プロ秘書だけが知っている永田町の秘密



 この本を読むと、政治家が世間の批判を覚悟で会食やら何やら会に出席したがるかがよくわかる。
 要は、政治家は顔が命(吉徳人形か)なので、いかな時期や場所でも出向いて顔を売らないとならないのだそう。一生に一度とか理由を付けてでも、クラスターの危険性の高い成人式をやりたがるのも、その一例ではないかしら。
 あとは、議場で野次を飛ばし、上層部の覚えめでたくしたりもする。うちらの選挙区にもいましたね、

もっとみる

ザ・キャピトル東急のOrigami

妻とランチ
.
相変わらずコスパの高いランチ
さすが永田町だな
.
その永田町は
Go Toなんとかで騒いでいるが
.
そもそもネーミング、ダサいんだよな
Go Toって
.
あと経済的・時間的に
余裕のある人間が恩恵を受ける支援なんだよな
これって
.
特定の業界に対して
苦しかったら従業員の首切っていいよ
政府が支えるから・・・とかさぁ
.
諸外国みたいに
消費税を凍結するとかさぁ
.
税制上

もっとみる

月に一度のお参り、日枝神社

今日は#七五三 で賑わっていた
.
昔は数え年といって
みんな正月に1つ年を取る習慣だった
.
生まれた年に1歳となり
初めての正月を迎えると2歳
その次の正月に3歳となると
乳幼児の死亡率が一気に下がるらしい
.
よくここまで生きて来たねと
家族で祝う
.
しかしまだ予断は許さないが
5歳まで生きるとさらに
死亡率がぐっと下がるらしい
.
そして7歳まで生きると
ほぼそのまま
成人する確率が高い

もっとみる

永田町で乗り換える時に
う○こしたくなって
トイレが改札の外だったから
一旦外出て明らかに禁煙の場所で
タバコ吸ってた。
だってだーれもいないんだもん。

ありがとうございます!楽しんでいただけるように頑張ります!

猫田による猫田のための、東京。

今回のテーマはいただきものです。
わざわざご丁寧にたいそうなものを。
ありがとうございます。

東京といえば、
スカイツリーよりもタワー。

西の京都住みの猫田です。

東京って私の概念的に、
ひとの密集地域とその近辺って感じがしている。

というのもそもそも関東地方に、
行く機会は年に一度あるかないか。
主要な目的は東京に多くあって、
ついでに贔屓のお店に立ち寄る程度。

なので私が行った先が東

もっとみる
ありがとうございます。小躍りしています。
3

起業家を訪ねて①(魅惑のチキンオーバーライス)

チキンオーバーライスを知ったのは約半年前。

名前すら知らなかったですが…

YOUTUBEをきっかけに、知ることができました。

店長・神保さんの丁寧な説明だけでなく、

『味』で社長たちを納得させたところに

凄さを感じ、行ってみたくなりました。

ぜひ、ご覧ください!

場所は赤坂。

店内は6席あり、イートインも可。

さっそくチキンオーバーライスを注文!

ご飯の量も選べます。

野菜も

もっとみる
☆ ★ ☆ あ り が と う ☆ ★ ☆

20年9/17 首相指名選挙「小泉進次郎氏1票」はN国党丸山氏が投票🗳

売名行為なんだろうが、丸山穂高氏も落ちぶれたもんだ。

東大卒・経済産業省・日本維新の会から衆議院議員、しかも28歳という若さでの当選。順風満帆の人生だった。それが、2019年の国後島訪問時の失言?により維新を除名。議員生命の生き残りをかけた苦肉の策でのN国党入り。

もっとみる
嬉しいです。
1

『半沢直樹』と永田町の話

毎週日曜の夜9時は、TBSドラマ『半沢直樹』を観ている。数年前に池井戸潤の原作を読み、Amazonプライムの有料コンテンツでシーズン1のドラマを見て以来、続編のドラマ化をずっと楽しみにしてきた。クセの強い裏切り者達や半沢の強烈な『倍返し』に、話の展開を知っていてもつい引き込まれてしまう。個人的には特に、顔圧強めな上役たちが毎回見せる迫力ある表情を楽しみにしている。

さて、そんな『半沢直樹』ファン

もっとみる

ポスト安倍の政局談義

珍しく政局談義なんぞを。最近は安倍晋三首相に、吐血説や健康不安説が流れている。そんな中、二階俊博幹事長の独壇場。以下は政界の事情通の見解。果たしてポスト安倍の政局の行方はいかに? 
①某ジャーナリストの見かた
・官邸官僚「コネクテッドルーム」事件など緩みが目立つ安倍政権。安倍首相は外交がモチベーションで、内政は丸投げ。実権は官邸官僚・今井尚哉と二階・菅ラインが確立。ほぼ一カ月半引きこもっていた安倍

もっとみる
スキありがとうございます。頑張って書きました。
4