 11/21 雉入大水為蜃

中文版

三候 11/17 〜 11/21 雉入大水為蜃

日文版

第五十七候 11/17 〜 11/21 金盞香(きんせんかさく)

オリジナル候

秋去冬來,隨風飄舞的紅葉。

紅葉の見頃がピークを迎え、いつも行く公園も賑わっていた。この頃は落ち葉の絨毯が綺麗だった。どんぐり拾いをする家族連れやボール遊びするちびっ子たちで普段は静かな公園がちょっとテーマパークっぽい感じに・・・

三連休とは

もっとみる
謝謝你〜😊
3

立冬・二候 11/12 〜 11/16 地始凍

中文版

二候 11/12 〜 11/16 地始凍

日文版

第五十六候 11/12 〜 11/16 地始凍(ちはじめてこおる)

オリジナル候

溫暖的小陽春,菊花開了。

小陽春は旧暦の十月の別称。11月15日が十月初一、蠍座の新月だった。11月とは思えない小春日和が続いて、時間を見つけては近所を散策。紅葉も見頃で日々移りゆく木の葉の色合いに見惚れていた。

毎朝、夢日記を書いているのだけど

もっとみる

立冬風景 20201107

こんにちは。愛知県を拠点に俳優・音楽活動を行なっている菅沼翔也です。

今年6月に「季節ごとに故郷の風景を撮ったら、どんな1年の記録になるんだろう?」ふと、そんな衝動に駆られ、6月5日(金)芒種(ぼうしゅ)の日から故郷の二十四節気風景を撮り始めました。

二十四節気とは・・・
春夏秋冬で表す1年をさらに細かく24に分けた暦のこと。
例えば、立春、春分、秋分、冬至。…は有名ですが、
他にも、啓蟄(け

もっとみる
スキってなんて良い言葉なの!
8

十一月一九日

写真を撮るために立ち止まる人の姿を思う。
風景をデジタルに収めて、誰かに届ける人の姿を。

フィルムしかなかった時代、「みて、これ!」と、即座にその光景を相手の手元に届けるという発想はなかった。

手のひらから、手のひらへ。お互いがリアルタイムにネットワークつながっているときに発生するキャッチボール。

風景が綺麗だからというより、誰かに届けくて、つながりたくて、美しい風景がくれたきっかけを、喜ん

もっとみる
どうもありがとうございます。

ほうれん草とくるみのキッシュ「立冬」のおうち養生レシピ#3

血を作り体を温める、冬のキッシュ

ほうれん草は血を補い、体を潤す作用があると言われています。顔色が悪い(貧血気味)、乾燥肌、慢性的な便秘などで困っている方におすすめです。

くるみは生薬でもあり、胡桃仁(コトウニン)と呼ばれています。ナツメグ同様に体を温め、「腎」の働きを助け、腰や足の怠さや冷え症の改善、老化防止の役立ちます!

寒さや乾燥で不調を感じたときに取り入れたい食材を詰め込んだ、キッシ

もっとみる
ありがとうございます!
6

切り干し大根と生姜のコンソメスープ「立冬」のおうち養生レシピ#5

巡りを良く&デトックスのスープ

玉ねぎは血液を浄化にし、血と気の巡りを良くしてくれます。切り干し大根は、体の水分の滞りやむくみをとり、余分な油脂を排泄、水の巡りを促します。巡りを良くし、「腎」の働きを助ける組み合わせです。

「腎」の働きが弱くなると、むくみ、冷え、生理不順、腰痛、耳の不調、気力の低下、膀胱炎、抜け毛・白髪、などの症状が起こりやすくなります。これらの不調の改善に役立つスープです。

もっとみる
ありがとうございます!
6

柿と蕪の和え物「立冬」のおうち養生レシピ#4

消化を助ける、箸休めのおかず

蕪は胃もたれ、お腹の張り、消化不良に。食べ過ぎてゲップなどの症状が出る時は、胃に熱がこもり、気の流れが逆上してしまっている状態です。蕪はそんなときに胃の熱を取り、症状を落ち着かせる作用もあります。

柿にも体の中の熱を取りのぞき、「肺」の乾燥を潤す食材と言われています。立冬のレシピでは生クリームやバターなどを使用しているものが多いので、そんな中で消化を助ける箸休めの

もっとみる
ありがとうございます!
5

立冬 金盞香(きんせんか さく)

【24節季72候】
24節季72候を巡る。太陽と月のクロスポイント。

立冬の「金盞香(きんせんか さく)」になりました。

立冬になったのに、最近随分温かい、いや、暑いですよね。
話によると、今日は夏日予想だとか…。

フロントガラスが凍り付くのも、時間の問題だと言っていたと思うのですが。
そんな話はどこかに行ってしまいました。

この候は、凡そ11月17日から11月21日くらいをいいます。

もっとみる

金盞香く - 冬・立冬のこよみ -

金盞香  | きんせんか さく

- 冬の七十二候 -

__________________

11月17日から21日頃
水仙の花が咲く時季のこと。

実際に咲くのは冬〜春で
別名「雪中花」ともいわれます。

水仙は、内側の黄色い部分が
冠のようになっていて金の杯のようにみえるので
「金盞」に例えられます。
(金盞花 とは別の花のようです。)

控えめながら凛

もっとみる
よい一日になりますように♪
3

鮭のムニエル 舞茸のクリームソース「立冬」のおうち養生レシピ#2

冬の寒さを乗り切る気力&体力づくりに!

鮭は胃腸を温めて、消化器系を強くする働きがあります。胃腸が弱い人や冷えやすい人、もしくは体力が衰えているときにいいタンパク源となります。また、血液の循環もよくなるため、シミや肩こりのある人にもおすすめです。

舞茸などのきのこ類は気を補い、利水効果もあり脾胃の調子を整えます。

寒さで消耗しやすい体力を補い、乾燥を防ぐレシピです。

材料<4人分>
・鮭 

もっとみる
ありがとうございます!
8