賃貸トラブルは忘れた頃に。

1.万が一を想定して事前に対策をとる

不動産活用と聞くと、一般的に賃貸アパートや賃貸マンションが思い浮かぶのではないでしょうか?弊社のように投資用の区分マンションを勧めている会社もあるでしょう。

最近では、空き家や古アパートをリフォームして貸し出すケースも増えています。これらに共通するのは、賃貸住宅を供給して入居者から賃料を受け取るということ。一定の住宅地では、賃貸需要の需要は底堅いものがあり

もっとみる

これからの「家」の在り方

「哲学サークル」での、初回のテーマが「家」についてだった。
今回は、議論を踏まえての自分の考えをここに記録しておこうと思う。

この議論の背景には、大きな問題意識がある。
それは、「家を買うことは当たり前のことなのか?」と言うことである。

私はどうも、「就職して、結婚して、子どもができて、(35年ローンで)家を買う」といったこの一連の流れに納得ができない。
そもそも、子どもの養育期間(15~25

もっとみる
ほんま、おおきに💕
3

【子育て】「このまま東京にいるの?」地方出身だからこそ永遠に悩みに悩んでいる話

こんにちは、青森県出身のしろのすけです🧸

簡単に自己紹介すると、北海道出身の夫と大学で出会い、就職でお互いに上京。そのまま結婚し、現在は東京23区内在住。昨年生まれた生後6ヶ月の娘と3人暮らし。ちなみに現在住んでいる家は賃貸です。

もう永遠の課題に悩まされてます。

田舎に帰る?

東京にいる?

コロナ禍で広い家に住みたいっていう思いが加速したのは事実。でもその前からずっと「このまま東京に

もっとみる
「♡」ありがとうございます!今日という日が幸せな日になりますように。✨
9

住居確保給付金 対象者拡大
『給与等を得る機会が当該個人の責 に帰すべき理由・当該個人の都合 によらないで減少し、離職や廃業 と同程度の状況にある者』

ありがとうございます!
1

経済活動再開へのアメリカの強い意欲。その背後で未だ再開が認めらていない経営者の葛藤。テキサス州。政府の「究極の選択」と「究極の選択」を迫られる市民の葛藤。

トランプ大統領は経済活動の一部再開に向け強い意欲を示す。感染者の拡大が未だに続く中、健康と生活に不安を抱えながらも再開に向けて動き出している。

テキサス州。政府の「究極の選択」と「究極の選択」を迫られる市民の葛藤。

もっとみる
ありがとうございます!
5

あなたが住居で譲れない条件は?私はこの3つ!

春の引越しシーズンで新しい住居にお引越しされた方もいるのではないでしょうか。

突然ですが、住居に求める条件は人によってかなり違うと思います。

私も今春に引越したのですが、ここだけは譲れないというMUSTの条件と、できれば叶えたいというWANTの条件を整理して物件を選びました。

次回の引越し時、この時は重視したけど、実はそんなに大切じゃなかったかも、という発見になるかもしれないので備忘としてま

もっとみる
ありがとうございます!良い一日を!
24

お隣さんは良い人で良かった。

今日お隣のご主人さんに久しぶりに会いました。年は私より20才位上のお父さんです。普段は仕事をしておりなかなか顔を合わす機会がないのです。会うと挨拶と何気ない話をしていきますが、気取らなく気さくにしてくださいます。雰囲気は人情あふれるお父さんです。奥さんも良い方でいつも明るく挨拶をしてくださいます。

以前住んでいたところは、お隣さんは良い人でしたが、近くの家の方は挨拶をしても無視されたり、他の家の

もっとみる
スキありがとうございます!
5

住める家・帰れる家のある幸せ

「自分が住んでいる家が、
突然住めなくなる時ってどんな時? 」

家庭科の住生活の分野の導入は、
こんな質問から始める時があります。

家がなくなったら困る事をイメージして、
そこから、家の役割を考えていくという
やり方です。

一般的には3つかと思われます。

・家計の破綻
住宅ローンの返済不能や家賃の滞納など
・自然災害
建物そのものがなくなるか住めなくなるなど
・失業
失職に伴う寮や社宅など

もっとみる
ありがとうございます。とてもうれしいです😊
14

ピンチはチャンス、秩父城家賃2万円(初期費用ほぼ0、光熱費込)のご案内

4月から秩父城(埼玉県秩父市)というシェアハウス・ゲストハウスの二代目当主となった菅谷と申します。本業はリサイクル業をしております。

2019年4月現在、コロナウイルスが猛威を振るっており、恐らくシェアハウス・ゲストハウス業に進出する時期としては、最悪の時期かと思います。

本来であれば自然溢れる秩父で民泊などをしながら遊ぼうと思っていたのですが、それどころではない情勢となってしまいました。この

もっとみる

大きな所

日本の実家が 東京近郊の某県の田舎に庭も含めて大きかったので 住んでた当時は 掃除やお手入れが面倒とか勝手な理由で 小さな所に住みたいと思ったけど やっぱり 狭いとこは 無理でした。

自分のスペースが 肉体的にも精神的にもないと 辛いし 実家は うちは親戚が煩くて来客は凄く嫌だったのですが それを除けば 自由に動き回れたし プライバシーあったし やっぱり大きい家がいい。庭も含めて。犬も猫も鶏も 

もっとみる
💐良かったらお友達にもシェアーしてください💐
5