対話から生まれる学び

 私は普段から人と話す中での学びをとても大切に思っている。
相手が自分と違う意見を持っている時が特に面白くて、その人の信念を聴いていると「なるほど」と思える部分と、ではなぜそれが自分と違うのかと深く考える機会になる。相手の想いや方法に納得すると共に、自分がなぜこういう考え方なのかを改めて知ることが出来るのだ。

 そんなわけで、私は2010年に小学校英語活動指導員の資格を取る時も「小学校では絶対に

もっとみる

読了

 おすすめしていただいた本「新・エリート教育」、数週間かかって読了。世界(主にアメリカ)の先端教育の情報満載だった上に、それが私の目指す教育とほぼ合致。ワクワクが止まらなかった。

 数ページ読む毎に新しいアイデアが浮かんで、それを書き留めたりその想像を広げたりしてまた本に戻る、を繰り返していたから他の本よりもかなり読み終えるのに時間がかかった。でもおかげさまで私のノートには新しいアイデアがいっぱ

もっとみる

緩やかに全てを受け入れる土壌がある:龍津寺の子ども寺子屋

小島・龍津寺(りょうしんじ)の子ども寺子屋に視察兼お手伝いに行ってきました。

一度行ってみたかった子ども寺子屋!

土曜子ども寺子屋(TERAKOYA)
地元小学校と連携して開催しております!
毎月2回開催されている寺子屋は、教育的な知識だけではなく人として「生き方」を学習します。学生さんやボランティアさんにより運営されています

龍津寺に小学校のお子さんたち、幅広い学年の子供たちが集まっていま

もっとみる
ありがとうございます😊
7

97. お寺は昔、地域社会の拠点だった

                  「寺子屋」の絵(Wikipediaより)

 「今お寺があつい!」というテレビ番組の制作にあたる前、女子大生たちは「寺」と聞くと先ず「葬式」を連想した。
 で、寺でのコンサートや演劇、文化講座などを「変わってる」と思ったのだ。が、話を聞くうち、それらが寺の本来の姿の一端なのだと考えるようになった。

 実際、かつて寺は「寺子屋」に象徴されるように地域の教育や文化

もっとみる

ヤンヤンはもんじゃに通ず

もんじゃ外交

もう何年も前に、海外からのゲストと泊まり込みでミーティングをする機会があった。

場所は国内有数の温泉地。

夜になって宴もひと段落したなというとき、海外からのゲストとともに旅館から外へ出て、散策することにした。

昼間は多くの人で賑わう通りも、立ち並ぶ商店のほとんどは閉まっており、街行く人もそれぞれの宿の宿泊客ばかりになっておりまばらであった。

そんななか灯りの灯っていた一軒の

もっとみる
オススメ本は「京大変人講座(三笠書房)」
35

YBS『はみだししゃべくりラジオ キックス』に出演しました!

2021年2月1日、YBS山梨放送のラジオ『はみだししゃべくりラジオ キックス』にて当団体をご紹介いただきました。

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

YBS『はみだししゃべくりラジオ キックス』
↓↓↓↓↓
https://www.ybs.jp/kks/

スキありがとうございます!
3

【学校いらない】寺子屋に学ぶ”本当の自分”を知るぬくもり教育



「あれ・・?もしかして学校って・・・いらないんじゃね?」

コロナショックで自粛ムードが続く中、

もしかしたら、そんなことを君は感じているかもしれない。

小学生たちは、ちょっと前にはおじいさんおばあさんしかいなかった街の公園に繰り出し、

始業の延期を言い渡された中高生は、家でやることも特になく、ひたすらスマホ画面に向かう・・・

「やった!ゲームいくらでもできるじゃん!」

「見たかった

もっとみる
スキありがとう!シェアもしてくれたらうれしいな〜
21

ご挨拶

ごあいさつ

株式会社環境未来クラブ 常務取締役
一般社団法人だんらんクラブ 兵庫県支社長
一般社団法人国連P.R.I.D.E 日本 メンバー
株式会社G.I.F.T 設立準備中
営業代行 代表



地球再生
社会貢献
一家団欒
地域の活性化
世の中の問題解決
1人1人が豊かに
地球と人間に優しい環境作り

をテーマに活動していきます💪✨

まだまだ立ち上げの

もっとみる

知性なくして信仰なし 迷走の20代、行き着いた先は

 ※文化時報2020年6月24日号の掲載記事です。

 「目に見えないものを大切にするためには、知性が必要だ」。浄土宗阿弥陀寺(奈良市)の森圭介住職(44)はそう語る。英語の教員免許と浄土宗教師資格を取得しながらも、マスコミ業界への就職を希望した20代を経て、行き着いた先は学習塾の開設だった。学力低下が宗教離れを招いている、との持論で活動を続けている。(大橋学修)

マスコミか会計士か

 父は上

もっとみる
またの「スキ」をお待ちしております(^^)/
7

国立劇場文楽『菅原伝授手習鑑』 鈴木多美 ーイヤホンガイド開演前解説ー

2021年2月 国立劇場 文楽公演

イヤホンガイドで放送している開演前解説をお聞きいただけます。

お帰りの電車の中で、筋書を開きながらおさらいとして…
上演中は集中して観劇したい!観劇前の予習として…

観劇のお供に、どうぞお聞きください。

※視聴期限:2021年2月28日まで

第二部『曲輪文章』はコチラより ↓

もっとみる
スキありがとう!