A clever person solves a problem. A wise person avoids it.

「A clever person solves a problem. A wise person avoids it.」

ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。

先送りしている「問題」が、少なからず存在しております。

「解決」できずに、そのままになっていたり、「解決」した筈なのに、同じような問題に直面したり、解決を必要とする「問題」の一つや二つ、誰にでもあるのではないでしょうか。

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
1

イラッときた時の心の整理と対処

今日は「アンガーマネジメント入門」の内容の一部から。

久々にちょっとイラッときてしまったことがあったので、こちらの書籍を読んで自分の心の整理と対処を振り返っていました。

その中で、具体的に相手に対してこうしようかな、と思ったというお話。

●「イラッ」は自分のこだわりや価値観が生んでいる
よく、その人を知るには「何に怒るか」を知ることが近道、ともいわれますよね。

アンガーマネジメントの講習を

もっとみる

柔軟性のある人に

こんばんは。今日は考え事。

桂浜水族館のYouTubeライブで、今日はトドショーを公開していました。2頭のトド(ニコちゃんとなでしこちゃん)にそれぞれ飼育員のトレーナーさんがついて、ショーをする。10分ちょっとでしたが、とても面白かったです。

終わった後に飼育員さんが言っていたことがすごくて。途中でニコちゃんの調子が悪いことに気づいた飼育員さんが、事前に打ち合わせたものから内容を変えていたそう

もっとみる
ありがとうございます!!
3

電車内や人混みで喉がつっかえ息苦しくなる(パニック障害)際の対処法

緊急を要してこの記事を読んでいる方の為に先に要点を書きます。

・舌を口の中で前後左右にペロペロと動かす

これだけです。前後で30回、左右で30回の様に分けて行ってください。喉の緊張がほぐれ、呼吸が楽になります。前後の方がより有効だと思います。

あくまでも私が個人的に見つけた応急処置の様なものなので万人に有効かは全く分かりませんが、私自身の辛い経験から少しでも多くの方の役に立てばと思い書いてお

もっとみる

あなたが怖れているものは何でしょうか? 


例えば「人から嫌われるのが怖い」
「認められないのが怖い」
「負けるのが怖い」など、
私達は様々な怖れを持っています。

ただ、基本的に怖れはあなたが必要だから持っています。

だから怖れ自体は否定する必要がありません。


ただ、必要だから持っているということは、
何らかの目的があります。

例えば、「高圧的な人が怖い」と思うのは、
高圧的な人を避け

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!

感じる不安はウソではありませんが、どうにかなりますよ。

「不安になる」「不安を感じる」

誰でもありますよね、不安を感じて気持ちが落ち込んでしまうなんてこと。

ダンスでも良くあります。

けど、不安は自然と起こるものではないんです。自分が作り出しているんです。

不安になるのも不安を感じるのも、自分がそうさせていると私は考えます。なぜか、そう考えた方が解決しやすいからです。不安を対処可能なものにすることで「安心」を作ることができます。

「不安」を感

もっとみる
励みになります!
3

けいれんの前兆、記録と対応②入院3日目

次女の晶子は、6ヶ月検診で先天性水頭症を診断され、39週1日、帝王切開で産まれました。生後、皮質形成異常、多発性関節拘縮症の診断を受け、52日間NICUにいました。

入院中も3度ほどけいれんがあり、都度お薬が増えていきました。退院時はフェノバール2.5ミリ、白い粉薬を朝晩飲んでいましたが、

3ヶ月のとき、はじめて家で5分以上のけいれんを起こし救急車→その日は帰宅(けいれんが起きなかったので)、

もっとみる
もっとして!

けいれんの前兆、記録と対応①(生後→3ヶ月)

次女の晶子は、6ヶ月検診で先天性水頭症を診断され、39週1日、帝王切開で産まれました。生後、皮質形成異常、多発性関節拘縮症の診断を受け、52日間NICUにいました。

入院中も3度ほどけいれんがあり、都度お薬が増えていきました。退院時はフェノバール2.5ミリ、白い粉薬を朝晩飲んでいましたが、

3ヶ月のとき、はじめて家で5分以上のけいれんを起こし救急車→その日は帰宅(けいれんが起きなかったので)、

もっとみる
ありがとう!私もスキ!

人間が賢くなるのは経験によるものではない。経験に対処する能力に応じて賢くなるのである

「人間が賢くなるのは経験によるものではない。経験に対処する能力に応じて賢くなるのである。」

アイルランドの作家 バーナード・ショーの名言です。

企業の採用情報を見ていると、「経験者優遇」「未経験者歓迎」など、「経験」を求める、文言を目にします。

やはり、「経験」は、人間にとって重要な要素なのだと思わされます。

「年長者に対する敬意」も、色々なことを「経験」してきた実績に対してのものなのかも

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

逕庭

感情の起伏が激しい

自分についていけない

戸惑うばかり

対処できない

同じ心情で

凪のように

穏やかに

そんな毎日

欲しいかと問われれば

言い淀む

結局ないものねだり

一杯の水

感情を

下へ下へ押し流す

自分を保つために

自分を整えるために

自分を見つめるために

幸せです!
2