生活困窮者支援

11月から、毎週水曜日の1830~2030まで、困っている人や苦しんでいる人への支援を行う「伴走型支援者養成講座」をオンラインで行います。無料、ZOOM使用、どなたでも受けられます。

詳細は決まり次第あげていきます。

とりあえず、宣言することで後に引けなくなる作戦。

短く持って、デッドボール狙い。
15

お金や生活に困ったときに利用しまくる制度・団体一覧。

日本には生活に困ったときに
支援してくれる制度・団体が

たくさんあります。

相談は無料です。

条件にあてはまる方なら、

だれでも利用可能です。

無利息でお金を融資してくれる制度もあります。

今ツラい状況なら、

助けてくれる団体や制度を利用してみてください。

お金や生活に困っている人を支援する団体・制度一覧。

⇒サポートする(投げ銭)

⇒支援よろしくお願いします!少しの支援でも助

もっとみる
スキしてくれて大スキ

フードパントリーに行ってみた!

こんばんは。
シングルマザーchiiです。
突然ですが、フードパントリーってご存知ですか?
私は、恥ずかしながら最近まで知りませんでした…いや、言葉は知っていましたが、内容が分からないというか…漠然と『困窮家庭の支援』としか考えていませんでした。が!今回、某SNSのひとり親コミュニティに、たまたま家の近くでフードパントリーを行うとあったため、行ってみることに。

まずは、アポをとります。
受け取る

もっとみる

「誰もが、誰かの支えになるプロジェクト」ができるまで

ものづくりのプロジェクトを、かれこれ4年近くやっています。

障がいのある人と、生活に困っている人が連携して古着を使ったものづくりをし、その売上から寄付金を生み出すことで、福島の原発被害に遭った人たちを支援する、というもの。

とはいえ、実はこのプロジェクト、前職のNPO法人在籍時に、法人内で始めたものでした。退職後、私の事業に移管したのです。今日は、このプロジェクトがなぜ始まったのか、、という経

もっとみる

出てない

ついさっき気づいた

先週金曜夜中から土曜早朝にかけて
バイトだったのだが

戻ってからゴミ出し以外で
部屋から出てない
(あ、雪降った時、天気の確認で
チョット出たわ)

まぁそれはともかく

金曜の時点で
手持ちが小銭だけになっていたので
月曜日におろしに行こうと
思っていたのだが

食材をそれなりに買い込んだ後
だったこともあり
(手持ち尽きかけなのはそのせい)

ある程度栄養を摂れる食生活

もっとみる
✨わーいヽ(=´▽`=)ノ有難う御座います✨
2

フードバンクびわ湖オフィシャルパートナーの皆様と記念撮影

フードバンクびわ湖を立ち上げた2018年7月から、試行錯誤の中、ボランティア活動では持続可能にならない為に、10月から私が事業参加し、色々現状を把握する事、他県のフードバンクを知る事、滋賀県内の困窮者の現状、行政の役割、社会福祉協議会の役割、民間の必要性、食品ロス、フードバンクの認知度、フードドライブの認知度、活動をする中で見えるフードバンクの活動そのものの必要性、色々自分なりにボランティア活動で

もっとみる
フードバンクびわ湖の活動を滋賀全土に広げます!
4

滋賀に暮らすひとでつくりたいカタチがある

【第2回 フードドライブ活動をもっと滋賀県内に!】

ブログのシェアをご協力下さい。

若者世代での”現社会から逃げ出したくなってしまった人達へ”の支援にも力を注ぎたいのでご協力下さい。

なぜなら、その世代の人達が困ってるのに助ける人がいないからです。

もちろん、その方が住む市役所や町役場へ相談に行けばまだいいのでしょうが、若者世代はその解決策があることすら知らないようです。

SNSを通じて

もっとみる
フードバンクびわ湖の活動を滋賀全土に広げます!
1

もったいないを笑顔と絆に

【第1回 やるしかない】

フードバンクびわ湖の共同代表兼事務局長やってます。ほりゆたかと申します。昨年の7月に「フードバンクびわ湖」を立ち上げました。

取組をまとめましたので、ぜひご覧ください。

令和元年に達成する目標はこちら

・フードドライブ活動拠点 県内50箇所 ドライブ活動開催50回

・フードバンクびわ湖と企業様との委託契約 10社

・滋賀県庁にて、フードドライブ活動。

・拠点

もっとみる
フードドライブの食品回収ボックスの設置箇所を探してます
1

開催報告:風テラスの現場から考える「女性の生きづらさ」(1月12日@新潟市)

2019年1月12日(土)、新潟ユニゾンプラザにて、講演:風テラスの現場から考える「女性の生きづらさ」を開催いたしました。

風俗店で働く女性のための無料生活・法律相談会『風テラス』に関わる東京風テラスの弁護士・徳田玲亜さんのご講演と、新潟風テラスチーム(新潟県パーソナル・サポート・センター主任相談支援員の小田恵さん+風テラス発起人の坂爪)との鼎談を通して、現代社会における「女性の生きづらさ」とそ

もっとみる
ホワイトハンズと握手!
1