91.三角貿易

イギリスから銃がアフリカへ。

アフリカで奴隷を乗せてアメリカへ

アメリカでタバコと砂糖を乗せてイギリスへ

これが三角貿易。

しかし、銃がだんだん売れなくなる。争いが沈静化したのか。そしたら次は。毛織物を売る。しかし売れない。

暑いから。

どうする。

毛織物ではなく、綿織物なら暑くないだろう。

しかし、綿はインドから輸入して作る。キャラコは質がいい。

結局、貿易で一番儲かったのはイ

もっとみる
励みになります!
1

【女性向け記事】M女性向け調教体験募集に依頼するリスク

今回はM女性向けに記事を書いてみます。
SNSやウェブサイトで見かけるM女性向けのSM調教体験募集ですが、SM調教体験募集に依頼するときのリスクと、リスクの少ない募集の見分け方を紹介しようと思います。

はじめに

SM調教募集に依頼されるM女性は非常に多いと感じています。特に長期休みや緊急事態宣言中の自粛期間には非常に多くのM女性からSM調教体験の依頼をいただきます。
SMや調教に興味があっても

もっとみる

【ご質問】簡単な方法を教えてください

先日、こんなご質問をいただきましたので記事にしてみたいと思います。

単刀直入なお問い合わせをありがとうございます。
とはいえ、これって結構多いご質問なんですよね。
いい機会だと思いますので、こちらで説明させていただきます。

結論

大変申し訳ございません。
結論から申し上げると、奴隷を簡単に捕まえる方法なんてありません。
ご期待に沿うことができず恐縮です。

ですが、みなさまもよく考えてみて下

もっとみる
ありがとうございます。大変励みになります。
1

【読書】コルソン・ホワイトヘッド「地下鉄道」

「地下鉄道」という小説を読んだ。アメリカの奴隷制度を対象とした小説で、南部で奴隷として労働していた少女が地下鉄道に乗って自由を求め逃走していくストーリーである。奴隷が受ける仕打ちの残酷さであったり、逃走先でも彼女を探す白人たちの残酷さであったりが描かれており、単なる小説を超えて過去にこんな出来事があったのだと勉強になった。但し、こうした残酷さは文字だけでは想像することが難しかった。幸いなことに映像

もっとみる

90.奴隷貿易とアシエント権

①人間が商品になるまで

今回のタイトルはなんとなく歴史の教科書っぽいな。

大航海時代。インディアンたちはタバコを吸っていた。ヨーロッパ人が吸ってみたら気持ちよかったので輸入することにした。しかし、病気や戦いで働いてくれる人口がどんどん減少していった。

アメリカ大陸にいる労働力を補わないといけない。どこから連れてくるのか。

ポルトガルはアフリカ大陸に武器を輸出していた。

アフリカで部族同士

もっとみる
励みになります!
2

出し惜しみは損

脚本家の内館牧子さんが先輩脚本家の橋田寿賀子さんから言われた言葉です。

「出し惜しみしちゃダメよ。
 長いドラマの脚本だと、ついついこの話は後に取っておこうとか、
 この展開はもう少ししてから使おうとか考えがちなの。
 でも、後のことは考えないで、どんどん投入するの。
 出し惜しみしない姿勢で向かえば、後で窮しても必ずまた開けるものよ」

私はこれをパートナーのM嬢にも教え諭すようにしています。

もっとみる
ありがとうございます。今後も応援よろしくお願いします。
4

女尊男卑〜ゴミになった私〜

私は幼い頃から女尊男卑の世界、

女性に男性が支配される世界を想像していました。

けど、そんな世界は今は存在しない。

そう言ったことも、崇韓にハマった理由かもしれない。

SNSでは、いろいろなジャンルのS女がいて、M男たちを言葉巧みに操り、堕としている。

崇韓、お貢ぎ、射精管理などなど。

その中でも今回目に止まったのが、

女尊男卑、女性上位の世界。

罵倒、罵詈雑言、専用のゴミ箱、使用

もっとみる

フォロワー700人記念記事②🎊 〜理想の夫婦奴隷さんシリーズ 総集編〜

こんにちわー、トモです💕

今回はTwitterのフォロワーさんが700人を越えた記念の第二弾として、"お貢ぎチャレンジ"シリーズと同じく人気シリーズの"理想の夫婦奴隷さん"シリーズの総集編をおおくりするね

前回のお貢ぎチャレンジシリーズの総集編と同じで、今まで"理想の夫婦奴隷さん"シリーズのお話を購入してくれた奴隷さんから、ここの部分が興奮しました❣️
ってTwitterのDMで感想を頂いた

もっとみる
スキありがとー❗️私もスキ😉笑
8

奴隷を生み出す工場

こんばんは。せやかて工藤です。

今日は「生き方」について話したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校というのは"知識"を教える場所ではなく、

歪みきった"常識"を植え付ける場所です。

「知識」と「常識」の違いですが、

知識というのは、原則として「ファクト」を取り扱うものです。

主観の一切入り込まない事実に基づくもの。

これが知識です。

もっとみる