演劇制作とわたし

刀ステのドキュメンタリー映像が公演再開のいち参考になりそう、というかなってる

さてさて徐々に復活してきている上演。しかしながら同時に無症状だけど陽性が判明して公演中止になってるのもまた事実。

先陣切って上演している同業他社さんの実際の運用のところは積極的に参考にしていきたいところ。こういうのはいいこと悪いこと全部詳らかにして蓄積していかなあかんやつ!失礼ながらそのアイデアパクらせていただきます!

と、先日かいちゃんことひろきのお兄様が女性キャストとして初参戦することで話

もっとみる

舞台に立つって、最高に楽しい。

イラスト、音楽、手芸、ダンス、文章…
この世には、何かを表現するための手段が無数に存在している。

そのなかでも、わたしは演劇がいっちばん好きだ。

舞台との思い出

わたしが演者を夢見たのは、保育園児のとき。漠然とした夢だったが、お芝居をすることが好きだった。発端は人形遊び。悪役と、ヒロインと、ヒーローがいる。文房具とか、そういうのを舞台にして、お話を作って自分で演じ分けるのが楽しかった。

もっとみる

敢えて、演劇の未来の話をしよう

今、舞台に関する話題は暗い。

特に演劇は、クラスターだのなんだので大変な状況です。
そして、すっかりメジャーな言葉になったクラスターという言葉。今年の頭まで使った事のなかった言葉、クラスター。近所のスマホの使い方が分からないとボヤく爺さんまでが日常会話で使うクラスター。僕も皆も恐れるクラスター。諦めないでどんな時も…と唄うのはサンボマスター。できっこないをやらなくちゃ、と無理して何か催せば発生し

もっとみる
ありがとうございます!!!
12

非公開のやりとりは公開しない方がいい、後悔しないためにも

他人や状況は思い通りにならない

私信を晒すのはまずいでしょう
これから観客になるかもしれない方、もしかしたら舞台に立つ、地域のコロナが落ち着いたらこの団体に参加してみよう、そんな人々を不安にさせるだけですね。

このnoteは今後も秘密が暴露される恐れがあるため、注意喚起・問題提起として投稿しています。
私信をネット上に晒すということは、今後も晒す可能性が考えられます。
大変危険な事態です。

もっとみる
スキありがとう!あなたにいいことがありますように☆
8

機会均等、あれこれ。

▼そういえば先日関ジャニ村上の一人芝居「If or...」がネット配信やってた。10回目の公演のDVDを以前知人に貸してもらってみたのだけれどこれがめちゃめちゃ面白い。今でこそ映像使った演出は当たり前だけど、それを「え、このタイミングからやってたの!?知らなかった!実はこれめっちゃ時代の先を進んでた作品なのでは?」ともうびっくり。いや本当に面白かったです。貸してくれてありがとうですわ・・・。その後

もっとみる

受付では何でもかんでも預かれないし、なんとなく後ろを気にして欲しいなあというこちらの勝手なひとりごと

▼なんと言うか・・・・受付でチケットの精算処理をしている流れで差し入れ渡されること多いんですけど、チケット受付で預かれることもあれば、そうでないこともあるのでそれは会場次第団体次第だとは思うけど、明らかに後ろに人が並んでるのにそこでずっといることは後ろがどういう状況なのか見えてないんだなあ・・・と思ったり。別にそこにスタッフがいるから聞かれること自体は問題ないのだけど、こちらがお金触ってるタイミン

もっとみる

再開した劇場公演から、必要なものを考える。

昨日、『願いがかなうぐつぐつカクテル』を見に行ったんですよ。もう5ヶ月ぶりなんですって、劇場に行くの。こんなに行ってないのも久しぶりで引くわ。どんだけ演劇見てたんだ、年30本コースだもんな。

まあ昨今騒がれてますが、さすが新国立劇場の主催公演。予算とか自前劇場であるとかそういう諸々は自主公演の小さな劇団では到底かなわない部分もあるだろうけど、アナウンスとかは覚えておかないとなと思ったので、忘れな

もっとみる

オンラインなんて演劇じゃないという人へ

こんばんは!
鎌倉在住の演出・脚本家のKUNIKOです。

今オンライン演劇での成功例を多くの演劇人とシェアすべく執筆しています。

詳しくは
「オンライン演劇でお客様を熱狂させる方法」
シリーズをご覧ください。

オンライン公演を成功させる為に最も大きな障害は、私は実は「人の心」だと思っています。

実際に声をかけた俳優からは
「ピンと来ない。」
「よくわからない。」
という理由で断られまくりま

もっとみる
「好き」ありがとう!シェアもしてね^ ^
5

Episode-3 オンライン公演で使うツールは何がいいの?

こんばんは!
鎌倉在住の演出・脚本家KUNIKOです。

6月に行った公演の具体的なノウハウを備忘録をかねて書いています。
私は、オンライン公演を劇場が再開される間の一時しのぎではなくて、新たな公演方法として確立していく必要があると痛感しています。

特に小劇場、それも公演ではマネタイズできず、公演の度にノルマを10万円など負担しながらやっている方達に是非導入して欲しいと思っています。

何故なら

もっとみる
「好き」ありがとう!シェアもしてね^ ^
1

時事ネタあれこれ

いや〜〜〜〜〜〜〜〜もう〜〜〜〜〜〜〜〜〜演劇界隈なんで同時多発でこんなに騒がしくなるかね〜〜〜〜こないだ書いた記事と第1報はほぼ時を同じくして、だけどここまで大騒ぎになるとは思ってなかった。

しかしまあ、各種報道見てるとこれまでも演劇周りがいかにきちんと自分たちのおかれているところを自分で説明できてないし、スポークスパーソン的なのをおいてないから演劇周りはもう2月から勝手なことやってる業界的に

もっとみる
末吉
10