【楽しい公共空間をつくるレシピ】読んだ

最近Twitterでフォローさせてもらってるソトノバ共同代表泉山塁威さん。

大学の建築学科の教員をされていますが、都市の景観やまちづくり、デジタルシフトなど様々な分野の情報発信をTwitterでされていてめちゃくちゃ面白い。

最近では国が進める「道路占用許可」の記事が素晴らしかった。

コロナ禍における道路占用許可についてのウェビナーに参加したときの泉山さんのPC共有画面、Chromeのタブが

もっとみる

共通目的を可視化するためのツール「パーパスモデル」4事例

こんにちは。きびです。ついにnoteをはじめました👏

この記事では、共創やイノベーションの場を研究している私が、素晴らしい!!と思った4つの事例を「パーパスモデル」を通じて紹介します。

というのも、先日Twitterで研究中の「パーパスモデル」について呟いたところ、予想以上の反響を頂いたので、なぜこのモデルを作ったのかも含めて少しまとめてみました。

パーパスモデルの意味と図の見方

PUR

もっとみる
わーい🙌
254

市長に手紙を書いた話。

おはようございます。さいとう けいこです。

都内ではたらく獣医師です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、「市長に手紙を書いた話。」

かれこれ、20数年ほど前のことですが、いまだにふと思い出すことが多くあります。

さて。

中学校に通っていたある日、「市長にお手紙を書きましょう。」と突然、先生から話がありました。

どうも、市長が市内の中学生の素朴な疑問、意見、要望に1つずつ答え

もっとみる

渋谷と図書館。そして、都市の富裕化のこと

図書館は、民主主義の最後の砦。

これが、映画『パブリック 図書館の奇跡』では、私の中でパンチラインとして響いた。

映画『パブリック 図書館の奇跡』

こちらの映画は、大好きな映画『ブレックファスト・クラブ(1985)』に出演ていたエミリオ・エステヴェスが、製作、監督、脚本、主演を兼任。図書室で課題を課せられる高校生を演じていたエステヴェスが、時を経て図書館映画を作り、図書館職員を演じる。ただ、

もっとみる
ありがとうございます。最近観たオススメの映画です。
35

「疎」をさりげなくつくる  ~安心で心地よいパブリックスペース~

仁井谷 健 
日建設計 都市部門 ランドスケープ設計部
ランドスケープデザイナー

私たちランドスケープアーキテクトは、建築や都市開発のプロジェクトを通じて、土地の自然や文化に根差した風景や、都市の憩いの場となる屋外空間をデザインしています。

また出来上がった空間が、雨風に晒されてどう変化していくか、植えた木がどう育っていくか、さらには台風などの自然災害にどう付き合っていくかなど、竣工後、重ねて

もっとみる

#04「公園(公共空間)」×「ホームレス」こぼれ話

昨日まで『「公園とホームレス」から、これからの都市の空間を考える(1)〜(4)』と題して長めの記事を書きました。その補足や、そこには収まらなかったエピソードを何点か、緩くご紹介。

元々公共空間が主要なテーマである研究室に属していたので、このテーマはドンピシャで専門なのですが、僕自身は正直言いますと在学中はあんまり勉強もしていなかったんですね。しかし一昨年に身体を壊した後に療養期間といますか、結構

もっとみる

「公園とホームレス」から、これからの都市の空間を考える(4)

公園とホームレスの関係からこれからの都市空間を考える全4回シリーズの最終回です。前回の記事では、公共空間たる都市公園について、新たな評価軸として「社会問題を解決するための空間になっているか」ということを提案しました。では、そのような実践を可能にするには、僕たち市民はどのような態度で公共空間を考えたらよいでしょうか。

ルフェーブルの宿題ー「脱中心化」と「転用」を考える

さて、いきなり硬い話で恐縮

もっとみる

良い公共空間とは、どんな空間だろう

前回投稿したnoteの公共図書館は、公共建築の一種だが、大きい枠組みでいうと、公共空間でもある。

前回の投稿にも書いたが、私は「人の居場所を提供する」建築が好き。
けどこの「」の内容は、建築に限らない。

例えば、公園も立派な人の居場所だ。そして、公園こそ公共空間を代表するもの。

公園はみんなのオアシス

公園には小さな公園や大きな公園。そのほか、ただ芝生の平地が広がる公園もあったり、遊具があ

もっとみる
ありがとうございます!
5

「公園とホームレス」から、これからの都市の空間を考える(3)

さて、前回の記事では天王寺公園を例に公共空間のプライベート空間化の状況を見てきました。さらに、公共空間を評する際によく使われる「公共性の担保」という概念を超えて、公共空間たる都市公園が果たすべき役割について論じるにはどうすればよいか、ということを問いかけました。

「公共空間の危機」をどう捉えたらよいだろうか

これまでに述べたように、今後公共空間はどんどんプライベート空間化していきます。それ自体

もっとみる

「公園とホームレス」から、これからの都市の空間を考える(2)

全4回シリーズで「都市公園」と「ホームレス問題」から、これからの公共空間について考えていきます。前回の記事では、新国立競技場建設をめぐるコンフリクト(衝突)について紹介し、また今後公共空間がますますプライベート空間化していくことを述べました。そのことによって、どんな問題が生じるのか、事例を見ながら考えていきましょう。

大阪天王寺公園「てんしば」の事例

皆さんは大阪天王寺の「あべのハルカス」の目

もっとみる