信じる子育て

信じる子育て

 モンテッソーリ教育というのを聞いたことがある人は多いのでは無いかと思います。特に注目されるようになったのはやはり藤井聡太棋士の影響が大きいのかな。 この本はそのモンテッソーリ教師の資格を持つあきえさんがその理論に沿って子育てをしていく上での様々なアドバイスをまとめた本です。彼女はvoicyでも情報を発信しているのでそれを聞いても良いのですが、やはりこのようにまとまった形で実践的なアドバイスが読めるのは有難いことだと思います。彼女は保育士として働き始め、自分の理想とする現場

スキ
1
【書籍レビュー】ジョブ理論

【書籍レビュー】ジョブ理論

様々なおすすめ書籍ランキングで見かけていた本書「ジョブ理論」ですが、なかなか手を出せずにいた。*特に理由はない そんな中、先月やっと手に取る機会があり、読み終えた後の興奮が冷めないうちに、是非皆さんに感想をお届けしたい。 まず本書をわかりやすく図解されていた、ピクルス / マーケターのバディさんのツイートを引用。 体系的に本書を解説されており、まずは上記で内容を理解→本書を読み進めると効率的かと。 本書の感想本書では「どんなジョブを片付けたくて、あなたはそのプロダクト

【書籍レビュー】THINK BETTER うまくいっている人の考え方

【書籍レビュー】THINK BETTER うまくいっている人の考え方

書店で思わず手にとってしまった本書。 「THINK BETTER うまくいっている人の考え方」というキャッチーなタイトルにも惹かれ購入。 「①自分を好きになる」「②よりよい考え方を学ぶ」という2軸で、自尊心の本質的思考について「うまくいく100の考え方」として紐解かれている。 自身のライフステージにより、本書の受け取り方が変わると思われ、何度も再読したい1冊。 以下は本書のメモ。 「もし〜〜すれば、〜〜なんだけどな」。このような願望は、今の自分でもいいのだという考え

スキ
2
【書籍レビュー】幸運は大胆な人が好き 私らしい夢の見つけ方・育て方 FORTUNE FAVORS THE BOLD

【書籍レビュー】幸運は大胆な人が好き 私らしい夢の見つけ方・育て方 FORTUNE FAVORS THE BOLD

私らしい夢の見つけ方・育て方 FORTUNE FAVORS THE BOLD 私が好きなユーチューバーさんのmikuさんが初めて出版された書籍。 2021年9月に出版されたタイミングで即購入。 「幸運は大胆な人が好き」というタイトルを見るだけで妙に高揚する。 mikuさんのこれまでの経験から紐解く人生観を垣間見れて、参考になる点も多い。 先人達の教訓を1500円で深く理解できるのが書籍の魅力であり、私としてはどんどん取り入れたい。 ここからは個人的にぐっときた文を3箇

スキ
1
【書籍レビュー】超加速経済アフリカ: LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図

【書籍レビュー】超加速経済アフリカ: LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図

タイトルとカバーに惹かれ即買いした一冊。 「超加速経済アフリカ: LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図」 冒頭にあるように、私がイメージしていたアフリカと現実のアフリカの発展は多くかけ離れている。 いまの日本の立ち位置とアフリカの立ち位置を俯瞰的に理解しつつ、アフリカは「10年前のインドとそっくり」という冒頭の1文は本書を読み進めるにつれてよく理解できる。 法律や規制等を含め、既存のルールを定めている最中だからこそ、取り組める新しいビジネスの形。 特にチャージ

スキ
1
会計思考を身につける際に使用した書籍3選

会計思考を身につける際に使用した書籍3選

「会計」 米国ではAccountingと言われる学問であり、私も学生時代は苦労した教科。 当時のクラスでは、なんとか授業をパスする為の勉強が精一杯だったが、マーケの実務をこなすうちに、会計思考の重要性に気が付く。 何事も最終的には「決算書」に数字として反映されるので、そのロジックを知っておいて損はないし、有利になるとも思い、2ヶ月間学習。 本日はその際に使用した3冊の書籍をご紹介。 *あくまでも初学者の私の観点である点はご容赦ください 私としてはポジションの違う3冊だ

2021年7月 読書の記録

2021年7月 読書の記録

2009年にバンコクの広告会社での編集・ライター職から離れたあとも、
私はライターとして時々書き物をしています。 でも、twitterのフォロワーは10人とかだし、noteの記事likeも一桁…。 このままでは、あかんと思って、7月は文章力の本を読むことにしました。 これを手に取る人のほとんどは、(私のように)手っ取り早くバズらせたいと考えている短絡的な人間かもしれないですが… 文章を通して、何を実現したいのか と言う大きなスケールの話から 女性(男性)目線の文章とは?

スキ
7
#280 仕事を面白くする"チームで働くスキル"〜勝手に書籍レビュー〜

#280 仕事を面白くする"チームで働くスキル"〜勝手に書籍レビュー〜

今日は、私が最近読んで刺さった本を勝手にレビューしてシェアさせていただきたいと思います。 個人の感想を徒然にですけれども、「へえ」っていう感じで聴いていただけると嬉しいです。 中原淳氏の『チームワーキング ケースとデータで学ぶ「最強チーム」のつくり方』 中原淳さんの「チームワーキング」という本になります。 共著で田中聡さん、タイトルに【ケースとデータで学ぶ「最強チーム」のつくり方】、タイトルが「チームワーキング」。 私は、この中原淳さんが大好きなんですよ。 主に組織開発だと

スキ
6
「天才の根源」(東海オンエアてつやさん著)は新しい世界観を知れる本【書籍レビュー】

「天才の根源」(東海オンエアてつやさん著)は新しい世界観を知れる本【書籍レビュー】

ふらっとKindleを見ていると「天才の根源」なる書籍が目に止まりました。 「タイトルからしてなんか面白そうだなー」と思っていたら、なんとあの東海オンエアのてつやさんが初めて出した本だそうで。 「これは読んでみるしかないやろ・・・!!」 と思ったので、早速手にとって読んでみました。今回はそのレビューをしていきます。 ちなみに今はKindle Unlimitedの人は無料で読めるので、入っている人は読んだほうがいいですよ。 結論、自分が生きている世界を広げてくれる本だ

スキ
42
萩尾望都 一度きりの大泉の話を読んで

萩尾望都 一度きりの大泉の話を読んで

誤解を恐れず一言で言ったら「天才に嫉妬した秀才?」 もちろん竹宮さんの実力を周知した上での話です。風と木の詩も全部読みました。 私もジャンルは違いますが、クリエーターの端くれなので、嫉妬というのは良くわかります。嫉妬もされて嫌がらせされたこともあります。 でも往々にして嫉妬された方は自分の何が凄いかなんて凄いかなんて分からない事が多いです。若いうちは自分のことなんか客観的に見れないことがほとんどだし、締め切りに追われて日がな一日中アイデアを練ったり書いたりしてるわけですから、

スキ
2