旅する日本語

コンテスト

羽田空港×noteで、投稿コンテスト「#旅する日本語」を開催します!「旅する日本語展」で使われている「旅にまつわる美しい日本語」を入れて投稿してください。 もっと詳しく

へつらい

人の世は縁(えにし)と言います。
良い縁もあれば不快な縁もある。
何れであっても
あなたを成長させる縁には違いない。

意図して近づいてくる者
始めは笑顔で心地よい言葉
相手から利益を取ると
次第に変わり始める。

意図には多くの場合
底意にむさぼりの心が潜む
貪る心は満たされない
貪る心は飽きることなく欲する。

貪る心はへつらい来たる
貪りの心はへつらいの心
へつらい近づき貪り尽くす。
最後は

もっとみる
あなたに嬉しいことが起きますよ!
109

ガラスの欠片ように、ふたり漂いながら。

銅板でつくられた大きなシーラカンスや、魚たちが
間接照明の明るさに包まれた店の天と地のあいだを
泳いでいる。

微かなゼンマイの音をたてながら。

「calling you」が店内に響く。

音に身を包んでいると。

海や森のずっと奥深い場所にいるかのように
錯覚してしまう。

路地を抜けて海岸線へ少し近づくたびに
海の匂いも近づいてくる。

そんな神奈川県大磯の砂浜を歩いていた道すがら。

魚屋

もっとみる
あしたもスキされたいな💕
130

東京、午前3時

ー どこに向かってるの? ー

午前3時、赤坂から上野に向かって歩いている。

もう?いや、まだ電車は動いていない。

こんな時間に仕事が終わるのもよくある事だ。

国会議事堂や東京ドームも通り過ぎた。

今、ここはどこで、何という交差点なんだろう。

ー どこに向かってるの? ー

東京は深夜でもそれなりに明るい。

だけど、都心のオフィス街は深夜になると、まるで誰も住んでいないかのように、人が

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
89

灯台の光が、ふいに心にともされたような。

もこもこのマフラーと手袋の温かさを頼りに

駅の改札を抜けて、階段を足早に駆け上がる。

はじめて降り立った駅、東京、神楽坂。

すれ違う人達が華やいでいた。

1月11日、成人式の日。

わたしは灯台の写真展を観に行くために。

彼らの晴れ着の合間をすり抜けるように急いでいた。

隠れ家のようなギャラリーの中を外の風が不意に

駆け抜ける。

ちいさな無人島にゆったりと建つ水の子島灯台。

明治

もっとみる
あしたもスキされたいな💕
89

月の音

静寂を手放したくない。

場に音は居る。

目を瞑って血の流れを聴く。

背筋を伸ばせば己体の管弦楽団が騒ぐ。

声や歌や音楽や話。

その波は嵐。

吐息はそっと、もっとそっと。

目だけで会話。

いや、目も閉じて。

一緒に閉じて月の音に心を澄まそ。

ね。

二人して土の叫びを皮膚で触ろ。

黄いろい音や白い味。

風の色は不思議と暖かかったよ。

雨粒の数やリズムはいらない。

雨をぼん

もっとみる
ありがとうございます!FUCKIN' RELAXATION!!
67

袖摺れのキミ

キミとなら

袖引き合うも

袖摺れも

永遠(とわ)の

結び



胸に

こぼるる

photo&words by なおみ

「袖摺れ」(そですれ)・・・袖がふれあうほどの近い関係。
「袖を引く」・・・他の人に気づかれないように誘ったり、注意を与えたりすること。

もっとみる
ありがとうございます‼めっちゃ励みになります💓
77

催花雨の再会

夢うつつ 

催花雨(さいかう)の

夜(よ)の

再会に 

にじむ

ネオンの 

東京ナイト

photo & words by なおみ

「催花雨」(さいかう)・・・春、花の咲くのを促すように降る雨。

もっとみる
私も好きです (*^^*)とってもうれしいです💓
71

帰る場所

何度も新人賞に落ち、30代に入ってとうとう地元のサラリーマンになった僕とは違って、あいつは10代にしてデビューして東京に行き、20代に入るとヒット作をいくつも生み出した。

地位も名誉も手に入れたあいつがなぜ自殺という道を選んだのかは、誰にもわからないという。葬儀にはたくさんの人々が参列していた。報道陣も詰めかけていたが、ただの昔の知り合いでしかない僕がインタビューされることはなかった。

人の多

もっとみる
スチームサウナにはきっと「もうひとつの世界」があると信じている
57

セイヨウカボチャがヨーロッパ初上陸

日本で作出された栗カボチャがドイツでHokkaidoカボチャとして人気である、という話がツイッター上でされていた。ドイツのシュツットガルト在住の古嵜さんという方が、ドイツへの導入時にそうブランディングしたようだ。

Hokkaido Kürbisはそれまで欧州で主流だったカボチャ品種と異なり、

核家族向けサイズ ← 5 kgほどもある
皮まで食べられる ← 皮を剥く必要がある
甘くてホクホク  

もっとみる

旅する日本語展2020

己の自己満足の為に「旅する日本語展2020」に投稿した記事をまとめます。
あと、ついでに最近考えた替え歌も。
いやいや、いやん💖満足満足。
己の脳みそめちゃめちゃ使った感ありますわ。
非常〜に楽しかったです!

【旅する日本語展2020】

テーマ「喉鼓」

テーマ「寧静」

テーマ「袖摺れ」

テーマ「已己巳己」

テーマ「萌芽」

因みに、去年も5つの記事をコンテストにぶっ込みました!

もっとみる
心を燃やせ💖
56