教科横断

【動画あり】第7回問い立てスクール「教科横断型授業」~俳句・短歌・川柳をよもう~

オープニング ~教科横断型授業とは~

問い立てラボ代表の山﨑の持論だが,学校の授業に大きく足りないものがあります。それは学んだことを使う場面です。経済産業省の未来の教室ではこのような図を使っています。

第17回問い立てラボで浅野大介氏が言われていたのは,経産省では「創る⇄知る」の授業が「主体的・対話的・深い学び」になる。つまり,教科横断型授業をしたいのではないくて,知れば創りたくなる,創ろうと

もっとみる
記事の励みになります。ありがとうございます。
2

「総合」の小学校と中学校の違い。その3

中学校において総合的な学習の時間の指導にあたるのは、各教科の教師である。担任であったとしても専門性に依存した学習指導をしている。「総合解説」では教科等の関連を明らかにする方法として、「総合的な学習の時間と各教科等の単元を関連付けた年間指導計画(単元配列表)(以下、年間指導計画)」を作成する方法を紹介している。

中学校では教科会や学年会が一般的な会議として設定される。教科会は、同じ教科免許をもった

もっとみる

【雑感】図書館のシアワセと勉強の目的

自慢です。本校の図書館は蔵書6万冊を超えます。昔、OBの寄附で建てられたらしい。

別棟ではないのに図書館と呼ぶあたりで大きさを理解してもらえるかと。

雑誌や一般書も充実していますが、全集や研究書の蔵書もすごい。和本や古本は買えないのですが、数年前お願いして校長決済で国訳漢文大成をどかんと買ってもらった時は興奮しました。高校生は絶対読まないけど笑

休校・分散登校中は、図書館を独り占めして使える

もっとみる
励みになります、ありがとうございます!
10

【国語】本の帯を作ろう

4歳の息子が晩ご飯を残すので、しっかり食べるように諭した結果、口論になり、顔を引っ掻かれるという惨事に。

自分ルールを曲げたくないらしい。

要するに、頑固でわがままなだけなのだが、いったい誰に似たのか…

さて、僕の実家は、図書館まで徒歩3分のところにあったり親が常に図書館で借りた本をそっと置いておいてくれたりという環境でした。

小さな頃から当たり前に本に囲まれていたというのは本当にありがた

もっとみる
励みになります、ありがとうございます!
10

教壇に立ったその日から㉚ マルチな専門家とカリキュラム【note限定記事】

珍しく日中帯に活動しています。いつも夜型なので、時間を有効に利用できていいなあと思いました。これから早起き、がんばろうっと。どうも星野です。
今回のテーマは「マルチな専門家とカリキュラムマネジメント」、というなんだかよくわからない話なのですが、お付き合い頂ければと。
1日1本プロジェクト進行中。いいなと思って頂けたらサポートをお願い致します。minneの商品を買ってくださっても……いいんですよ……

もっとみる
励みになります。
5

教壇に立ったその日から㉖ 教科横断について【note限定記事】

今日は3時間前に執筆を始めました。計画性の萌芽を自分で褒めて伸ばしています。インスタント袋麺が食べたい(某番組を観ています)。
お腹が空いたからホットミルクでお腹を満たしています。どうも星野です。
今回も2本書きたいものがあるので連投になります。ご容赦ください。1日1本プロジェクト進行中。いいなと思って頂けたらサポートをお願いします。

お題のふたつめは「教科横断型授業」。数学と国語、社会と理科な

もっとみる
ご感想等もお待ちしております。
3

35人学級でも個別の学びを個々の進度で行う方法(3)新聞ーブログを使ったOutput

中学校卒業時点での学力はもちろん学校によっていろいろですが、差があるのは当たり前。では、みんなができるようにするにはどうすればいいのでしょうか。今日は、クラスの平均が英検二級程度の中上位のクラスでの実践についてのお話しです。ただ、題材やペースを変えればどのレベルでも可能です。

最後に、実際のブログを二つ載せたので、是非読んで感想聞かせてくださいね!

ポイントは5つ

授業をデザインする時、気を

もっとみる
ありがとう💓💓💓
21

「4技能」や「教科」にとらわれない、大人の英語学習のこと

School systems should base their curriculum not on the idea of separate subjects, but on the much more fertile idea of disciplines.

TED でも有名なケン・ロビンソンの言葉です。教科をバラバラにとらえるのではなく、学問全般に目を向けよう。その方がずっと実りが多いよ、

もっとみる
Glad you like it!
2

私的考察「子どもたちの安全のために数学教師ができること」

子どもたちが巻き込まれる事件・事故・災害は後を絶たない。

 発生件数を全くの0とすることが難しくとも,限りなく0にすることを目指していく必要がある。この目標に向かうためのアプローチは,様々な角度から行うことができるだろう。例えば「事件・事故のない街づくり」をテーマにしただけでも,行政,交通,治安…あらゆる職種・分野から検討することができる。私的考察では,数学教師という独自の視点から自然災害に焦点

もっとみる
ご覧頂きありがとうございました。
4

”さくらの森”再生プロジェクト ーきっかけの話ー

はじめまして、東京都公立小学校で図画工作専科教員をしている山内佑輔です。勤務校では4〜6年生の図画工作を教えている”図工の先生”です。

本校は2019年11月に学校行事”展覧会”(作品展)を開催します。この行事をつくるのも”図工の先生”の仕事。作品を飾るだけで終わってしまわないように、今までも工夫を重ねてきました。”展覧会のための作品作り、そのための授業”はしたくありません。今までの学びが繋がり

もっとみる
ありがとうございます!
13