ONE TEAM

2019年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10が発表された。

 年間大賞はラグビーワールドカップ日本代表の

「ONE TEAM」

その他は、

 「計画運休」

 「軽減税率」

 「スマイリングシンデレラ/しぶこ」

 「タピル」

 「#KuToo」

 「免許返納」

 「闇営業」

 「令和」

 であった。

 特別賞は

「後悔などあろうはずがありません」

 だそう。

 正

もっとみる

やらない後悔より、やってみる方が心が安定する

どもヤコブです。

よく、やらない後悔よりやる後悔と言います。

僕はこの言葉に完全同意していて、いつもこれを意識して行動しています。

例えば、FX。

ネットでは、「信用取引は危険だよ」とか稼げないからやめときな!とかいう声があります。

正しいアドバイスだとは思うんですけど、自分でやって本当かどうか確認してみたいんです。

借りにそれで大損こいたとしてもね。

やってみた先に爆益があるのかも

もっとみる
明日もヤコブをよろしく!
1

大切な人や物を失った。その理由と諦めの正体

自分の力及ばずに、
大切な人を失った。

自分の力が足りずに、
大切なものを失った。

あなたにも、そんな経験は
なかったでしょうか…?

私は、何度も経験しました。

助けてあげられなくて、
悔しい想いをしたこと。

自分のメッセージが伝わらず、
結局その人が予想通りの
不幸な結末を迎えたこと。

自分の力不足で、
人が離れていったこと。

そんな経験を今になって
振り返ってみて思うのは…

もっとみる

誰かの言葉に育てられ 【愛とは時に熱意】

そこに、愛はあるんか?

というCMがやっていたかと思います。
いまもやっていますか?
うちにはテレビが無いのでなんとも言えないのですが…

.
.
.

昔、というほど昔でもないですが、
4年前くらいでしょうか。

ひとつの仕事が終わるときに、

愛はある?

と訊かれました。

.
.
.

とんでもなく慌ただしい現場の終わりかけ。

ワンテンポ置いて、

あります

と応えました。

今でも

もっとみる
ありがとうございます!
5

やりたいことをやらない人生ってもったいない

おっす。俺だ。ミニマリストまーちょんだ。

今回はやりたいことをやらない人生ってもったいないと話します

私はミニマリストとして色々なものを捨ててきました

目に見えるものや見えないもの両方です

100を超える衣類や使わないテキスト

ストレスや無駄な時間など

なぜ手放しているのか?

それは人生を楽しみたいからです

楽しまないで苦労し続けたり、嫌なことをやり続ける人生はもったいないです

もっとみる
コメントもしてくれると嬉しいです^^
5

人生は失敗だらけで後悔だらけ

人生は失敗だらけで後悔だらけ。

あの時こうしておけば!

もっとこう行動しておけばよかった!

あの時、もっともっともっと・・・・・・

後悔先に立たず、とはよく言ったものですね。

私も借金や人間関係に失敗して後悔し続けていました。

でも後悔ばかりってもったいなくないですか?

あの時こうすればよかった!

今からでも遅くはないよ! やろうよ!

もっとこう行動すればよかった!

じゃあ今か

もっとみる

たしかに「うまくいってるときこそ変化を求める」のは理にかなってます。私みたいにズタボロの状態で変化を求めるとさらにズタボロになる可能性もあり、なかなかしんどい(笑)。でも、うまくいき始めたら確実に美談になりますね🐹✨ 踏ん張るときは踏ん張らないとね🐹✨

プロテインは最強の間食である
15

環境のせいにしたくなる気持ちはわかります、私も会社にすべてを狂わされたと思ってます、ふと思ってしまいます。あいつらさえいなかったらと。ですが、さっさと辞めなかった自分も悪いとも思ってます。自分の意気地のなさを痛感してます。だから「選択しなかった後悔」はしないで下さい。

プロテインは最強の間食である
13

映像の向こう側の自分へ。

先日のミカジロウさんの記事。私も同じような出来事で胸を痛めていて、
しかも、自分への戒めと決意のためにもnoteに書こうと思っていた内容だったので
彼女のnoteを読みながら涙が止まりませんでした。

年子を育てた経験のあるお母さん、それだけでなく、2人以上の子育て経験のあるお母さん達なら、一度は味わったことのある気持ちなのかもしれません。

2歳の長男自身を「かわいいね」と私たちが抱きしめて

もっとみる
またのお越しをお待ちしてます✨
25

昔の自分を恨んだ話

歯医者が好きではない。

まぁ好きな人はあまりいないとは思うが。

中学のとき、近くの歯医者に行っていたのだが、そこでの悪いイメージが強すぎた。結構なおじいさんの先生で、治療のときはだいたい鼻歌を歌っていた。

一度、奥歯に麻酔を打ったことがあったのだが、そのときの痛みたるやものすごかった。一瞬「あ、これ貫通したわ」と思ったほどだ。

そのため「歯医者=痛い」というイメージが強く根付いてしまった。

もっとみる
ありがとうございます!
4