小沼竜太

『伝え方は「順番」がすべて』(小沼竜太)

『伝え方は「順番」がすべて』(小沼竜太)

「ブランドは、消費者のマインドの中にある。」 だから、誰かに何かの価値を伝えることは、 相手の価値観に働き掛けることなのだ。 ブランドの存在感を誇示することや、 自分の価値感を押し付けることでは、 何も伝えられない。 伝えるということは、 固めて、積み上げて、塑造するというよりも、 彫り進めていく、彫刻のようなものかもしれない。 モノが抱える背景、取り巻く環境。 まずは、それを理解しなければならない。 そして、理想とするブランドを相手の中に創造していくのだ。 一度働

1
雪の中でのブックミーツ、18冊。

雪の中でのブックミーツ、18冊。

見えますかあ〜 「音声UX」 #安藤幸生とか、延べ5館 巡って18冊。 雪の中行ってきました、 ブックダンシング。 今回も背の高い順に並べて、 ブックミーツ! #スケッチアンドフィニッシュ #音声ux #コデザイン #世界は幾何学で作られている #逍遥自在 #埴谷雄高 #田川欣哉 #安藤雅信 #松田行正 #ポジティブ心理学 #阿部広太郎 #コンテンポラリーアーキテクチャー #原田祐馬 #松浦弥太郎 #小沼竜太 #中平卓馬論 #石牟礼道子 うん

1
「おーいお茶」にはなぜ俳句が載っているのか?―”ゲーム宣伝屋”小沼竜太×ニッポン放送・吉田尚記アナウンサー

「おーいお茶」にはなぜ俳句が載っているのか?―”ゲーム宣伝屋”小沼竜太×ニッポン放送・吉田尚記アナウンサー

光文社新書編集部の三宅です。先日、青山ブックセンター主催で、リュウズオフィス小沼竜太さんとニッポン放送アナウンサー吉田尚記さんのトークイベント(ウェビナー)が行われました。お二人の新刊『伝え方は「順番」がすべて』(光文社新書)、『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)の刊行を記念したものです。 お二人はもともと親交がおありで、トークも和気藹々と進みました。最後の質問コーナーも含め、あっという間の1時間半でした。 今回

13