何かしら不安を抱いているかもしれない。それは将来や人間関係だったりする。だが感情には常に二面性がある。不安のおかげで情報収集に勤めようという気分になり、結果的に合理的な判断ができる。それ以外にも集中力や分析力が高まり、本番にも強くなれる。それは不安という感情があるおかげなのだ。

「スキ」を押してもらえて嬉しいです!
4

【02 聴かせるピアノ演奏術】自分の演奏を客観的に聴く。録音が効果的!

演奏するときには毎回実行!!

自分の演奏を客観的に聴く。

聴衆に聴かせている演奏を、演奏しながら自分も聴衆の一人となって、いい音がだせているか、なめらかにメロディが流れているか、右手と左手の音のバランスはどうか、和音の響きはきれいか、ペダル踏み替えは上手くできているか、など聴きます。

弾きながらそんなの難しいー!

という方には録音をオススメします。
オススメというか、上手くなりたいなら録音

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
3

コミュニケーションギャップは余白で埋める

こんばんは。infocus📷です。

さて今日は、コミュニケーションについてです。

職場において生じるコミュニケーションギャップ。年齢・経験・知識も異なる為、このギャップが生じるのも自然なことだと思います。そのギャップに対して私のようなおじさん世代が、どのように向き合っていくべきか?

ギャップを自ら生んでしまう陥りがちなコミュニケーション事例を基に考えていきたいと思います。

結論は求めない

もっとみる
涙デルモンテケチャップ❤️
34

知能(IQ)が高い人でもバイアス(思い込み)に飲み込まれて合理的な判断ができないという研究!

今回は合理的な判断力についてです。

みなさんは自分の判断力についてどんな風に思っていますか。

「でも、俺はそんなに頭良くないし」なんて思ったかもしれません。

じゃあ、知能が高い人は合理的な判断ができるのでしょうか。

もしそうだとしたら、そういう人は合理的な判断ができるはずなので、きっと幸せな人生を送っていなければおかしいはずです。

でも、そんなことはありませんよね。

実は・・・。

もっとみる
「スキ」を押してもらえて嬉しいです!
2

【本の紹介】今時の書籍解説は、教養のコピー&ペーストに過ぎない?

今こそ、読書感想文を!
今こそ、書籍批評を!
そんな気がする今日この頃。
最近は、書評と見せかけた
書籍の要約と作者紹介の
「書籍の解説」が圧倒的に増えた。
これは、読まずとも中身がわかる
というメリットがあり、
誰もがシェアしやすい。
だから、SNSで重用される。

オリラジ中田の「YouTube大学」は
そのYouTube版ですね。

しかし、本は自分で味わってこそ。
理解も批評も、主観の領域

もっとみる
嬉しいです!
10

主観的と客観的

いつからか客観的に物事を捉えることが多くなった
感情の起伏も小さい

トラブルがおきる
なるほど事実はこれで、あとは憶測だな、とか
議論が熱を帯びてるけど、軸はこれで、ズレてるから戻すか
と、そこにいても今なにが全体として起きているのか

少し脚色すると幽体離脱して少し後ろから見てる感じ

ファシリテーターなので正しいと思う反面
主観的になって熱く議論したい瞬間もある

そんな気持ちを忘れずに

もっとみる

2.アイデアについて

第2章 “アイデア”について考えていこうと思います!

まず、
「良いアイデアを使ってオリジナルを実現する。」
というところに落ち着きたいのです。そこで、そもそも良いアイデアを出すにはどうしたらいいの?って話を最初に。
そして、良いアイデアを出したところで、アイデアの良し悪しを見抜くことが難しいそう。アップル社の創業者でもあるスティーブ・ジョブズでさえもアイデアを見誤ったんだそうな。そこで、アイデ

もっとみる
おーーーい!おちゃ🍵
1

悩みなく人生を送る方法

こんにちは、増田です。

今回は悩みなく人生を送る方法についてお話したいと思います。

生きていると必ず悩みという問題が起こりますよね。悩みが全くないという人はいないと思います。この悩みという問題が起こったときにどう対応するのかでそもそも悩みだと思ってたことが悩みではなくなります。

今回はその方法をお伝えしますね。

以前にもコラムなどで嫌なことがあってイラっとしたときにイラっとしたことに対して

もっとみる
スキありがとうございます!^^
13

上手くなった気でいる時

おはようございます。

note毎日投稿62日目。

今日はタイトルの通りなんですが、「スノーボード」や「サーフィン」「バスケ」について、自身の経験も兼ねた内容を。

上手くなった気でいる時

◆例1「スノーボード」

ある程度滑れるようになってくると、「自分てどんな風に滑っているのかな?」とか、「カッコ良くみられたい!」なんて思いますよね。

昔、友達同士でビデオ撮影したり追い撮りをしていました

もっとみる
ありがとうございます!
25

心の弱さと向き合う

私はメンタルの疾患を抱えている事は、
プロフィールに記載があり、知っている方もいると思いますが、
心の調子が最近極度に悪く、日常生活と仕事(ビジネス)、
両面から自分に向き合う必要がありました。

心の調子が悪いから仕事も進まないと言うと、
少し甘えのように思うかもしれませんが、
それが病気であり、症状も含めて受け入れて頂いているので、
100%のパフォーマンスを出せない時がある事も仕方ないと

もっとみる