身体に身に着けている色でパフォーマンスが変わる

こんばんは。

上記リンク先で書きました日立陸上クラブコラムの追記です。

実は身体に身に着けている色でパフォーマンスが変わります。

結果から先に説明をすると中・長距離など持久系の選手は青系統の色(青や緑)を身に着けると動きのパフォーマンスが向上し、短距離など瞬発系の選手は赤系統の色(赤やオレンジ)を身に着けるとパフォーマンスが向上します。
逆に持久系の選手が赤系統の色を身に着けるとパフォーマン

もっとみる
ありがとうございます! よかったらシェアもよろしくお願いします。
645

鎌倉以上、江ノ島未満

女っけがまるでなかった無彩色かつ鬱々たる大学生活において、知り合いと呼べる異性はキャンパス内に三人いた。

 一人目はエーコ。彼女は、僕がよくつるんでいたバスケサークル副部長の五番目の女であり、同期であり、また同郷出身者であった。自称・綾瀬はるか似のトランジスターグラマーは、しかしどちらかと言えば元プロ野球選手の門倉健似で、その辛辣極まりない事実を有り体に指摘しようものならば銃刀法違反の鋭利極まり

もっとみる
小説家になろう&エブリスタにて小説連載中✒️
523

消えない泡 #あの夏に乾杯

北の夏は短い。

盆だというのに吹き込む夜風は涼しく、虫の声も秋を感じさせる。リビングの窓の網戸には、大きな黒い虫が張り付いて離れない。蛍光灯の光に引き寄せられてか、夕飯のカスがこびりついた皿の山に用があってか。

「おい」

テレビの前の父親に目を向ける。むっくりとした猫背のラインに、グレーのTシャツがぴったり張り付いている。野球観戦後そのままのチャンネルで垂れ流されるCMでは、最近人気の俳優が

もっとみる
ありがとうございます!ジャンプ力が高すぎる旦那が喜んでます。
441

アルエ

いる。やっぱり今日もいる。

 学区内の書店に併設された、こぢんまりとしたCDショップの片隅にとある女学生の姿を発見した僕は、思わず息を呑んだ。

 古びた十円玉を彷彿とさせる栗色のショートヘアに、アナクロ教師陣へのアンチテーゼとも取れる前衛的ミニスカスタイル。形の良い耳にはチープな有線イヤフォンと、そして軟骨ピアスがワンポイントできらり。いっちょまえにメイクまで施しており、元より大人っぽい顔立ち

もっとみる
小説家になろう&エブリスタにて小説連載中✒️
367

note世界で一番熱い夏2020

なぜだろう・・
夏になるとワクワクした気持ちになるのは・・

学生時代とは違い
長期の夏休みがあるわけではないのに・・

これといって..
遠くに旅する予定があるわけでもないのに・・

いつもと変わらぬ日常が普通に続く日々なのに・・・

きっと....
夏のかんかん照りの暑さと、
暑さゆえのノースリーブと
暑さゆえのボディーウォーター・・

それに...
夏限定で足の指の爪に塗る...
真っ赤なマ

もっとみる
ワタシもアナタのことがスキ💓
349

ボクはまだ夏 キミはもう秋

ボクはまだ夏

キミはもう秋

せめぎあいの暦

ボクは昨日の次の日

キミは明日の前の日

おっとり とか せっかちとか

地道とか 活発とか

巧遅とか 拙速とか

そのまま とか 性急とか

そういう違いとはたぶん異なる

もう陽は短くなり始めている

夏至と冬至の中間へと向かってゆく

夏は暑くて開放的で楽しくて夏の風で

秋は心地好く憂い 爽やかで秋の風で 

ボクはまだあつい

キミは

もっとみる
ありがとございます。この上ない喜び、あなたにもお返ししたい。
331

【大人の自由研究】バナナは置き方で「持ち」が変わるのか?

バナナって傷むの早い。置き方工夫すれば長持ちするんじゃ?

こんにちは。遠足の前には「バナナはおやつに入るんですか?」といつも先生に確認してた いなつち☆稲田智 です。

子供が夏休みに入り自由研究の宿題が出ました。私も自由研究やってみたい!と思い立ち子供とは別に「大人の自由研究」をすることにしました。

題材をしばらく考えてたのですが、ある日ツイッターを見ていたら、破天荒フェニックスで有名なオン

もっとみる
ありがとう!スキな言葉は「カレーは飲み物!」
361

八朔の月に、希う

遺骨を抱いていた。二十歳の夏だった。

 葬儀終了後、斎場前のだだっ広い駐車場にて「ちょっと一服してくる」と喪服姿の父さんに手渡された、いささかモダンなデザインの骨覆に包まれた骨壺はまだ仄かに温かく、いやむしろ熱いくらいで、両腕にはずしりと応える重みがあった。

 これが、骨になっちまった人間の重さか……。

 脳天に響かんばかりのセミのトレモロをBGMに、棺に入ったばあさんの新雪のように白い顔

もっとみる
小説家になろう&エブリスタにて小説連載中✒️
331

夏は早朝 夏は夜

夏は早朝

かぜのない夏の早朝

これから照りつける陽射しにうんざりとしてゆうたりとうごく

雲はきのうのあつさのせいでうごきはノロい

お日さまが45度の角度をつくるまでのここちよいあさ

なつは日のとおるるみちが高い

お日さまに背をむける

影はみじかめなのだけどそれでも自分の背丈より長いかげ

すこしきもちが大きくなる

お日さまに背をむけたままにたくさんの風をむねいっぱいにすいこむ

もっとみる
ありがとございます。この上ない喜び、あなたにもお返ししたい。
312