千代の富士

駐在員の苦悩① 完全減点方式にどのように対応するか?

■「加点方式」と「減点方式」について
 人を評価する際に、良く「加点方式」か「減点方式」かを問われる事があります。当たり前ですが、新入社員くらいの立場であれば、期待値もそれ程高くないので大抵「加点方式」が採用され、ちょっとしたアウトプットでも評価されます。

 一方、課長や部長クラスになると、周りからの期待値が既に高いため、「減点方式」が採用されるケースが多く、私も若い時には「あの課長(部長)、こ

もっとみる

最凶の"すい臓ガン"(5年生存率1.5%)で逝った有名人

すい臓ガンで亡くなられた著名人としては
 2011年10月5日、あのアップルの帝王スティーブ・ジョブズ氏(56)が亡くなったのもすい臓ガン。
 天才型の有名人に多いADHD(注意欠陥・多動性障害)としても有名でした。
 7年間の闘病生活でした。普通は2年で逝くといわれるすい臓ガンですが、ジョブズ氏のはマレな良性のすい臓ガンで、7年延命できたそうです。
 実は、ジョブズさん、初期の9カ月は

もっとみる

ヤリのハンザワ

文・写真●小野田光

 将棋には「香車」という駒がある。一回にひとマスずつしか動けない多くの駒と違って、一気に何マスでも進むことができるが、後ろや斜め、左右には動けない。ひたすら前に進むしかできない駒だ。「歩兵」に次いで小さくて軽い。金銀角飛車に比べて痩身な感じがする。大相撲の第52代横綱・北の富士はまだ番付下位だった頃、香車という愛称をつけられた。体質的になかなか肥れなかったが、細身の身体で前に

もっとみる

伝説のマッチョ横綱 千代の富士

千代の富士をご存知だろうか?ボディービルダーみたいな体。速攻型で、投げ飛ばして勝つ豪快な相撲を取った、鋭い目をした力士である。私は名前しか知らなかったので、動画を見て驚いた。凄い!面白い!
相撲をほとんど知らないので、動画を新鮮に楽しめてる今日この頃。

かたじけない(武士語:ありがとう)
7

四次元ピンポイント照射療法でも治らない人

全身ガンで抗がん剤治療を拒否した樹木希林さんを、永年、元気に生かし続けた? 四次元ピンポイント照射療法。ほぼ副作用のないのが有名です。
 標準治療の抗がん剤治療のほとんどは辛い副作用により、精神力と体力、免疫力を落とし、ガンに負ける人が約70%とも。

 全国でも、鹿児島県のUMSオンコロジークリニック(植松稔センター長)に1台しかない四次元ピンポイント照射療法のシステム。
 全身ガンの患者さんは

もっとみる

今日いい稽古をしたからって明日強くなるわけじゃない_千代の富士

ツイッタランドにてグッとくるツイートを見つけて寝るに寝れないまるやまです。睡眠不足は非効率な投資と伝えながら早速夜更かし・・・w

私も子供の頃、体格は痩せ型で背の低い系男子でした。なので彼の活躍を見て恥ずかしながら涙腺からおしるが滲み出そうになりました。

なので本日は『相撲』つながりで名言を紹介したいと思います。

今日いい稽古をしたからって明日強くなるわけじゃない。でも、その稽古は2年先、3

もっとみる

「ガンを切らない」選択で、楽にガンと共存

末期ガンを切らない、抗がん剤を拒否する人達がどんどん増えていますね。
 おおがかりな手術による体調の悪化や、抗がん剤による重篤な副作用による短命化が憂慮されています。

 つまり、生活の質(快適さ) QOL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)の向上を求める動きですね。
 身体的、精神的な痛みやストレスを抱えて、社会活動も大きく制限される地獄のような生活の質を拒否する選択が広

もっとみる
嬉しいです。
5

最凶のすい臓ガン 5年生存率が"7%"

すい臓ガンは発見が難しく、見つかった時には末期のステージ4が多くなります。
★ステージ4 (末期)の 5年生存率が7%
★ステージ1 (初期)の 5年生存率が40%

 すい臓ガンの原因リスクとしては
①慢性膵炎
②糖尿病(メタボ)
③喫煙
④胆石症

 その早期発見の難しいすい臓ガンの症状は
①激ヤセ(特に顔。ガン全般がそうです)
②腹痛や腰背部の痛み
③食欲不振、胃が重い
 この3症状が重なれ

もっとみる
嬉しいです。