学問のすすめ

こんにちは。犬井です。

今回紹介する図書は、福澤諭吉(著),齋藤孝(翻訳)「学問のすすめ 現代語訳」(2009)です。「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という誰しも聞き馴染みのある書き出しで始まる「学問のすすめ」ですが、文語体ということもあって読むのをどうしても躊躇っていました。しかし、齋藤孝先生が現代語訳版を出されているということで手に取ってみることにしました。明治7年に書かれ、歴

もっとみる

「学問のすすめ」から学ぶ①

どうも、毎日note更新しているKenyaです。

たくさんの知識を身につけるため読書を始めてから、ビジネス書や自己啓発本を中心に読んでいます。

ここで遂に? 福沢諭吉と言えばの名著
学問のすすめ
を読んでみようと思った。

この本で1番有名な言葉
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」
この言葉しか知らなかったけど、実際に読んでみて、諭吉の名言から自分は何を学びどう考えたかを綴っていこう

もっとみる
読んでくれた時間に感謝
7

一つの技を極めた者の強さ

一つの技を極めれば、あとは同じ要領。

その世界特有のものと極めた世界の原則が違うことはほぼない。

あとは新しく取り組む世界特有の事柄を勉強し、極めた世界のルールを適応し、応用すればよい。

一芸に秀でた者は、多芸に秀でるとは本当なのだ。

取り組み方、集中力、どうやって上手く休みながら持続するかを知っているから可能なのである。

視野を広げたいからといってあれこれ中途半端に手を出すのは時間の無

もっとみる
あなたの幸運を願っています。

猫宮祐の読書日記:学問のすすめの現代口語訳を読んでみた

学問のすすめという本を知っている日本人は多いだろう。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という学問のすすめの最初の文はあまりにも有名なものだと思う。

では、学問のすすめを読んだことがある方はどのくらいいるのだろうか。そして内容を知っているという方はどのくらいいるだろうか。恥ずかしながら僕は読んだことがなく、17篇からなるということすら知らなかった。

仮にも明治時代に出版されて以来現代で

もっとみる
よければシェアお願いします!
9

「学問のすすめ」読書感想、もう一つの「学びかた」とはなにか

「自己成長」を意識しながら日々生活しているなかで、「学問とはなんぞや」と考えていて出会った本です。

もう一つの学びかたとは

一つ目の学び方は、普段僕が実践している「インプット→アウトプット」という方法です。自分の「こうなりたい」「これがしたい」を実現させたるために、インプットをするだけではなく「書く」「話す」「実践する」といったアウトプットを意識しています。

もう一つの学び方は、「今この瞬間

もっとみる
これからも頑張ります!
5

学問とは

「まんがでわかる福沢諭吉『学問のすすめ』」
(齋藤孝、岩本健一、株式会社あさ出版、2016)

「学問のすすめ」はあと2冊読んでいきます。これまで「学問のすすめ」は知っていても、読んだことありませんでした。「学問のすすめ」も読み始めているので後日レビューします。

こんな人におすすめ
◎学びたいけど、「学問」ってなに?という人
◎自己成長したいけどどうしていいかわからない人
◎お財布の中の「諭吉」

もっとみる
はげみになります!
2

セラピストの評価を考える!〜適切な判断能力〜

以前、私の患者さんに教えてもらった詩があります。
下記にそれを書きます↓

<朱熹> (1130年-1200年.南宋の哲学者・詩人)「偶成」
少年老い易く 学成り難し
一寸の光陰 軽んず可からず
未だ覚めず池塘 春草の夢
階前の梧葉 已に秋声

<しゅき>
ぐうせい
しょうねんおいやすく がくなりがたし
いっすんのこういん かろんずべからず
いまださめずちとう しゅんそうのゆめ
かいぜんのごよう

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります!!
4

【学問のすゝめ】自分の損益計算書

※画像はウィキペディアより引用

先日、図書館を徘徊していると
福沢諭吉の「学問のすゝめ」を見つけたので
借りて読んでみました。

福沢諭吉と言えば、1万円札の人ですよね。
それぞれのお札の人が入れ替わる中
福沢諭吉だけは
一万円札の座を誰にも譲らない。

どれだけすごい人なのか!
そんなことを思いながら読みました。

この本は、全体的に教育(実学)の大切さであったり
国家のあり方、公務員や国民の

もっとみる
たまには、筋トレも良いものですよ~!!(*´﹃`*)
4

【一行引用から140文字で紹介する実用書】『こども「学問のすすめ」』斎藤孝

一万円札をみたら、「ちゃんと勉強しよう」「かせいだお金を世の中のためにつかおう」と思うようにしましょう。

なぜ学問すべきなのか?

日本が世界の国々と対等になるには、当時の日本人の考え方を変える必要があったから

1.学ぶことの意味・大切さ

勉強は世のため、自分のため

2.夢について

夢は世のため、人のため

3.人間関係・お金

人を妬まない、お金に振り回されない、

4.日本で生きるに

もっとみる
スキになってくれて嬉しいです!
11
00:00 | 00:30

なぜ、国には「暴力団」がいるのか?
その理由について福沢諭吉先生が開設してくれていたのでまとめた。