孤独と不安のレッスン

【ぶらり読書の旅】孤独と不安のレッスン〈2021年21冊目〉

【ぶらり読書の旅】孤独と不安のレッスン〈2021年21冊目〉

孤独は惨めで、淋しくて、耐えられないもの?いや、孤独は価値があり素晴らしいものだ! 孤独との付き合い方、楽しみ方を身に付けるだけで人生の見方が変わる。 人間は違って当たり前、ちょっとでも同じ部分を見つけられたら嬉しい!そのくらいがちょうど良い。

スキ
1
シカゴ大学ビジネススクール教授から学ぶ『わかり合えない』の科学

シカゴ大学ビジネススクール教授から学ぶ『わかり合えない』の科学

あの人のことが理解できない、なんでわかってくれないの‼︎「あの人のことが理解できない」、「なんでわかってくれないの‼︎」、そんなことをそんなことを日常の中で思うは人は多いと思う。家族や友人、恋人などの配慮のない行動だったり、言動だったりに時に理解不能になってしまうあの瞬間である。 かく言う僕も例外ではなく、気にかけた人の配慮のない行動に腹を立てたり、好意でもない行動や言動を好意と勘違いして後々気まずくなったりなど今まで数え切れないほどの、「あの人のことが理解できない」、「な

スキ
5
孤独と不安のレッスン 13番目の感想

孤独と不安のレッスン 13番目の感想

ふと立ち寄った最寄りの本屋。あるタイトルの文庫本がふと目に留まった。 「孤独と不安のレッスン」 ゆるっとした字体でタイトルが書かれている。 帯には、【あなたが「本物の孤独」と「前向きの不安」を友として、どうか、生きていけますように。】と。 最近なんだか、漠然とした孤独感があって、ちょっと購入してみた。 家に帰って読み始めたけど、優しい語り口で、私の中のモヤモヤにいろいろ問いかけてくれた。 その中でも特に、これは自分の中でもう一回咀嚼したい!!!と思ったレッスン(1

スキ
2
【第547回】友達多いのは良いこと?_6月16日

【第547回】友達多いのは良いこと?_6月16日

書籍「孤独と不安のレッスン」より。 友達が多い=良いことという価値観が、人を苦しめる可能性もある。 学校に行って、「友達できた?」とか何気ない一言も・・

スキ
1
つらくなったら、誰かに何かをあげる(孤独と不安のレッスン)

つらくなったら、誰かに何かをあげる(孤独と不安のレッスン)

鴻上尚史著「孤独と不安のレッスン」を読んだ。以前、ブレイディみかこさんとの対談本を読んで、印象的だったからだ。 「孤独」「孤立」の問題今年、日本で、世界で2か国目の「孤独孤立対策担当室」を設置されたのを知り、「孤独」「孤立」というトピックが気になっていた。社会の構造に起因する「孤独」「孤立」は、何が問題で、この担当室は何をすべきなのか、気になっていた。 私は、「孤独」「孤立」というのは、必ずしも、悪いものではないと思う。 「孤独」は「ひとりだと感じること」、「孤立」は「

スキ
1
世間は”神”なのか?

世間は”神”なのか?

『一神教を信仰しない日本において、”世間”が神である』 面白いな。 神社参拝、クリスマス祝いは誰も怒らないけど、世間に逆らうと後ろ指をさされる。逆らわない限り、私たちは守られる。 このシステムにハマらないと生きづらい。 私も生きづらさを感じてきた1人。 こども達も学校に入り、同調圧力を感じてる。 「みんな違ってみんないい」 金子みすゞさんのこの詩を、読み聞かせ続けたい。

スキ
3
ブックミーツ、華やかな香り。

ブックミーツ、華やかな香り。

まだ少し早いけど、 華やかな香り桜の宴ビール 添えて ブックダンシング! 「コロナ禍をどう読むか」とか5館周って14冊。 ワクワクしながら 今日のブックミーツは? #16の知性による8つの対話 #素と形 #脳の大統一理論 #フラクタル日除け #ロボット #孤独と不安のレッスン #見えない絶景 #隈研吾 #内田樹 #本当の貧困の話をしよう #20代で隠居 #雲をつかむ話 #大原扁理 #アニミズム時代

スキ
4
BOOK REVIEW 「孤独と不安のレッスン」

BOOK REVIEW 「孤独と不安のレッスン」

(鴻上尚史 著/大和書房/2011年) #孤独と不安のレッスン #鴻上尚史 #自殺抑止 著者の鴻上尚史さんは、劇作家で、演出家で、役者。とあるWEBサイトで人生相談の連載をもっており、以前たまたまSNSでそれを目にした。 そのときの相談に対する回答が、とても深くて、分析的で、丁寧で、感激して「いいね」を押したのを覚えていて。それで、彼の著書を読んでみたくなり、この本を手に取った。 この本はタイトルの通り、人間の「孤独」と「不安」について書かれている。 孤独と不安は、

スキ
8
【本】鴻上尚史「孤独と不安のレッスン よりよい人生を送るために」感想・レビュー・解説

【本】鴻上尚史「孤独と不安のレッスン よりよい人生を送るために」感想・レビュー・解説

本書の内容は、まさにタイトル通りです。一文で書くならば、 『よりよい人生を送るための、孤独と不安についてのレッスン』 となります。まさにタイトル通りですね。 これは本当に、色んな人に読んで欲しい本です。 たぶん、孤独と不安に苦しんでいない、という人はそうそういないのではないかと思います。僕は、後でも書くつもりでいますが、孤独とはかなりいい関係を築けている、と自分では思っています。でも、不安とはまだまだいい関係を築けていなくて、時々苦しくなったりします。本書では、少子化

スキ
9
育休明けて3ヶ月。気付いたことは、この世に生きづらさを抱える人がそれなりの頻度で存在していること。それは私達夫婦も含めて。
これからの人生は、この事についての勉強と対応にも時間を使いたい。そして、そんな事を近日纏めて書きたい。

育休明けて3ヶ月。気付いたことは、この世に生きづらさを抱える人がそれなりの頻度で存在していること。それは私達夫婦も含めて。 これからの人生は、この事についての勉強と対応にも時間を使いたい。そして、そんな事を近日纏めて書きたい。

スキ
3