ロベルト・シューマンの生涯について

ロベルト・シューマンの生涯について

 1.作曲家への道  ロベルト・シューマン Robert Schumann は、ウェーバー・シューベルト・メンデルスゾーンと並ぶ、ドイツ・前期ロマン派の代表的な作曲家である。  ロベルトは、まだベートーヴェンやシューベルトが在世中の1810年、ツィッカウで出版業を営む父アウグストと母ヨハンナのもとに生まれた。小さい頃から音楽的才能を示し、12歳の頃には自己流でオーケストラ付きの大規模な合唱曲すら作曲していた。  家族の勧めもあり、ライプチヒ大学の法科に進むが、文学やちょ

スキ
5
他人と比べたくないけど

他人と比べたくないけど

私は人に興味がないけど、人の人生には興味があります。 子どもの頃から偉人の伝記を読むのが好きでした。 今は普通の人の自叙伝やエッセイを読むのも好きです。 そして最近は、街を歩いている通りすがりの人の人生も気になるようになってきました。 仕事でお客さんの職業や年齢を目にすることが多く、それも影響していると思います。 「この人は今までどうやって生きてきたんだろう」 全員の人生が自叙伝のように読めたらいいなあなんて、プライバシーやデリカシーのないことを考えてしまいます。

スキ
10
横断幕文字を書き続けた佐々木正男(ささき・まさお)さん 移民の肖像 松本浩治
+3

横断幕文字を書き続けた佐々木正男(ささき・まさお)さん 移民の肖像 松本浩治

#移民の肖像 #月刊ピンドラーマ  2021年10月号 ホームページはこちら #松本浩治 (まつもとこうじ) 写真・文  ブラジル徳島県人会長や老人クラブ連合会(現・ブラジル日系熟年クラブ連合会)副会長などを歴任した佐々木正男さん(徳島県出身)は、数十年にわたって日系団体等から依頼された横断幕の文字を自筆で書いていた。字を書くことが上達した背景には、若き日の忘れられないロマンスがあったという。  佐々木さんは18歳の時、自ら志願して徳島西部軍33部隊に入隊。乙種士官候

スキ
2
「メンデルスゾーンの手紙と回想」を翻訳してみる! 54
+2

「メンデルスゾーンの手紙と回想」を翻訳してみる! 54

第5章-14.ライプツィヒ、1838年:『聖パウロ』ドレスデン初演の愚痴 もっといい話題に変えましょう。君の詩篇の楽譜コピーを送ってはいただけませんでしょうか? もし他に新しい作品があればそれも一緒にして、小包まるごと、こちらのW・ヘルテル宛てによく荷物を送っているリコルディに渡してくれませんか?  君のためにもなるはずです、だから何度でも何度でも、君に拝み倒します。  僕もこの冬は、わりと忙しかったです。ダヴィッドが僕の新しい弦楽四重奏曲変ホ長調を演奏し、後日彼のソワレの

スキ
8
Book Review and Summary "Chasing the Flame: One Man's Fight to Save the World (2008)"

Book Review and Summary "Chasing the Flame: One Man's Fight to Save the World (2008)"

***Spoiler Alert (ネタばれ注意)*** ***French Follows*** Chasing the Flame: One Man's Fight to Save the World (2008)(https://www.amazon.co.jp/dp/B00139XSDI/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1)Netflix Movie “SERGIO” (Trailer https://www.

面白い本・好きな本_自伝・伝記[ジョブズ・福翁・シュリーマン]篇
+3

面白い本・好きな本_自伝・伝記[ジョブズ・福翁・シュリーマン]篇

TVerで『水曜日のダウンタウン』を観る。 これまでギャラクシー賞に3度受賞しているすごい番組なんだけど、今回4度目の受賞が期待されている、おぼんこぼんのやつ。 番組の中で「おぼん・こぼんヒストリー」と題して、『ファミリーヒストリー』のパロディ動画が流れる。 歴史の蓄積、明らかになる事実、アイデンティティ、様々な人の想いなど、本家NHKさながら真剣に再現されている力作。 まさに『人に歴史あり』 ちなみに過去の受賞作はこちら 徳川慶喜を生で見たことがある人ギリまだこ

スキ
10
偉人たちの失敗に学ぶ

偉人たちの失敗に学ぶ

成功よりも 失敗する確率の方が高い だから ゲームが成り立つのである 勝つのは 難しくても 負けるのは簡単 特に ワザと負けるのならば 成功は人それぞれ でも 失敗は意外と共通する つまりは 成功よりも 失敗からの方が 学びやすい 物事は捉え方次第 あの偉人たちは こうやって成功した! or あの偉人たちだって こんな失敗をたくさんしていた! 「失敗図鑑」っていう本がありましてね おもしろい切り口だなって Kindle Unlimitedのメンバーの方は無料で読

スキ
34
【コーヒー界の風雲児(前編)】グアテマラの少年は、ここではないどこかを夢見ていた
+4

【コーヒー界の風雲児(前編)】グアテマラの少年は、ここではないどこかを夢見ていた

グアテマラ共和国。通称グアテマラ。 メキシコの南に位置し、太平洋とカリブ海に面した中央アメリカの国。 日本では、グアテマラといえば「コーヒー」のイメージがあるかもしれませんが、古代マヤ文明の栄えた地でもあるグアテマラは、観光地としても人気のエリアでもあります。 世界遺産に登録されている古都アンティグア(日本でいう京都のような街)をはじめ、グアテマラ中央高原には、マヤの先住民たちの村々が点在し、村ごとに個性のある織物など、美しい伝統的な民族衣装や、日本の富士山のような3000

スキ
3
始まりの始まり

始まりの始まり

スタンプを作り始めたきっかけは、昔ロンドンのAAスクール出身の方の建築ゼミの補佐をしながらそのゼミを受講していた時に建築を通してのデザインを学び、建築図面の空間表現としての人の表現が、建築家によって建物と同じぐらい個性的であることに興味を持ち、人のスケールスタンプを製作、ホームーページに掲載していたところ、オランダでデザイン事務所に勤務していたことにメールで「こちらを購入したい」という連絡をもらったのがきっかけでした、そのスタンプは日本を出国した時に、私物はほとんど当時一軒家

『夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代』翻訳の 増田ユリヤさんにインタビュー!
+4

『夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代』翻訳の 増田ユリヤさんにインタビュー!

『夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代』の翻訳を手がけられた増田ユリヤさんは、ジャーナリストとして『ワイド!スクランブル』などのテレビ番組などに出演され、著作家としても活躍中です。アメリカをはじめ40ヶ国以上で取材をされ、各国間の問題にも精通されています。 撮影 中西裕人 ――今回初めて翻訳絵本になりますが、いかがでしたか。   おもしろそう!と思ってすぐにお引き受けしました。子ども向けの本はやってみたいお仕事でしたので、楽しかったですね。親しい友人に見せた

スキ
3