外部指導者

取り組んでいること

前回のブログで具体的な今年のチャレンジが書けずに終わってしまったので、今取り組んでいることを紹介します。

部活動指導員養成学校

去年の後半ぐらいから以前からお知り合いだった日本部活動指導協会さんと一緒に始めた部活動指導員を増やしていく養成学校開設のプロジェクト。主に代表が進めている案件です。

そもそも部活動指導員ってなに?

部活動指導員は、部活動の技術指導や大会への引率等を中学・高校で行う

もっとみる

スポーツ指導 学校任せ限界(日経新聞コラム)【スポーツ】

これは、自分が育った1990年代の学校の部活動の感覚では、恥ずかしい話きがつけなかった。

どちらかというと、クラブチームみたいなところを「何で学校でやらないの?」的に思っていた自分にとって、井の中の蛙というか、世間知らずというか、な印象となった。

その後、中学の担任の先生であり、体育の先生であり、後年部活の顧問となった先生と飲むようになり、いかに公務員が大変か、また先生という立場が大変か、理解

もっとみる

キャッチボール

キャッチボールの時、ただなんとなく捕って投げていませんか?

僕が高校の時教わったのは、守備の動きをイメージしながらやることです。

タッチやカットプレー、クッション処理、ゲッツーのターンなどなど野球は複雑な動きばかりです。

キャッチボールのやり方次第で周りと差をつけられます

#野球
#高校野球
#ビジネス
#教育
#外部指導者
#甲子園

部活は教員の仕事

おはようございます☀

本日のテーマは「教員の仕事①」です。

さっそくですが、「部活動の顧問は教員の仕事」ですか?

いや、そんなわけないでしょう。

意外と知らない人が多いみたいですが、部活動の顧問は「ボランティア」です。

通常の勤務には認められないので、手当ても数百円しか貰えません、、、

給特法により、教員には残業代の代わりに給与の4%を上乗せして給料がしはことになっています。

よく、

もっとみる

子どもとの接し方

子どもとの接し方①

小学生(特に低学年)は

全然できてなくてもとにかく褒めて褒めて褒めまくれば気分がよくなるので、アドバイも聞いてくれやすくなり結果的に上手くなるのが早い

というケースが多い気がします。

でも、褒めすぎると「もう上手くなったからいいや」と言ってやめちゃうこともあるので、バランスが大切です。 〈技術的な指導について〉
直接的な指導よりも、「結果的にできちゃった

もっとみる

フライばかりやればいいものではない

お疲れ様です。

外野ノック、打ったことあります?

または、外野ノックを打つ時、フライばかり打ってませんか?もしくは、フライ重視。

もちろん、フライは大事です。太陽の見え方や風向きを確認する作業も含まれますので。

でも、だからといってフライばかりやればいいというものではありません。

2死2塁、外野へゴロがいきました。

まさに、腕の見せ所でしょう。

そんなとき、事前の確認不足でイレギュラ

もっとみる

『ぼくはスタンド』NO.1

〈はじめに〉
僕は高校最後の夏、スタンド応援組でした。
その時のことを描きます。
週1.2回のペースで掲載します。

以下、本編

最後の夏は、とにかく早く負けてほしかったです。早く負けて、「メンバー外」という立場から解放されたかったんです。
スタンドで学校の女子に会うのが嫌でした。言われたことは一度もないのに、「こいつ下手くそなんだな」と思われているんだろうなあと勝手に意識していました。

もっとみる

なんでもかんでも気持ちのせいにしないで

お疲れ様です!

突然ですが、まだ現役の頃、エラーをした時に
「気持ちがないから捕れないんだよ」
と言われたことがあります。

その時は
「はい!!!」
って馬鹿みたいにでかい返事をしてがむしゃらにボールに食らいついていましたが、

振り返ってみると、ちょっとだけ違和感を感じました。

それは

「気持ちと捕球技術、そんなに関係なくね」
です。

たしかに!!
ボールを怖がっていては捕れるものも捕

もっとみる

外部指導者 導入はwinwin?!

こんにちは!!

突然ですが、教員による「部活動の顧問」の手当ては数百円ってご存知ですか?!

基本的に、ボランティア扱いとなりますので正規の労働としては見られないんですね。

「ボランティア」とは言うものの、半ば強制的にやられているという方がほとんどではないでしょうか。

しかも、自分の経験がある競技(または文化活動)ならまだしも、顧問をやっている教員の40%が未経験の競技を担当しているとのこと

もっとみる

ノック①

おつかれさまです!!

本日も4時〜9時まで野球スクールで指導してきました!

突然ですが、ノック、左右両方で打てますか??

僕は元々右打ちなのですが、現在左も練習しています。

やはり、両方打てると打てないとでは、守備練習に大きく影響が出ると思うのです。

と、いうのも、右打ちと左打ちとでは同じところに飛んだとしても打球の質が違います。
左打者のレフトフライはスライスしてファールゾーンに流れま

もっとみる