時間の流れ

小説『灯火』⑧-1

⑧この灯火を絶やさない

 あ、ひぐらしが鳴いてる。

 気づいたときには、職場のカレンダーも九月になっていた。目の前の一日一日に夢中になっていると、「一週間なんてあっという間」と毎週同じ感想を口にしている。

「谷口さん、最近よく声が出るようになったわね」

 主任から先日、お褒めの言葉をいただいた。自分でも何となく実感していただっただけに、嬉しさで顔をほころぶ。

 仕事に慣れてきたとはいえ、

もっとみる
わたしもスキ、です☆
5

猫のーと

この猫一枚目の裏表紙は、ジブリ「耳をすませば」の太っちょ猫に似てる?

広がる空も、畳の感じも、猫のいる絶妙な位置もなんだか最高なこの絵。もちろん色も好きすぎる。

猫は何を見て何を考えているのかな。

目まぐるしく変化する世界で、時がゆっくり流れる。

こんなノートに何を書こう♬

これからも、このnoteに何を書こう🎶

未来がわからないって、素敵なことだ。

もっとみる
ありがとう〜(o^∇^o)ノよかったらまた、たまに来て下さいね♪
2

今にフォーカスする。

実家帰省から戻ってきて一週間。
未だ抜け殻状態(苦笑)

日々のことはしてるけど、
積極的に前に進むことはすべて保留中。

気温の振れ幅が大きいことを言い訳にしてたけど、
わたしの身体がついていけないだけ。

そういうお年頃、なんだな(苦笑)

時間の流れが関わることは、
抗っても無駄に消耗するだけ。

こんなときも、あるあるー。
自分を無理に動かしたり止めたりもせず。

だから、今を心地よく過ご

もっとみる
❤ありがとうございます。独り善がりな独り言ですが、嬉しいです。
1

いい流れが来ているとはどういう意味?【斎藤一人】

「いい流れ」という言葉を耳にすることがあると思いますが、これって具体的に何を示しているのでしょうか。

おそらく、明確な答えは無いけど、何となく雰囲気がそういう感じだったり、流れが自分に向いてきてるような気がするということですよね。

結局のところ、「気持ちの問題」といえばそれだけのことなのかもしれません。

しかし、気の流れという漠然としたものに、多くの人が期待をしたり不安を感じているということ

もっとみる

2019年7月20日 土曜 曇り時々雨

☁︎Let it go と Let it beの違いを調べた。学部の時、『アナと雪の女王』の吹替版と英語版の両方を観たら、友達と“Let it go”と“ありのまま”の違いを議論していた。今になって調べたら、やっぱり当時の自分の感覚があっていた。自分を縛っているものを手放して、自由になれ!

☁︎引き出しの中身を整理した。断捨離!

☁︎洋服を自分のサイズに直した。針仕事をしていると落ち着く。

もっとみる

その経験談や経験に基づく批評、大事なこと抜けてません?

人には歴史がある、間違いなく。
他人と同じようなことを辿っていたとしてもそれは個人だけのもので、まったく同じなんてことはない。

そんな経験は間違いなく武器であって、それを活かしていくこと。これも間違いのないこと。いろんな経験している人は強い。でも、ある特定の場面でいえば自分で経験した時と今じゃ時代も変わっているよってことは言える。例えそれが3,4年くらいの期間でもきっと違う。

自分でもこれまで

もっとみる

仕事の上での時間の流れの速度と感じ方

仕事の上での時間の流れの速度が違う事がよくある。

「今週あっという間だったな」「えっまだ○曜日?」

どちらもある。

実はここ1ヶ月ほどでどちらも味わっている。

そこで「なんでこんなにも違うんだろう…?」というずっと思っていた疑問を解決できるんじゃないかと思い、ここ最近の事を振り返っていた。

突き当たった個人的に感じた答えとして、「気の持ちよう」「ビジョンの見え方」「実感の感じ方」という3

もっとみる

バッサリとしたい

おはようございます。ひろりんです。

今日はなんか少し天気が良さそうだぞ?(まだ外出てない)

完徹状態でも、仕事中に眠くなるなんてことは、ここ10年ぐらいの間、ほとんどなかったんですけど、昨日は、体がだるくて、眠気も満載で、違和感だらけでした。

そろそろ、髪を切りに行きたいかな。

なんなら、バッサリと。そう、バッサリと。

髪をバッサリと切って、気分も区切ることができる状態にしたい。

もっとみる
Thank You!(`・ω・´)
6

「死」とつながってしまった瞬間

ぼくが物心ついたとき、親は38歳だった。それは遠いむかしの記憶だけど、たしかに覚えている。

「ぼくのお母さん(お父さん)は、38歳なんだよ」
ひとが知らないことを教えるのがうれしかったのか、幼稚園の先生や近所のおばさんたちによく言っていたのを覚えている。(母は苦笑いしていたが……。)

昨年、ぼくは38歳になった。
そして、38歳だった親は72歳になった。

子どもにとって、親はものすごく大人に

もっとみる
ありがとうございます!
3

時間は未来からやってくる?

先日、大学時代の友達と会った時に、「時間は未来から過去に向かって流れている」という話を聞いた。

「私はまだそれを100%は理解できてないんだけどね、」とその子は言った。

人は過去・現在・未来の順番で時が流れていると思い込んでいる。だからみんな過去の経験から未来の選択をしがち。だけど本当は、時間は未来から過去に向かって流れている。過去の経験に基づいて今後の行動を決めるのではなくて、未来の姿を想像

もっとみる
これでまたモチベーションが上がります!
6