12歳から知っている同級生が、40代になってから実家に戻り引きこもり。
随分前一時帰国のときお土産を持って会いに行った。ネガティブ思考が凄い。日本が、田舎が、人の眼がツライから暖かい南国にでもいって楽をしたいと。住めるかなそっちに私?と言う。南国=楽チンは?だけど、自分次第だよ。

嬉しい😄
5

#9.理由なんてくだらない

こんばんは。minaです。

また男の話かよ。お前男の話しかしないじゃん。いつかそう言われそうで笑えてきます。既に思われてるのかな。笑、思えば私は今まで男の子の話しかしていません。男好きなんですね。笑

まぁそんなことはどうでも良いのです。

私は男好きなのも確かですし、男の子と遊んだりするの楽しいです。女の子でいて良いんだ!って思うから。かわいいって憧れられる女の子へのヤキモチですね。いつも私は

もっとみる
くだらない話、聞いてくれてありがと🤍
3

A

私には幼馴染がいる。実家の隣に住んでいる、同い年の女性「A」だ。

Aとの初対面は覚えていない。気付いたら毎日朝からお昼ご飯を挟んで、午後も夕方5時まで遊んでいた。
私は幼稚園の年少に当たる年をAと過ごしたので、3歳より早い時期に会っている事になる。

いつ、どのようにして覚えたのか。ファーストキスはAとだった。

もっとみる

未来の自分から今の自分へ

一瞬、ほんの一瞬。深い眠りについていた。ビクッと体を震わせながら静かに目を開くと、とても居心地の良い腕の中に包まれながら、頭を撫でられていた。私には彼氏がいない。元彼と別れてからもう2年が過ぎた。今隣にいるのは永遠の片想いの幼馴染だ。よくないなあと思いながら、離れることができずに今のこうして一緒にいる。

昔は好きという感情がわからなかった。だけど幼馴染に彼女ができるたびに嫉妬して、モヤモヤして、

もっとみる

アイドルになろうと無計画に渡韓する女性を止める幼馴染(短編脚本『練習生になるための練習』)

ラジオドラマ 『練習生になるための練習』 作:村佐木楓午

(執筆時期:2020年11月)

・あらすじ

幼馴染のリホに呼び出されたシュンが公園に赴くと、彼女は突如アイドルになるべく韓国へ旅立つと言い出す。何もかも未経験でただのK-POPファンであった彼女の計画に彼は当然反対するが…。

・人物
リホとシュン…幼馴染の大学生

・本文

   スーツケースを引きずる音(公園)

リホ「シュン」

もっとみる
嬉しいし嬉しいです。
17

五十音小説「お」

「おー!こっちこっち!
お前の旦那もう来てんぞー。」

同窓会で久しぶりに
みんなに会えたと思った途端これだ。

懐かしいなと思いつつ
昔のように笑いたいけど顔が引き攣る。

旦那と呼ばれた幼馴染は

私の長年の想い人。

はじめの頃は
幼馴染という立場が嬉しかったけれど

告白を先延ばしにすればするほど
幼馴染の立場が辛くなってきて

そろそろ限界。

学生の頃から変わらず今も
2人で遊ぶ仲だけ

もっとみる
貴方にとって素敵な時間となりますように。
2

その友人悪童につき

今日は何となく友人の1人について書こうと思う。
多分思いつきで今後も友人について触れる。

今日の友人は一言で言えば悪童である。
同い年なのでもう童という歳ではない。
しかしその友人を語るには悪童と表す他ない。

恐らくお互い自分たちの関係を友人や幼馴染ではなく
悪友、悪ガキだと思っている。

その悪童はおそらく私と一番価値観が近い。
金銭感覚、時間感覚、歩ける距離感覚、ノリ、勢いお互いへの認識。

もっとみる
ラーメンはいいぞ
2

【優しい歳上幼馴染のドS耳責め】

【設定】

お話に出てくる2人は幼馴染。

男の子が24歳。(主人公)
女の子が18歳。

お付き合いしてる訳ではないけど
昔から大好きな幼馴染のお兄ちゃんが女と
いるのを目撃してから気が気じゃなくなって…

お兄ちゃんの気を何とか引きたい女の子は
手の限りをつくすがお兄ちゃんのがやっぱり
1枚上手(うわて)で…

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

(わりと土砂降りな雨のSEください

もっとみる
キュンです💛
8

すもも

 昨日、ふと思い出した小学5年生の頃の話をする。

 水曜日は全学年同じ時間に地区ごとに分けられた班で帰るという習慣があった。それ以外は同学年の地区ごとで帰っていた。私の地区の同級生は男2(自分含む)、女1だった。

 低学年の時はもう一人の男(以下K君)と女が手を組み嫌がらせをされていた。

 高学年になると自然とそれはなくなり、反対に女が孤立していった。でも帰る時はある程度距離はあるものの一緒

もっとみる
感謝感激雨あられ