五島秀一

無意識の目覚めと逃げの哲学
+1

無意識の目覚めと逃げの哲学

6500万年前に巨大な小惑星が激突 天地が激しく振動しガスが噴き出し 雄々しく立ち上がって戦った恐竜は滅び ひたすら逃げて生き延びたネズミは 哺乳類(人類)の先祖になりました 心の断捨離をする 私たちは、疫病や地震など、様々なことが起きることに対して、咄嗟の判断力をどう磨いていくか? 条件反射的なものを、普段からどう磨いていくか? それが今からの大きなテーマになってきます。 そのためには、まず、心の断捨離をして無駄なことを考えない。何が起きても、無意識の脳が咄嗟に反応

スキ
11
永遠のTAO
+1

永遠のTAO

第一部  アマテラスヒーリング 弘法大師空海は室戸岬の洞窟にこもり、アマテラスは天の岩戸という≪洞窟≫にこもりました。『古事記』を物理的に読み解くと、天の岩戸の場所、その物理的構造、奥行き八メートル、全長三十メートルだと推定できます。 ≪洞窟≫の奥には、米などの食料の貯蔵庫があったに違いありません。スサノオという存在から心の傷を受けたアマテラスは、 自らを癒すため≪洞窟≫にこもりました。ただ≪洞窟≫にこもったのはこれが初めてではないでしょう。アマテラスにとって≪洞窟≫という場

スキ
3
魂のダンス〜満ちることのない月

魂のダンス〜満ちることのない月

希望の窓私、霊界に行って希望の窓というところに連れて行かれたことがあるの。 その窓は、本当に小さな窓なんだけど、手のひらで押したら、そこから自分がなりたい自分が映って見えるの。 そう、紙芝居よりも、もっと生き生きしてる。 それで私、その希望の窓から、ずーっと眺めていたわけ。 そうしたらね、突然私の着ている衣装が変わったの。 私は、どちらかというとキラキラ輝くラメが入ったような、薄い刺繍が入った白い絹のような服が好きで、それがヒラヒラ揺れているのを見て、希望の窓って本当

スキ
8
卑弥呼伝第十八章

卑弥呼伝第十八章

【新しき世のはじまり】 *1425 文字 「これ、ここへトヨを呼ぶがよいぞ」 「はは」 「おお、トヨよ、今宵は大切な話があってな。この卑弥呼も年老いたと思う」

スキ
3
有料
300
人は進化の果てに神を知る

人は進化の果てに神を知る

コロナウイルスと戦没者の霊僕は小さな頃から人のオーラがわかるのですが、もちろんコロナについてもオーラがあります。 ウイルス生命体というのは、どちらかというと、少し黒と金色が混じったような色のオーラです。 先日、陽性者の方の話をお伺いしたときに見えたのは、戦没者の霊でした。 戦争で亡くなった方々を弔う気持ちというのは、とても大事なことです。 でも自分だけの力でなんとか供養しようとしてもはっきり言って無理です。

スキ
12
有料
2,000
反復する歴史【スサノオを演じた織田信長】全編

反復する歴史【スサノオを演じた織田信長】全編

僕が昔から歴史物語が大好きなのは、フィクションではなくノンフィクションだから。そこには生きた人間の真実がある。例えば戦国武将の物語があって、そこにはあらゆる人間関係のヒントが散りばめられている。歴史の上で何が起きたかよりも、人間の心理描写に目を向けると自分と共通するものがあって、そこに現実の問題を解決する糸口やきっかけを見つけることができるのです。 Dr.Shu

スキ
8
有料
1,000
アメノウズメのものがたり

アメノウズメのものがたり

海女のウズメと申します

スキ
5
有料
1,000
スサナル王神示

スサナル王神示

スサノオ命     風の神     道開きの神ぞかし 

スキ
3
有料
500
国常立尊

国常立尊

汝の右腕となる人物を授けるぞ

スキ
3
有料
1,000