私のパートナー

お題

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

未練はないけど、たっぷりの後悔を抱えて

結婚しているときより離婚してからの方が、結婚や恋愛の相談をされることが多くなって、相談相手間違えてるでしょうよって思うのだけど、人はどうやら成功より失敗から学ぼうとするらしい。

この間も、結婚を迷っている人から「結婚生活はどうだった?」と聞かれたので「悪くなかったよ」と平坦に返し、さらに「結婚の決め手はなんだったの?」と聞かれたので「わたしが一番わたしでいれる人だったんだよなー」と答えながら、あ

もっとみる
わたしのスキです♡
122

「人は何歳でも変われる」夫の話

今日は夫のことを書きたいと思う。というのも、この2年、夫の変化がどんどん激しくなっているからだ。私自身、もうこの人は変わらないと思っていたのに(ひどい)、正直驚いている。またものすごく長い記事になったが、最後に夫の声があるのでお楽しみに。

夫との出会い

私と夫は、塾講師のアルバイトで出会った。私が22歳、夫が21歳のときだ。夫は浪人して大学へ入ったので、学年としては2つ離れた大学3年生だった。

もっとみる

子どもと会えない、片親に会えないと言う生き地獄

結婚して11年、子どもが生まれて6年

妻が子どもを連れて行って11ヶ月

「妻が子どもを連れて出て行った」こう言う話を聴くと旦那の浮気やDVを疑う人が多いだろう

私は浮気をした事はない、DVもない

だが事前に話し合いもなく子どもを連れて出ていかれた

今は調停中で面会交流を申し立てているが子どもには11ヶ月で2回2時間しか会えていない

仕事は家族の為に精一杯頑張り部長になった

家事は主に

もっとみる

体罰禁止いつから? 罰則内容は?家庭内の"しつけ"が変わる。子供が親を訴える時代【体罰の定義とは】➕体罰で脳機能のダメージ

年々、増加傾向にある【虐待による相談件数】。児童相談所に通報したにも関わらず、命を落としてしまった幼い子供が相次いでいます。最近では、「しつけ」と「虐待」の線引きが難しくなってきています。

家庭内に限らず、今から15年前でも、学校での体罰が普通にあった時代。私の母校では、剣道部の先生が竹刀を持って、廊下で校則違反している生徒を見かけたら、バシバシ叩いたり、剣道部の部員の太ももを鞭で叩いて、悲惨な

もっとみる
嬉しいです!♡ありがとうございます!是非フォローお願いします!
51

いい夫婦の日 『夫婦仲を裂く身近な危険人物とは?』【離婚危機を乗り越えて気づいたこと】 #私のパートナー は、守り神。

今回、noteのテーマ『#私のパートナー』この文字が目にとまりました。夫婦関係が最悪だった頃を振り返ると、今の私は、『夫婦、パートナー、夫、大好きな人』として日々、有り難い気持ちで、感謝ばかり感じています。

夫婦でいられることが、当たり前ではないと気づいた出来事がありました。世の中には、離婚しなくてもいい離婚がたくさんあるのだと思います。些細なことがきっかけで、配慮が欠け始めたり、感謝の気持ちが

もっとみる
嬉しいです!♡ありがとうございます!是非フォローお願いします!
50

CRAZY WEDDINGで挙げた常識にとらわれない、僕たちらしい結婚式って?

みなさん1記事目読んでいただけましたか(^o^)?「もっとこんなお話聞きたい!」などのご意見は随時受け付けておりますので、お待ちしております。

2記事目のご担当は、1年前の9月に結婚式を挙げられた山本翔一朗さんとみなみさん。結婚式当日だけでなく、CRAZY WEDDINGで結婚式を挙げたその後についても語っていただいています。

お二人のプロフィール

新郎様・新婦様
共に職人として・経営者とし

もっとみる

【令和婚】2020年1年以内に結婚したい女性へ。男性に聞いた結婚の決めてとは?4ヶ月で婚約・結婚した赤裸々話。【婚活のための自分磨きは意味がない⁈】

芸能界でも令和元年の結婚が相次いでいますね。令和元年もあと1カ月です。2020年1月1日には令和2年に。令和元年の貴重な期間として、けじめをつける結婚もあるのでしょうか。独身者は、やっぱりきになる自分結婚。平成最後の結婚もなし。果たして令和時代に結婚できるのだろうか。

長い恋愛期間を経て結婚する人も出会って数ヶ月でスピード婚する人もいる。じゃあ、スピード婚でも夫婦円満に仲良くやっている夫婦の話を

もっとみる
嬉しいです!♡ありがとうございます!是非フォローお願いします!
39

「結婚が怖い」という気持ちないですか?独身の時もあり、結婚してからはさらに募る

妻が用事で実家に帰ってすることがなく、書くことしか思いつきませんでした。けんかして「実家に帰らせていただきます」というあれではないです(笑)。

結婚前に感じていた「結婚が怖い」という感情が言葉にできそうなので、してみます。妻がいない家に一人でいるからかもですね、なんだか独身時代を思い出します。

「結婚が怖い」という気持ちありませんか?これは独身の方、結婚している方問わずです。この気持は大きく二

もっとみる
ありがとうございます。またお気軽に遊びに来てください。
5

マッチングアプリで知り合った人と一緒に暮らし始めるよって話。

「おはよう。さっきね…。運動会でおしっこ漏らす夢をみたの…」

「おはよう。奇遇だね!今朝、僕は夢のなかでウンコ漏らしたよ!」

今日も、しょうもない会話から1日がはじまろうとしている。夢のなかでおしっこを漏らした私は、都内でフリーランスのライターをしている。ウンコ垂れのシモリュウ君は、テレビやコンサートのビデオカメラマンをしている。私たちは2年ほどの交際を経て、一緒に暮らし始めたばかりだ。

もっとみる
わ!うれしい!ありがとうございます~(*^^*)
9

都会に住んで、上昇志向で結婚できないことは不幸なのか

Twitterに流れてきた、「近年は女性の都会への流入が過多であり、だから結婚できずに”余り物”になる女性が増えている」という言説。

データは本当なのかもしれない。データ自体に、嘘はつけないから。
ただ、問題はそのデータを解釈する方だ。人間は自分の都合のいいようにデータを解釈したがるから気をつけなければいけない。大学でもインターン先でも教科書でも注意されてきた。

都会に女性が流入する理由

もっとみる
読んでくださってありがとうございました!
30