自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』好評発売中!
55
自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』発売中です!
44

台北の花博会場が、タレント&デザイナーにより音楽×食×芸術の商業施設に!その昔は、野球場?足球場?いやそこは、日本統治時代に建てられた競技場だったのです。最強レガシー伝説を見るべし!

この日もたんまり歩きまくって、あっという間の夜。連日夜市もいいのですが、なんか面白そうな地元のスーパーないかな?と、Googleマップ上で見つけたのは、「神農市場 MAJI FOOD & DELI」というスーパー。閉店1時間前だけど行ってみよう!と、圓山駅へひとっ飛び。(中心部から行くと、圓山は士林のちょっと手前)

駅のホームから見ると目の前には広大な公園が広がっていました。右手にスタジアム? 

もっとみる
自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』発売中です!
15

序章                ダイレクトメールの開封率はなんと7割 !

〇ところで、ダイレクトEメールって開いてますか?

さて、質問です。あなたは受け取ったダイレクトEメール(以下、Eメールで表記)を数えたことはあるでしょうか?
「そんな面倒なことはしないよ。だって、多すぎて、時間の無駄」
 そんな返答が返ってきそうですよね。実際、私自身、何通のEメールが来ているのか、数えたことはないですし、迷惑ホルダーの中なんか見たくもありません。
JDMA(一般社団法人 日本

もっとみる

わたしが応援する会社 裏応援の記事

というコンテストが あります。
NOTEの コラボ企画で各企業の 特色を NOTEのプラットフォームに
合わせて
企画にしたり、企業の売り上げなどに 繋がる企画と 様々で
上手くいかせれば 企業間、応募者、読み手など 互いに楽しめる企画!
なのだろう(・ω・)ノ いいんじゃない!いいじゃない!

ブログなどと 少し違う、このNOTEに あっている。
実際に ちょっとドラマ企画に 乗ってしまった筆者

もっとみる
も・・もし (;´∀`)よければ フォローして頂ければ
9

第3章 メッセージ 「顧客は商品を欲しいのではなく、それを使っている自分の物語がほしい」

今からお話しするのはDMに限ったことではなく、カタログやリーフレット、WEBでのコピーにも共通することなので覚えておいてください。コピーライターに成りたての人がよく陥る失敗が、商品のことしか説明しないということです。「えっ、商品コピーなのだから、それでいいのでは?」という方もいると思いますが、それでは顧客に商品が伝わらないのです。
 ここからは例を挙げながら説明していきましょう。
商品は「74か国

もっとみる

日本の伝統を、東京・久我山で紡ぐこと

こんにちは。
久我山の雑貨屋さん「Supermama mit tobuhi」、スタッフの河野です。

スタッフが言うのもなんですが、久我山にこんなおしゃれなお店があっていいの?と思ってしまうような、一風変わった、まさに店主の「偏愛」が溢れるお店。
日本の伝統工芸とシンガポールデザインが混ざり合ってできています。

noteではスタッフの私と、ときどき店主が、日々の学びや気づき、そして想いをゆるやか

もっとみる
とぶひと一緒に飛ぶ日まで!
14