金正恩氏、総書記就任

 金正恩氏が今回の党大会で総書記に就任した。

 かつて2010年10月に訪朝した際、表舞台にデビューしたばかりの金正恩委員長が「金正恩青年大将同志」と呼ばれたのを現地で聞いた。

 この敬称はすぐに消えたという。生で聞けたのはレアな体験だった。

 2012年に金正日総書記は「永遠の総書記」となった。第一書記、党委員長を歴任して、金正恩氏は総書記となったのだが、さて、少し困ってしまった。

 ぼ

もっとみる
北朝鮮は右側通行です
2

東京日朝焼肉大戦争血風録(11)

  東川口という街をご存知だろうか。川口と言えばキューポラの街(そして、拉致被害者が多い)、北川口、南川口というのは寡聞にして聞かないが「川口と言えば西川口」という特に男性諸氏は多いであろう。

 かつては過激な性風俗店が多く、西川口流、略してNK流の名前を日本中に轟かせた西川口。なお、NKといわれてぼくが浮かぶのは「NorthKorea」の方で「北朝鮮と西川口に何の関係があるのだ?」というボケを

もっとみる
キムチは北に行くほど辛くなくなります

名前を変えるということから生まれるうらみによる侵略。

在日の人達や中国共産党の人たちは、自分の名前を日本名へ変えることは、悲しいこととして感じないと、嘘になるでしょうね。

だって、本当の自分を隠すだなんて、誰一人も本当はしたいことではないはずだから。そういう恨みが蓄積されての侵略でもあると思う。

でもやはりとにかくそれぞれの母国の悲劇を止めないと。

という観点から見ると、

今日本人は、母国を守るために、動き出すべきだと思います。
とにかく話合

もっとみる

東京日朝焼肉大戦争血風録(10)

  舞台は再び朝鮮大学校に戻る。陽気な音楽が流れだす。「統一列車は走る」という音楽の軽快なメロディが流れ始めると、異端児も笑顔の男も老人も女性も立ち上がり、七輪も焼肉も置き去りにして電車ごっこの列を作り、キャンパスをうねうねと蛇のように自由に走り回る。

 朝鮮大学校のイベントの大団円、終わりが近づいた瞬間だ。ぼくは校舎の2階の廊下からそれを眺める。

 日朝友好関係のイベントの最後は必ずこれで締

もっとみる
北朝鮮にも最近デビットカードが出現しました
2

「火病」なんて我が家では日常茶飯事

今回もまた,思ったことなどを自由にお話ししたいと思います。

*****

日本人のなかには,朝鮮半島の人々においては「火病」とよばれる精神的症状がみられる・・・と信じて疑わない人々が少なくありません。ここでいう「火病」とは,自分自身にとって都合の悪い状況にあるときに,極めて幼稚に振舞うこと,感情的な態度をあらわにすることなどを意味します。

わたしから言わせれば,そのようなことをを平気で口にする

もっとみる

一年間ありがとうございました

 厚労省が武漢での異常を知らせたのが約1年前。それから世界がこんなことになるとは、誰もが予想しなかったと思います。

 Stayhomeが始まる中始めたのがこのnoteでした。北朝鮮について、思い浮かぶままに書き始めました。

 コロナ対策では世界最高レベルの厳しさを誇る北朝鮮。今も感染者はゼロとしています。この警戒が解かれるのは、たぶん世界で一番最後でしょう。まず来年は無理。再来年にようやく少し

もっとみる
コロナに負けずに頑張りましょう。
1

嫌韓

「嫌韓についての感想」

韓国人の良からぬ人も、そうではない人も判断はつかないだろね。

ただ、ここまで韓国に対して怒るのは特別永住権・偏った報道・思い込み、があるように感じる。

「特別永住権」

特別永住権に関しては特権と考えている人がいて、「なぜ特定の民族だけ与えるのか?他の国から来た人に対して差別ではないのか」という意見がある。確かに私もそう思う、これは差別的な制度になっているのではないか

もっとみる

おすすめの本#1

日本代表 李忠成、北朝鮮代表 鄭大世 それでも、この道を選んだ

みなさんは自分の国籍について考えたことはありますか?
ほとんどの人はないと思います。
しかし、世の中には自分で国籍を選択するという重要な決断を下して闘っている人もいるのです。

そんな決断を下した元サッカー日本代表 李忠成(りただなり)、元サッカー北朝鮮代表 鄭大世(チョンテセ)。

共に在日朝鮮人である彼らは、何を考え日本代表と北

もっとみる

光る風 (3)

そういえば去年の音楽フェスでは、トイレに向かう上り坂の通路にはめてあるハンドホール脇に水たまりができていた。
コンクリートの塗り込みに不均衡があって、へこみができ、水が溜まりやすくなっていたのだ。
車椅子が転倒した箇所を後に見に行ってわかったことなのだが、水溜まりができるのを防ぐためにセメントでへこみを埋める簡単な工事が、このかんに行われていた。
ところが今度はそのセメントの塗りがやや過剰で小さな

もっとみる
言葉で何かが伝わったならうれしいです。
15

東京日朝焼肉大戦争血風録(9)

 朝鮮大学校では、日々、エリート教育が行われている。これは間違いない事実である。

 なーんてS経新聞風に書くと「やっぱり」と過熱する層。「いい加減なことを!」と怒る層もいると思うが、まぁ熱くなってはいけない。

 朝鮮大学校で学生たちに話を聞いてみたのだ。彼らは校舎と校舎の間のスペースで七輪に炭を入れ火を起こし、どんどん広場に出していく。この手際が妙によ過ぎるのだ。男子ばかりではない、女子もだ。

もっとみる
大同江ビールが美味しいらしいです
3