南信州新聞社

風越亭半生と飯田弁(Ⅰ)

   代打で凡ゴロと思いきや……の条  私は、目下、地元長野県飯田地方の地域紙である南信州新聞において〈飯田弁〉にまつわる文章を連載中である。そうしたあれこれに触れるまえに、少々迂遠にはなるけれど、まずは「風越亭半生」を名乗ることになったいきさつについて話をしてみよう。私のなかで…

東栄町・佐久間町・天龍峡の状況

東栄町  2012年3月の浜松いなさIC-鳳来峡IC間の開通、同年4月の新東名高速道路の開通で観光交流が活性化し、特に静岡県方面からマイカーで奥三河を訪れる人が増えた。続く鳳来峡IC間-東栄IC間の開通による効果の上積みが期待される一方、全線開通後のストロー現象をはじめとするマイ…

100

最新技術で三遠南信自動車道を安全施工浜松河川国道事務所が新城のトンネル内を公開

浜松河川国道事務所は10月28日、三遠道路(愛知県東栄町新城市間、21㌔)の報道機関向け現場見学会を新城市川合の1号トンネル(642㍍)内で開いた。安全向上とコストダウンにつなげるため、トンネル工事に導入している最新のIT技術を紹介した。 発破の爆音が漏れないよう、堅牢な扉を二…