「あつまれ どうぶつの森」で太田記念美術館の浮世絵を飾ってみよう

Nintendo Switchの人気ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」。世界中の美術館や博物館が、部屋の中で飾ることができるよう、自分たちのコレクションの画像データを公開しています。原宿の太田記念美術館でも、三菱一号館美術館さんに便乗し、「#あつ森で飾ろう」と題して、北斎や広重、動物や妖怪などの画像データをtwitterで紹介してきました。数もたまってきましたので、今回、見やすいようにnote

もっとみる
スキありがとうございます!キツネたちも喜んでいます!
247

捧ぐ

あるきれいな月の夜にビードロのお猪口で日本酒をのみました。

「トポトポトポ…」日本酒を注ぐ音が部屋じゅうをかけ巡り

月の光が溢れます。

藤色と朱色と白色と海色。

それぞれにかんぱい。

朝になって一杯は飲み干して

あとはすこしだけ飲みました。

藤色はそのままのやや辛口で、一晩晒していたからか後味の甘みが増していました。

朱色はなぜだか上品な甘みをほんのり感じました。どこか水のようです

もっとみる
めちゃうれしいです❤️
203

御岩神社

葵の御紋が飛び込む

「この紋所が目に入らぬか…」あの有名なセリフがあたまのなかを駆け巡ります。

水戸藩初代のころより水戸藩の国峰とし、徳川光圀公(水戸黄門さま)など代々参拝をするところであったそうです。

「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」常陸國風土記

創建の時期は不明のようですが縄文時代の遺跡が発掘されているよう。

御祭神は

国之常立神 クニノトコタチノカミ

もっとみる
スキをありがとうございます❤️
148

コノハナサクヤ 02

天使とは

美しい花をまき散らす者ではなく

     苦悩する者のために戦う者である。

             ナイチンゲール

稲荷神社について調べている。

稲荷神とは伊勢神宮外宮(げくう)の豊受大神トヨウケノオオカミであり、稲荷神社の総本社、京都伏見稲荷大社の主祭神宇迦之御魂神ウカノミタマノカミと同一であるということ。

稲荷とはもとは伊奈利(いなり)という当て字だったというこ

もっとみる
本日大吉です🌸✨🐍✨💎🌸
119

浮世絵のキツネたちをご紹介します

先日のTwitterにて、明治の浮世絵師・月岡芳年が「月百姿」というシリーズの中で描いた、キツネの作品を2点、紹介しました。

大変に好評だったため、キツネ好きの方は世の中にかなり多いのでは!?、と思い、早速、他のキツネの浮世絵も紹介してみることにしました。

こちらは歌川広景の「江戸名所道戯尽 十六 王子狐火」。

二足歩行をするキツネたちが列をなしていますが、よく見ると、そこに人間が一人だけ、

もっとみる
スキありがとうございます!喜んで踊っています!
336

猫が大好き過ぎる花魁・薄雲のお話

2020年8月17日、太田記念美術館のツイッターにて、月岡芳年の「古今比売鑑 薄雲」を「猫が大好き過ぎる花魁」と紹介したところ、予想を上回るリツイートやいいねがありました。

「仕事の最中でも可愛がるので、妓楼の主人が見かねて猫を遠ざけると、病気になって寝込んでしまうほど。」と紹介しましたが、この薄雲という花魁、元禄時代に実在しました。薄雲と猫にまつわるエピソードも『近世江都著聞集』や『烟花清談』

もっとみる
スキありがとうございます!喜んで踊っています!
189

最も未来に近い水族館

これまでの記事を見返してみると、京都水族館でも須磨海浜水族園でもペンギンの展示空間が面白くないと書いていました。
そこで今回はペンギンの展示空間が面白い水族館を1つ紹介します。(私個人の意見です)

今回紹介するのはすみだ水族館です。
ペンギンの展示空間以外にも魅力がたくさんあるので、それも含めて伝えられたらいいなと思います。

目次
①基本情報
②室内だけで満足させるための動線計画
③取り入

もっとみる

江戸時代のスズメたちの世界に潜入してみた

顔はスズメなのに、体は人間。不思議な姿をした鳥人間たちを描いた、歌川国芳の「里すずめねぐらの仮宿」。
動物を擬人化させることが得意だった、歌川国芳の代表作の一つです。
歌川国芳の「里すずめねぐらの仮宿」をクローズアップすることで、スズメたちが暮らしている世界をじっくりと観察してみましょう。

まずは、画面の左上。格子窓のある部屋、赤い絨毯の上に、華やかに着飾ったスズメが座っています。スズメの世界の

もっとみる
スキありがとうございます!キツネたちも喜んでいます!
164