精神的なミニマリストになるためにムダな意思決定を断捨離する

人狼ゲームをやった。

演劇の人たちはこのゲームを好きな人たちが多いので、稽古の一環でやることがある(僕個人としてはこれを稽古でやって、何に役立つのかがまだわからずにいるから、自分が劇作・演出をするときに人狼をやることはない)。

人狼ゲームはRPG的な要素と心理戦が面白い。

僕はこのゲームを長いこと敬遠していたのだけれど、久しぶりの人狼に素直に「面白い」と感じられたのは一緒にやるメンバーのおか

もっとみる
宮澤大和です。次回もていねいに書きますので、また遊びに来てください!
54

狼のいる毎日

ある会社説明会でのこと。

人事担当の人が「会社のTwitterアカウントで就活生から質問を募集してみたんですよ。そしたら匿名で悪口とか投げてくる人がいて、辛くなってやめちゃいました(笑)」
と冗談交じりに語っていた。

すると周りの就活生からは一斉に笑いが起き、最前列の軍団はヒルナンデスのワイプみたいなリアクションで「エ~!!!!」とか「ワ~!!!!」とか言っていた。
その時も僕はなんとなくヘラ

もっとみる
1個前のやつもいいですよ。
52

僕は狼だよ。気づかなかったのかい、村人さん。

精神状態がヤバくなってきて、いよいよ”””第二のオレ”””が目覚めそうだ……。

自分には追い込まれると奇行に走る癖があるので、落ち着くまで投稿を休止しようかとも思ったが、とりあえずこれだけは書いとく。

「汝は人狼なりや?」ってゲーム知ってますか。みなさん。

簡単に言うと、プレイヤーにはそれぞれ役職があって、数人の村人の中に狼が混じっていて、その狼を会話で探りを入れつつ探すってゲーム。

目的

もっとみる
真実はいつもhide and seek!
27

人狼

真夜中の窓

満月を隠す雲もない

グラスの水を飲み干し

俺は立ち上がり

満月を見た

皮膚の下が泡立つ感覚

髪と髭が伸びて

漂う獣の臭い

今宵どうしても

やらなければならない事がある

心の底からわき上がる

強い想いに突き動かされ

俺は短い言葉を口にした

少しずつ俺の心が昂る

そしてまた

次の言葉を・・・

だめだ

俺は手にした単語帳を見た

英単語は難しい

俺は人狼・

もっとみる

評価軸をシフトする機会をつくること

他人から、普段とは違う形で評価をしてもらう機会をつくること。

そんな「評価軸のシフト」を意識的にできると、人生はちょっと楽になるのかなと思います。

最近、コミュニティが注目されている理由のひとつも、これなんじゃないでしょうか。コミュニティでの活動は、家庭や職場といった既存の環境とは別軸で評価されることが多い気がします。それを心地よいと思う人は多いでしょう。

また、違う評価軸の環境は、いざとい

もっとみる
『ツッコミかるた』魅せてみろ、ボケとツッコミの千本ノック!
23

#呑みながら書きました VR人狼会

こんばんは!楽しそうなnote企画を見つけたので参加してみます!

今日は渋谷にある「VR人狼渋谷店」さんにお邪魔してきました!
https://www.vrjinro.com

駅から少し歩いて坂を上るのと、入り口が少しだけ見つけづらい点がありましたが、中は超絶素敵な面白いお店でした

まずは外観↑

続きまして入り口のインターホン↓

からの…

内装が非常に凝った作りになっていて、まさに人狼

もっとみる
ありがとうございます。良ければフォローもお願いします。自分も覗きにいき
21

人狼 物語です

人と狼の心を併せ持つ

それが人狼

人間の心は弱さの証

涙を流す事も

後ろを振り返る事も

そして人を愛する事も

すべては弱い人間の証



狼の心は強さの証

悲しみを忘れ去る事も

前を向き歩き続ける事も

そして冷たい

別れの言葉も

すべては強い狼の証



とうてい忘れ去る事の出来ない

悲しみに打ちのめされ

傷だらけの脚を

前に踏み出すことも出来ず

愛する者の名を

もっとみる

90秒でオチの短編演劇「仕事の依頼」他2本

水谷です。作家をしながらYouTuberをしています。

僕が脚本を書いている演劇動画をYouTubeにてアップしています

今回はこちら。

メンバーと共に企画映像も撮っています。

最近撮影したのは、心理戦ゲーム「ワードウルフ」。

人狼に近いのですが、自分が人狼(ウルフ)側なのかどうかが最後までわからないという点が大きな違いです。

それゆえに、全員が最後まで緊張感を持って楽しむことができま

もっとみる

寝るまで5分の無駄話。
最近はまっているオンラインの「人狼ジャッジメント」の話をしています。人狼毎日やってますが、若干人間不信だわ!笑
おやすみ言えなかったよー。

また遊びにきてくださいね!
13