心理カウンセリング序説 (’09) 第14回 死(放送大学)

テーマは「死」
「性」や「力・権力」が、人間にとって、そして、「カウンセリング」にとって、最重要なテーマであるのとまったく同様に、「死」というものもまた、人間にとって、カウンセリングにとって、最重要テーマのひとつと言えよう。フロイトもユングも「死」と集中的に取り組んできたし、そして、カウンセリングの実際においても、「死」は常に私たち人間が「向き合う」ことを要請する。(シラバスより引用)

【キーワ

もっとみる

葬送の技法

宵闇でグラスに注いだコーヒーに目が馴れて、僕は煙草の火に眩む。

夕日の様な残像に彼の事を思い出す。

居ないと知ってしばらく、僕の指先は彼を覚えていた。呼吸、肉厚な皮膚、遠い背骨。何一つ欠けていない感覚はリアリティを伴い、現実から乖離している。

あいつは自分では何も提案しない自我薄野郎ですよ。誰もが知る物語のヒーローを彼はそう言って切って棄てた。

死という鋳型にピタと嵌まっていた彼が自由に宙

もっとみる

曼珠沙華にありがとう 道に咲いた彼岸花

道路横の土地に、花が咲いていたよ 華

おやじさんは、コンビニまで歩いて行きました。

ガス料金の支払です。

マスクを忘れたことを、途中で思い出します。

あぁ~、めんどくさいしー。

ごめんなさい。

そのまま、コンビニ入ってゆきました。

そそくさと、コンビニ払いを終えて

店外でました。

今日は良い天気だなぁー

お昼前だったです。

途中道路から一段上がったところに、

誰かの土地の中

もっとみる
励みになります。有難うございます。

9/26/2020 母の一周忌

2020年 9月22日は父の4回忌だった。
そして、4日後の9月26日は母の一周忌。

9月20日から1週間、力が出ない日々を過ごした。
雨が続き、部屋の中も外もいつもグレーに曇っていた。
寒いような、蒸し暑いような、はっきりしない空気が重かった。
体が重く、自分がべたべた歩いているのがわかった。

座り、眠ることで何とかこの連日の雨を過ごした。
書かなかった。いや、書けなかった。
母が亡くなった

もっとみる
ありがとうございます!またお会いしましょう。
14

2020年9月21日 これと言って欲しいものはない

秋の彼岸である。
空はからりと晴れ上がり、風は爽やかだ。朝、庭に出てみたらトンボの群れが飛んでいた。せっかくの休みだが、どこにも出掛ける予定はない。

差し迫ってやるべき事もないので、ラジオを聴きながらシャツにアイロンをかける。
番組の合間に交通情報が流れる。ひどい渋滞はないようだ。去年とは違う。小仏トンネルも小田原厚木道路も上河内サービスエリアも平穏無事みたいだ。

昼は冷やし中華を作って食べる

もっとみる
ありがとう
1

秋彼岸について

秋を強く感じる季節になってきました。
もう過ぎたけど、よく寒くなって意識するのは「彼岸」についてです。
彼岸の入り、秋彼岸は先週でしたね。皆さま仏花を購入しお墓参りに行かれたことでしょう。
その秋彼岸についてなんだけど、、、自分もあんまわからんコピペします。笑

彼岸とは名の通り「岸の向こう」を意味し、悟りの世界のことをいいます。

浄土系の信仰では人は死後、阿弥陀如来の導きにより彼岸に渡る事が出

もっとみる
スキありがとうございます。

彼岸花

彼岸花咲いていました。
近くの土手沿いに少しだけ。

彼岸花、いつもは彼岸に満開です。
今年の彼岸花は、彼岸を過ぎたのかも。

お彼岸です。お墓参りしました。密を避けて。静かなお墓参り。

新しい生活習慣になって、色々変わりました。
静かなお墓参りは、良い発見になりました。

上の森 シハ|Uenomori Shihaさん、 みんなのフォトギャラリーから写真を使わせて頂きありがとうございます。

もっとみる
最近のお気に入りです。
4

お彼岸に実践する6つのこと

お彼岸とは

秋分の日も過ぎ、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように
これから冬に向かって涼しくなっていきますね。

秋分の日・春分の日には太陽が
真東に上り、真西に沈みます。

この年に2回の昼と夜の長さがが同じ時間になる時、
日本古来からの太陽信仰では
特別な日としていましたし、
種蒔きや稲刈りの時期の目安にもされていました。

そこに仏教が伝来し、西の果てには極楽浄土があり、
いつかあの世に

もっとみる